誰もが羨む目鼻立ちのハッキリした美人、おまけにボン、キュッ、ボンの完璧なスタイル。高学歴でバイリンガルのバリバリキャリアウーマン。いい女感満載です。

自分でもいい女を自負しているため、恋愛相手にも結婚相手にも最高クラスの男を望み、自分の理想を下げるなんて考えてもいません。

その結果、ずっとお独り様。それでも自分は素晴らしい、完璧だと思っています。このような女性をなんというかご存じでしょうか?

そうです、「痛い女」です。これほど「痛い女」という言葉が当てはまる女性はいません。

美人、スタイル、学歴、キャリア。言葉だけ聞くと最高クラスに思える女性が、実は「痛い女」の理由をご紹介します。

1.自分のスペックにすがっている!

子どもの頃から「美人さんね」「可愛いお嬢さんね」と言われ続け、自分のなかに「私は美人」という単語がインプットされています。

おまけに形のよいバスト、くびれたウエスト、程よい肉付きのヒップ。生まれ持ったスタイルの良さ。容姿端麗なのです。

そこに高学歴でバリバリ仕事もこなす能力もプラス。これほど最強の女はいない、と自分で思い込み、そのスペックだけに酔いしれて生きてきました。

スペックを磨くことはできても、女性にとって本当に大事な内面を磨くことをしてこなかったため、優しさ、謙虚さ、包容力といったものを持ち合わせていないのです。

人間にとって大事なのは内面。内面が美しい女性がモテる、ということが理解できず、スペックだけにすがって生きている姿は「痛い女」としかいいようがありません。

2.恋愛経験が豊富ではなく、都合のいい女経験が豊富なだけ

つねに自分が優位に立っていなければ気が済まない、男は自分の意のままにうごくもの。そんな気持ちで男性と付き合ってきたので、本当の恋愛を知りません。

このような女性の気持ちに男性は敏感。気持ちに気が付いた途端、恋愛ではなく、都合のいい女扱いに切り替わってしまうのです。

しかし、本人は全く気が付かず、それが恋愛だと勘違いしています。相手を愛し、相手から愛されることがどういうことなのかわからないまま、都合のいい女経験だけが増えてしまいました。

それを「私は恋愛経験が豊富」「男の扱いっていうのは…….」と話はじめてしまう「痛い女」。周りの人は「恋愛できない悲しい女」としか見ていないことがわからないのです。

泣いたり、傷つくこともあるのが恋愛。それを経験していくと、人としても成長するもの。その経験がないため、どこかで成長がとまってしまっています。