意地悪をしてしまいがちな子ども、自分が子どものころにも周りにいませんでしたか?子どもが未就学児の場合、まだ意地悪と認識しないでしてしまうことも多いですが、やられた方は意地悪と感じますよね。

年齢が上がると少なくなりますが、わざと意地悪をするようになる場合もあるのでなくなるわけではありません。

その傾向と対策をご紹介します。

園児のトラブルは見守って

おもちゃや遊具の取り合い、大好きな先生の取り合い、未就学児は小さなことでトラブルになりがち。

幼稚園や保育園に行っているときは先生がとりなしてくれるけれど、家族で公園などに行ってトラブルになると、叱り方や注意の仕方にかなり配慮しなければならないことも多いと思います。

いきなり割って入らないのが大事

ママ友の関係性にもよると思いますが、ママ友の子どもを軽く注意したり、できないときは自分の子どもに諦めさるほうが簡単ですね。

幼稚園や保育園の先生のように、トラブルを見守り解決に導くことが、子どもの成長に繋がりますので、いきなり割って入らず様子を見ることをおすすめします。ママ友の反応も見られますし、やってみてください。

ママはいい人なんだけど

ママ友はとっても優しいいい人、だけど子どもは意地悪をしてくる。子ども同士のことは、大人から見たら「小さいうちはよくあるよね」と思うことも多いです。

親が手を出したら悪化することもあります。自分からどんどん行く積極的な子と、なかなか話しかけられない子だと、積極的な子が意地悪をしていると見えてしまうことも。

園に上手に任せるのも大事

園のトラブルの場合、ママ友に直接言うのは得策ではありませんので、まずは先生に相談しましょう。

担任の先生で解決しないときは遠慮せず園長先生に相談しましょう。子どもには子どもの社会があります。園におませして、上手に解決してもらいましょう。

第三者のママ友に相談してみて

園などの関係ではなく、直接遊ぶような関係だど、意地悪をされても「クレームのようになるのでは?」と言いにくいものですよね。

そんなとき助けになってくれるのは第三者のママ友です!当事者同士だと、その後の付き合いがぎくしゃくしてしまうかもしれません。第三者のママに子どもたちの仲裁に入ってもらえると、子どももすんなり受け入れてくれることもあります。