人間だれしもが、自分自身は人付き合いが上手くないと思っているものです。しかし、そんな中にも自信たっぷりでいるものの、実際相手の方にはコミュニケーションがうまくないと思われている空回り系の人もいます。

または、自分は人付き合いが下手なことを熟知し、いろんな会へ積極的に参加し努力をしている人もいます。ここでは、人間関係が下手な人の特徴に、迫り今後の人間関係の構築に役立てるように細部まで見ていきましょう。

基本となる身だしなみ

人間関係が下手な人は、まず見た目が悪いことが確かです。第一印象は非常に大事です。人とコミュニケーションをとるとき、口が先ではなく目で相手の印象を脳で判断しそれから口がはたらくという仕組みになっています。

最初の見た目の判断次第で会話の内容や声のトーン、今後の人間関係の動向に大きく関わってくるものなのです。

人付き合いが下手だと思っている人は、まず自分の見た目を変えることから始めてみましょう。それも特別なことは必要ありません。外に出て問題ない必要最低限で大丈夫です。

余裕がない

これは、消極的にも積極的の場合にもいえる余裕のことです。消極的に余裕がないというのは、言葉でもすぐ分かるように常に何かにビクビクして挙動不審な態度でいることです。

反対に積極的に余裕がないというのは、自己主張が多すぎて相手のことを何も考えない発言や行動をとることです。このタイプは、人付き合いが上手いと自分で思い込んでいる言わゆる「勘違い系」であることが多いです。

確かにこのタイプで人を引き寄せることが上手い人もいます。しかし、どんなに引き寄せが上手くても結局周りは離れて行くことになるのです。

返事が単調である

どんな話の内容に対しても、理由や経緯といった意見を言うことができず本当に一言だけの単調な返事しかできない人は人間関係の構築が下手な人のパターンです。

これは、話しづらいと思われるのです。本人は、その続きを展開しようと必死になって会話を続かせようとしても結局言葉に詰まり何を行ったらいいか分からず話すタイミングを逃してしまうという人も多いです。

本当に初めから何も話すつもりもなく聞かれたことを答えるだけで良いと思っている人もいます。前者は、まだ回数と意思次第で矯正をすることは可能ですが、後者は矯正もできることはないしこの先に良い人間関係を構築することは不可能と言っても良いでしょう。

空回りする

これが、人付き合いが下手な人の一番の大きな特徴と言ってもいいでしょう。空回りする大きな理由は、相手に気遣いをしすぎるからです。相手を思うばかりに深読みをし過ぎてしまい、結局やったことが全てすべってしまい台無しになってしまうのです。

それは、やはり自分が良い人だと思われたい、高く評価されたいという考えが芯にあるからです。常に相手にどう思われているかばかりを考えているから、考えなくていいことまで考えてしまい、しなくていいことまでしてしまうのです。

自分に自信がない

結局はここに人付き合いの下手な本質があります。常に周囲の目が気になって仕方がないので、人前で堂々と振る舞うことができず相手にされにくくなるのです。