大好きな彼氏がいるけど、なかなか結婚に踏み切れない…そんな悩みをかかえている女性はたくさんいるのではないでしょうか。

  • もっといい相手が現れるかも
  • お金は大丈夫かな
  • 彼の両親とうまく付き合えるかな
  • 私の結婚相手は本当に彼でいいのかな?
  • 後悔しないかな?

などさまざまな思いや理由があると思います。そんなあなたに、結婚に踏み切れない良くある悩みと、その解決方法を紹介します。この機会に、1つ1つ自分自身に問いかけてみて下さいね。

1.他にもっと良い相手がいるのではと考えている

結婚に踏み切れない

男性は今の彼だけじゃない、自分にはもっとふさわしい相手がいるのではないかと考えていて結婚に踏み切れない場合は

  • 自分は彼の事が好きか
  • 彼の好きなところ
  • 彼氏に愛されているか
  • 結婚生活に望む事
  • 結婚相手に求める事

を書き出してみて下さい。書き出す事は、相手をしっかりと見極めて判断するのにとても有効な方法です。

自分の状況や考えをハッキリさせよう

それぞれを書き出した後に、結婚相手に求める条件が彼の好きなところと合致したり、それに近い項目が複数あれば、今の彼と結婚してうまくいく可能性が高いといえます。

合致しないとか正反対の項目が多数見つかった場合は、今の彼は結婚相手にはふさわしくないかもしれません。この方法は今の自分の状況を把握するのにも、とても役立つ方法です。

2.彼の短所が目についてしまう

短所というのはすぐに改善できるものではありません。指摘した直後は直っても、時間が経てば元に戻る事もあります。

お互いの短所をある程度認める事が出来なければ、一緒に暮らすのは難しいかもしれません。認める事ができない場合は、毎日喧嘩になってお互いにストレスがたまってしまいますよね。

短所は必ずある許せるか考えよう

また彼の短所を指摘しすぎると、彼が自分の殻に閉じこもってしまってギクシャクした関係になる事も。

彼の良いところより悪いところが目についてしまう場合は、要注意です。どうしても許せない彼の短所が多い場合は、結婚を踏みとどまる事も1つの選択肢でしょう。

3.経済的に自信がない

結婚後はもちろんですが、結婚するまでにもたくさんのお金がかかります。

  • 結納金
  • 結婚式費用
  • 新婚旅行費用
  • 引越し費用

結婚までにかかるお金を割り出してみると、現在の貯蓄や収入で大丈夫かなと心配になるものです。さらに彼の貯蓄や収入にも不安があると、将来の妊娠や出産などのライフイベントについても更なる不安が襲います。

  • 出産
  • 育児
  • 学費
  • 病気
  • 生活

結婚後には望んでいる結婚生活にもよりますが大きく経済的にお金が必要となります。お金の事ばかり考えるのもよくは無いですが気になる事はちゃんと考えておきましょう

結婚はお金ではないけど確認は必要

貯金ゼロでプロポーズ結婚しよう!貯金ゼロでプロポーズする彼氏の心理8つ

こうした経済的な不安から結婚に踏み切れない場合は、「結婚に向けて○○万円貯めよう」と彼と話し合う事をおすすめします。

必要な資金はカップルによって変わってきますが、「どちらがいくら負担するのか」という事もきちんと決めておく事がポイント。

しっかりと決めておく事で、トラブルや無駄使いを防ぐ事ができます。お互いが納得する貯金額が準備できたら、結婚もスムーズにすすんでいくはずです。

4.まだ相手の知らないところがある

結婚後に彼の借金が発覚したとか、付き合っている時は優しかったのに結婚してから人が変わって冷たくなったなど結婚後に相手の知らない面を見て悩まされるという事もあります。

恋人なら簡単に別れられても、結婚すると関係の解消はそんなに簡単にはいきません。自分が不幸になってしまう相手とは当然結婚したくありませんよね。

このように相手の事をよく知らないまま結婚をするのはリスクがあるので、結婚に踏み切れない人も多いと思います。

知らない部分はちゃんと確かめよう

そういった不安を解消するのには、時間が必要なのです。どれだけの時間をかければ相手を深く知る事ができるかに正解はありませんが、あなたが納得するまでです。

人によってかかる時間は違いますが、半年、1~2年くらい、じっくりと付き合って見極めるのも1つの方法です。

しかし、見極めた結果、今の彼が結婚相手にふさわしくないという場合、時間の損失になってしまうので、あらかじめ期間を設定しておく事をおすすめします。

5.彼に何かあった時、自分が支えられるか不安

甲斐性なしの夫甲斐性なしの夫のタイプ別の支え方4つ

もし彼が病気や事故で体が不自由になった時を想像すると、自分が支えられるか不安、結婚は本当に責任が重いものだと考える人いるでしょう。

短期間なら大丈夫と思えるかもしれませんが、長期間は体力も根気も必要です。本当に心から愛していないと、看病はとても苦痛に感じてしまうものです。

結婚は支える事も必要になる

彼が働けなくなった時、あなた1人の収入で家計を支えられますか?生活レベルが下がってしまう事に耐えられますか?自分自身にしっかりと聞いてみて下さい。

彼を愛しているけど、もしもの時が不安な時は、共働きや、また若いうちから保険に加入する事をおすすめします。きっちりと日頃から準備をしておく事で、いざという時に生活にうける打撃が少なくなりますよ。

