ダメ男と呼ばれる人たちがついつい口にしてしまう言葉があります。むしろそういった言葉をよく使うからこそダメ男であるということができるかもしれません。

ここではダメ男の口癖をまとめています。自分の彼氏がよくその言葉を使っていないかチェックしながら読んでみるとおもしろいでしょう。

ダメ男の性格を反映した口癖には、一体どのようなものがあるのでしょうか。それでは1つずつ見ていきましょう。

1.でも

ダメ男は言い訳がとにかく多いです。他人に責められたときに、なんとか言い逃れをしようとします。相手から言われたことを否定するようなことを言おうとします。

ダメ男は、「でも」と言って自分が悪くないことを必死にアピールします。「でも」こういう理由がある、「でも」自分は悪くないなどと言って自分に非がないと言い張ろうとします。

普段から、でもでもと言っている男性は、ダメ男に違いありません。

2.俺は悪くない

何かトラブルがあったときにダメ男が言う口癖です。俺は悪くない、あいつが悪いというような言い方をよくします。

自分に責任があることを決して認めないんですね。他に悪者にできそうな人がいたら、その人に責任をなすりつけて自分は悪くないことをアピールしてきます。

恋人と喧嘩をしても、お前が悪い、俺は悪くないという言い方ばかりします。

ダメ男にこういう言い方をされた女性は、自分が悪かったのかなという気持ちになって、ダメ男の言いなりになっているということがよくあります。

自分のことをとことん棚にあげる特徴をよく表している口癖であると言えます。

3.まあ、まあ

まあ、まあ、落ち着けよ。というような使い方をします。相手をなだめることで険悪なムードを収めようとする言葉です。

相手に責められることが多いダメ男は、このような世渡りに必要な言葉をよく使います。

うまくなだめて怒るようなことじゃないでしょ?冷静になろう?と暗に伝えています。まるで怒っている方が悪いかのような空気を出すことで、うまく責任逃れをしているのです。