復縁は恋愛の中でも難易度の高い恋愛方式ですから、実際に成功できる人はごく少数です。

それならあきらめた方がいいのでは?と感じるでしょうが、復縁できる人・できない人には明確な違いがあり、復縁に近づける方法を実践しているかどうかで、復縁の可能性は大きく違ってきます。

復縁なんか本当にできるの?と疑う前に、どんな方法なら復縁に近づけるのか、正しい方法を知った上で復縁を目指しましょう。

1.別れた理由を理解し改善できる

別れた元彼と復縁すると決めた人の多くが、別れた理由を改善せず復縁に失敗しています。

強い恋愛感情を伝えれば、もしかしたら元通りの関係にもどれるかも?とわずかな望みに願いを込め、元彼に想いを伝えようとしますが、別れた理由を改善しないまま復縁を迫っても、上手く行くはずありません。

別れた理由を客観的にとらえ、どうすれば別れた理由を改善できるのか、自己反省を交えつつ改善する素直さも必要です。

自分の感情をコントロールする

復縁できる人は、自分の感情をコントロールできる人です。

一方、復縁できない人は、別れた元彼から忘れられる恐怖心や独占欲から、元彼と何とかして連絡を取ろうとします。

  • 元彼のSNSを数時間おきにチェック
  • 別れた後も元彼に会おうとする
  • 何かにつけてLINE(メール)で連絡する
  • もう彼女がいるの?と聞いてしまう

など、別れた後も付き合っている時のような行動を取ったり、半ばストーカーのような言動を取ってしまいます。

別れた不安や焦りから、完全に間違った方向に気持ちが空回りしますが、当の本人は自分の言動が元彼の嫌悪感をより大きくすることに気付けません。

復縁するには、自分の感情をコントロールできるよう、自分の感情の動きを客観的に見ることが必要不可欠。

自分が独りよがりで空回りな言動を取っていないかどうか、元彼に依存せず、自己中心的な考えで動かないよう、衝動的に動こうとする前に、まずは考えるクセを付けましょう。

2.復縁に期待しすぎない

復縁したい気持ちは痛いほど分かりますが、復縁に対し過剰に期待しすぎると、逆によくありません。