子供を持ってから始まるママ友との付き合い。プライベートで普段から仲良くしている友達とは一味も二味も違います。

子供の成長と共に保育園(幼稚園)から小学校、中学校や部活等でその付き合いはどんどん広がっていきますよね。

出会う人みんなと気が合えば一番良いのですが、色んな人がいるので、中には「この人は苦手だな」と感じることもあるかもしれません。そんなママ友との付き合い方や、どう対処していけば良いのかをいくつかあげてみようと思います。

1.直感(第一印象)も大切に。

人は見た目じゃない・・・。でも、自分の直感的なものもあると思うのです。やはり第一印象は大事ですよね。

表情がムスッとしてる人には話かけづらいですし、自分もそんな表情をしていると周りの人には良い印象を与えないので気を付けたいものです。

そんな表情だったりで良い印象を持てなかった人と関わることがあっても深くなる必要はないので、直感で苦手だなと感じた人とは距離を保ってお付き合いしていく方が無難な感じがします。

2.一定の距離を保つ。

ママ友になって距離がグッと近づき仲を深める人もいるでしょう。しかし、その中でも苦手と思うママ友がいるのであれば、決して無理して深く付き合う必要はありません。

ある程度の距離を保ちつつ必要最低限なところだけ接するだけで良いのです。プライベートの友達とは違うので、ママ友はママ友として無理のない程度の付き合い方をするのが今後のためにもなりますよ。

最初に距離を縮めると後から「無理!」と思った時はなかなか距離をあけることが難しいので、最初から一定の距離を保つことを念頭に置いた方が良さそうです。

3.自分の意見ははっきり言う。

これも最初が肝心です。物事を頼まれた時に最初に快く引き受けてしまうと後から都合よく頼まれたりすることもあります。

「この人苦手だから一定の距離を取りたい」と思う相手からのお願いで無理することであれば、はっきりと断ることが大事です。

自分の意見をはっきり言うことで相手がどのように受け取るかは分かりませんが、マイナスに受け取ったのであれば、その時はその時!という気持ちで毅然とした態度でいましょう。

なかなかハッキリ言う事も難しい事ではあると思うのですが、自分の意見をハッキリ言える勇気を持ちましょうね。

4.別のママ友話をしない。

苦手と思っているママ友なので、心配はないのかもしれませんが・・・決して他のママ友の話をしないでください。「絶対に言わないで」と言っても他の人に話すこと間違いないでしょう。