友達以上恋人未満という関係は非常にあいまいです。友達よりは仲は良いけど、なかなか恋人に進展することはなく長い時間が経つというパターンです。

心理学的に男女の友情は成立することはないとされていますが、それでも成立すると思っている女性の割合は高いのです。それにも関わらず、なぜこんなあいまいな関係を続けることができるのか。その理由に迫っていきましょう。

1.楽である

友達以上恋人未満の関係を持っている女性の意見で、もっとも多かった理由が楽であるということでした。付き合おうと男性から言われないということは、彼女未満であるという何よりの証拠。

メリットもある

そして付き合うことで出来てしまう様々なしがらみが多くなり、連絡や会う頻度が面倒で束縛や暗黙のルールがない分楽な付き合いが出来ます。ということは、恋愛の楽しいところだけを良いところ取り出来るというメリットがあります。

2.過程を楽しむ

女性のなかには、友達以上恋人未満というあいまいな関係が楽しいと言う人もいます。このあいまいな関係でいることで、自分のことを好きかどうかあるいはいつ本気で好きになってくれるかを考えることが楽しいそうです。

寂しい時だけ遊ぶ

それは、恋人に発展するまでが楽しいということです。こういった考えを持つ女性は、付き合うことをゴールに設定してあくまでも恋愛の魅力は家庭にあるというブレないものがあります。

もう少し特殊な考えの女性には、それとなく下心を刺激して自分を好きにさせていくことが楽しくて、相手がタイプの人ならそのまま付き合うしそうではない場合寂しい時だけ遊んでもらうという女性もいます。

ハッキリさせることへの恐怖

これもトップクラスに多い理由です。このタイミングで関係をハッキリさせることで、もし別れることになったら…という不安がよぎります。

恋は盲目という言葉があるように、どんな関係であっても相手の男性と離れることが凄く怖いという気持ちになるのでしょう。

友達以上恋人未満になるサイン

実際、女性は自ら望んで友達以上恋人未満の関係を持とうとします。そして、それにはサインがあります。まずは、やはりシンプルに好意を抱いている場合です。

友達ではあるけど、友達よりも深く親しい特別な存在で自分はこの男性を好きなのかもしれないと思い始めた時がまさにそのサインの一つです。

相手がその気にならない

長年一緒にいた仲であれば、この関係が恋人なのか友人なのかハッキリしないまま時間だけが過ぎていきます。