他に相性の良い相手と出会っても眼中に入らなかったりと、一人だけを想い続ける長い片思いは、自分の可能性をせばめてしまう原因にもなってしまいます。

片思いに決着を付けるには「両想い」になるのが一番ですが、そう簡単に叶わないのが片思いの難しさです。

少しでも片思いの成功率を上げる為にも、心理学は片思いの成就に必要不可欠なものですから、心理学を上手く活用し、片思いを成就させる方法を紹介していきます。

1.パーソナルスペースを近づけよう

人には「パーソナルスペース」という、一種の心理的縄張りがあります。

男性のパーソナルスペースは女性よりも広く、男性は楕円型、女性は円形の領域を持っていると言われています。

男性は前に立ちふさがれると強い嫌悪感を示したりと、近づく距離によって受ける心理も変わってきます。

一般的には、親しいほど自分のパーソナルスペースに入られても平気になります。

逆に苦手・嫌いな人が自分のパーソナルスペースに入ってくると、防衛本能が働きより嫌悪感が増してしまうので、不用意な接近は大変危険です。

普段から明るく前向き、ポジティヴ思考な人ならパーソナルスペースは狭く、内向的で後ろ向き、ネガティブ思考の人はパーソナルスペースが広いので、心を許した相手でないとそばに寄せつけようとしない傾向があります。

パーソナルスペースを広げよう

本気で好きになった人と少しでも近づきたいと感じると、つい焦りが出て急接近しようとするものです。

急激な接近は片思い相手を怖がらせますから、相手の性格もよく考え行動しないといけません。

片思いの相手のタイプをよく見定めてから、アプローチを重ねていけば、復縁にもかなり役立ちますよ。

2.「単純接近効果」で親密さを高める

単純接触効果(接近効果)とは、最初は何とも思っていなかった相手でも、何度も会い顔を合わせることで顔見知りになり、親近感が湧きやすくなる効果のこと。

最初は顔見知り、何度か会ううちに話をするようになり、少しすづ関係を深めることで、親密な関係になっていけます。