デートの定番と言うと、やはり映画です。2時間くらい同じ場所にずっと座っていられますし、映画のジャンルによって彼との心の距離感をぐっと縮めることもできます。

しかし、そんな映画なのですが、映画館へと行く最中に彼は一体どんなことを考えているのでしょうか。ここでは、映画デートへと行く時の男性心理についてを5つ紹介していこうと思います。

1.手を繋げるかもしれない

映画デートへと向かっている最中男性の中には、手を繋げるかもしれない、という思いを持っている方もいます。

映画館は暗闇であり、ムードの良いシーンもあります。もちろん、明らかにおかしなシーンで手を繋いでくるのはアレですが、恋愛系の映画であれば、ムードに任せて手を握ることができる可能性もあります。

結果的に、暗闇になって好きな女性の手を握って、距離を縮めれるかもしれないということを考えています。

特に、自宅デートなどをまだしていない状態であったり、手を普段はあまり繋いでないなど、ちょっとした距離感のある二人だった場合は映画館でのデートは距離を縮める最高の場所です。

男性側から、やや恋愛系の映画を選択して見に行こうと誘われたとしたら、もしかしたら距離感を縮めたいと思っているかもしれませんね。

2.デートッぽい雰囲気を楽しんでいる

デートといっても、いつも近くのカフェであったり、ファストフード、居酒屋などが多いカップルもいるでしょう。

さらには、自宅ばかりで遊んでいるという、そういった場合もあります。なかなか、腰が重くてデートらしいデートができていない、というカップルや男女は案外多いのです。

また、まだそこまでの関係性では無いけれども、映画を見に行こうということで、二人で映画を見に行くことなるなど、定番のデートコースと言えば映画になりがちです。

普段、カップルらしい遊び方をしていないようなカップルの場合、やはりこういったたまのデートが映画だと、とてもテンションが上がってしまうものなのです。

男性にとってみても、映画館でチケットを購入したり、ポップコーンを購入したり、開園時間まで時間を潰したりと、明らかにデートっぽいこのシチュエーションを楽しんでいるに違いありません。

普段、落ち着いている男性でありながらも、やや興奮したような言動があったとしたら、きっと映画デートに関してかなりのテンションが上がっている、と考えられます。

こういったデートで楽しめる、ということであれば、これから先もいろいろとカップルっぽいデートを続けてもいいかもしれませんね。

3.映画が終わった後のことを考えている

映画が面白いか、つまらないか、彼氏が前からどうしても見たかったというものであれば、映画館を訪れる前に考えているのは、その二者一択しかありません。

RECOMMEND PR