仕事での愚痴は誰にだってあるものですが、自分の彼氏がデート中に職場の人の愚痴や仕事の愚痴ばかり吐いてくると本当に疲れますし

  • なんだか情けない
  • うんざり
  • 私は彼のお母さんじゃないのに!

と女性はつまらなくなってきます。彼氏には凛として、仕事の愚痴なんて言わない人であってほしいと女性は願うもの。彼女に対して愚痴りまくる男性の心理っていったい何…?愚痴の多い男性の心理とその対策を探ります。

自分は悪くないんだ!結局言いたいのはそれだけ

愚痴る男性は、結局のところそれだけなのです。

  • あなたの言い分が正しい
  • その相手が間違っている

と誰かに認めてもらいたいのです。今、彼は自分に対して自信を失っています。それを否定されたいがために、一番優しい言葉をかけてくれそうな、恋人であるあなたに求めてしまいます。

基本的に男性は女性の前でカッコつけたいもの。そして女性の愚痴より男性の愚痴のほうがずっと少ないのが一般的。自分に自信があり、そして他人からも認められている。そんな男性であれば、カッコ悪くて彼女に愚痴なんて言わない筈なのです。

愚痴る男性はお説教嫌い

会社ではそれなりにプライドを持ってカッコつけている彼。本来なら同僚たちで語り合うのが男の職場での愚痴ですが、そのプライドゆえに、愚痴る相手がいないのかも。

または、愚痴ると逆に説教されたりして。それも、彼の自信喪失へとつながり、愚痴を増長させている可能性も大いにあります。

ちゃんと本人の為を思って発したお説教であっても、聞き入れないタイプの男性が、優しい彼女である恋人へ、愚痴を発散させる傾向が窺えます。

あなたがうんと聞き上手な女性であるかも

普段の会話でも、彼とあなたでは、あなたのほうが聞き役となることが多いと感じていませんか?長い話を聞くのは苦痛じゃない、誰からも悩み相談をよく持ちかけられるというあなたは、話しやすい、聞き上手な性格なのです。

そんなあなたは、彼の愚痴も根気よく聞いてあげているはず。最初の頃は

  • あなたなら大丈夫よ
  • ほんと、酷いわね!その先輩

など、彼の言ってほしい言葉をそのまま言ってあげていませんでしたか?ですが、毎回のデートがこれだと、いくら聞き上手なあなたもウンザリしてきますよね。