付き合いが長くなっているカップルや結婚を考えている彼女との関係を一度客観的に見たいと考えたときなどに距離を置きたいと考える彼氏も多いのではないでしょう。

彼女と距離を置きたいと考えたとき急に距離を置きたいと言ってしまうのは彼女との仲を悪くしてしまう原因になります。

そうならないためにも彼女と距離を置きたいと考えたときには対策を取っておく必要があります。今回は彼女と距離を置きたい彼氏が行うべき対策についてご紹介していきます。

1.伝え方に気を付ける

彼氏と良い関係ができていると思っている彼女は距離を置きたいことを急に伝えてしまうと混乱してしまうおそれがあります。

そのため急に距離を置きたいというのではなく自分の考えを彼女に伝えてから距離を置くことについて伝えましょう。

また彼女によっては距離を置くことが別れることへのきっかけだと思っている方もいますので別れるつもりがない場合はその考えをしっかりと否定しておきましょう。何も言わずに距離を置くことを伝えてしまうとそのまま別れてしまうかもしれません。

2.距離を置く期間を考える

距離を置こうと考えたときにはいつまで距離を置くか考えておく必要があります。無期限で距離を置いてしまうのはよくありません。

そのまま自然消滅で別れてしまうことになる恐れがあるのでお互いが同意できる期間を決めておきましょう。

期間を決めるときに重要なのがあまり長期間距離を置かないことです。距離を置く期間が長ければ長いほど彼女への気持ちが離れていってしまい結果的に別れる原因を作ってしまうことになります。

そうならないためにもお互いが長いと感じない期間を決めて自分の考えを整理できる時間を作りましょう。

3.自分の気持ちを伝える

距離を置こうと思った心境を彼女へしっかりと伝えることも重要です。自分が彼女とどのような理由から距離を置こうと思っているかを確認しましょう。

彼女が納得できるように話すことで距離を置いてもまた元の関係に戻ることができる可能性を上げることができます。

とくに彼女との未来を考えている彼氏は自分の気持ちを伝えないまま距離を置いてしまうと彼女との仲が悪くなってしまう原因になります。

彼女と一緒にいたいと思っている彼氏は自分の気持ちを伝えお互いに納得のいく時間を過ごせるようにしましょう。