6.彼の親とうまくやっていけるか

結婚後、嫁姑問題でストレスがたまって大変だという話を聞きますよね。結婚前に彼の両親に気に入られたいと気合いを入れて自分を良く見せようと背伸びをして既に疲れてしまっているという方もいると思います。

結婚前から彼の母親と意見が合わずにギクシャクしてしまって、うまくやっていけるか不安になって結婚に踏み切れない場合もあります。そんな不安を解消するには、彼にしっかりと相談して下さい。

彼の両親の状況や関係も非常に大事

彼がしっかりとした気遣いのできる人なら、あなたの味方をしてくれて両者がうまくいくように取り計らってくれるはです。

また彼の親は所詮は他人であるので、自然と心が通えるようになるのは時間が必要です。ゆっくりと時間をかけて仲良くなればいいんだ、とあまりプレッシャーを感じなくてもよいでしょう。

7.価値観が合ってない

結論から言うと、あまりにも価値観が違うと一緒に生活するのは難しいでしょう。お互いの価値観が違えば、視野が広がるというメリットもありますが、あまりにもかけ離れていると大きなストレスになりあす。

実際に価値観の違いが原因で離婚しているカップルもたくさんいます。なので価値観が合っていないけど大丈夫かなと思った時は、1つ1つ一緒に生活していく上で問題がないかを自分自身に尋ねてみて下さい。

結婚は価値観が非常に大事

https://blair.jp/wp-content/uploads/2016/01/160130-katikan-tigai-kekkon-1.jpg結婚して気付く夫との価値観の違い7つ

付き合っている時から、お金の使い方、仕事に対する考え、生活スタイルなど、じっくりとチェックをしておく必要があります。同棲して一緒に生活できるかどうかを判断するのも良いでしょう。

なるべく似た価値観の人との結婚の方が言い争いも少なく、ストレスもなく生活できますよ。

8.家庭と仕事の両立が不安

独身の時は、仕事をして、帰宅しても家事も自分の事だけをすれば良かったのですが、結婚したら仕事はもちろん、2人分の家事をきっちりとこなさないといけません。そう思うと、家庭と仕事の両立が自分は出来るのか・・・と不安になりますよね。

結婚前に決める事は決める

ですが、結婚は共同生活なので、家事はあなたが全てしなくてはいけないなんていうルールはありません。結婚前に彼に相談して、家事は分担制にするなど協力体制を約束してもらいましょう。

9.彼を信じているかどうか

結婚の重要な決め手は、どんな時も彼を信じられるかどうかです。もちろん不安になる時もあると思いますが、彼を信じてあげないと、あなたも彼から信じてもらえません。信頼は日々の行動や努力の積み重ねです。

これまでの彼の行動は信用できるものでしたか?またあなたも今まで彼に誠実に接してきましたか?もしすぐに頷けない場合は、もっと時間をかけて信頼関係を築く事が必要です。

10.決断できない場合は別れも

プロポーズをされて考えている、プロポーズ前でも結婚に踏み切れないと感じてしまう場合は早めに別れる事も考慮に入れる必要があります。

  • 他にいい人がいるかも
  • 趣味がもっと合う人がいい
  • 経済力が心配
  • 彼氏が怒る事が怖い
  • 一緒にいて楽しくない事がよくある

踏み切れない理由は色々ですが早めに決断し結婚をしないなら別れる!と決める事も大事です。ダラダラとお互いに時間の浪費をしてしまうのが一番、無駄になります。

彼氏との結婚に踏み切れない まとめ

結婚は人生の最も大切な選択肢の1つであるとも言われています。だからこそ妥協せず、後悔のない結婚をしたいから慎重になってしまいますよね。

しかし、自分だけで考えていてもなかなかスッキリと解決しません。そんな時は、今回紹介した不安と対処法で当てはまるものがあれば、是非試してみて下さい。

人生の中で結婚、結婚生活、出産、子育ては大きなイベントです。悩んでいる事があれば彼にも悩みや考えている事をちゃんと話しをして二人で進んでいきましょう。

そして、急がず慌てず、じっくりと考えていきましょう。大好きな彼と素敵な結婚ができる事を祈っています。