年下の彼女ができたのに、なぜかうまくいかないと感じる彼氏。うまくいかないのは、彼氏が原因なこともあります。

年下の彼女が原因になっていることもあります。年下だからといって、甘やかしすぎたり、彼氏の趣味を押し付けていたりと、原因はさまざまです。

そんなうまくいかない原因がある年下彼女と、上手くやっていくために、彼氏はどんな対策をすることができるのでしょうか?

今回は年下彼女とうまくいくために彼氏が出来る対策をご紹介します。

1.歳を強調しない

年下の彼女とデートや遊びに行ったとき、年上の彼氏が疲れてしまうことがあります。

歳の差が大きいほど、起きやすいものですが、それをすぐ歳のせいにしてしまうと、彼女はおじさんを相手にしている気分になってしまい、テンションが落ちてしまいます。

そうならないためにも、デートなどで疲れたときは、キリの良いところで落ち着ける場所で休憩する提案をしましょう。

また、デートなどの予定を組むときに、休憩できる時間を作ってみると、スムーズに休憩することができます。

2.子供扱いしない

年上の彼氏から見ると、どうしても年下の彼女は、若く見えてしまうことがあります。そのため、彼女を子供扱いしてしまう彼氏も少なくありません。

しかし、年下と言っても、女性に変わりはなく、彼氏と同等だと思っている彼女だと、子供扱いされたことに怒ってしまう人もいます。

それを避けるためにも、1人の女性として扱うようにしましょう。彼氏によっては、妹のような扱いをする人もいますが、その扱いを嫌う女性もいますので、極力避けた方がいいでしょう。

3.自分の範囲で遊ばない

歳の差カップルは、年上がデート場所や遊ぶ場所を決めることが多くなります。とくに男性が年上の場合は、自分が行きなれた場所に行きたがる傾向があります。

そのため、自分の範囲内で遊びたがり、デートがいつも同じような内容になってしまいがちです。

年下の彼女は、最初は自分の知らないことができるので、喜ぶことがほとんどですが、同じようなデートプランは、飽きてきてしまうおそれがあります。