最近、「もう結婚しないで生涯一人で生きていく!」と決意した女性が増えているそうです。それなりに多くの恋愛もした、婚活もした、良い相手がいなかったわけじゃないけど、「やっぱり私は一人がいい」と決めた女性の心理。

彼女らは、どういった道のりでそう決意するに至ったのでしょうか?彼氏はいらないと決めた女性の本音と深層心理をご紹介します。

1人のほうが気楽、1人で十分生きていける!

何人かとの交際を経て、男性と一緒に生涯生きていく…ということがイメージできなくなることが女性にはあるのです。

出産適齢期を過ぎ、子どもが欲しいという願望もいつしかキレイに消え去り、自分で自分のマンションを買った、仕事も順調、というアラフォー女性に多い現象です。

恋人がいると、何かと気を遣う、自分の時間が恋人によって削られていく、不愉快なことや面倒なことに巻き込まれるのはもうたくさん。

恋愛の良いところよりも、嫌な面だけが心に残るようになったとき、女性は彼氏なしで一人で生きていくことを決断します。同じように考えている女友達が多いので「老後は皆で楽しく暮らそう!」と今からプランを練っているという女性も。

婚活を繰り返して疲れた女性

30代から始めた婚活。当時は、少しでも良い条件の人と結婚したいと必死になっていたけれど…。結局、良いご縁に恵まれなかった女性。

そもそも婚活は、男性のあらさがしのような側面も。そして断られるたび傷つき、またチャレンジして、また傷つき…。こんなことを何度も繰り返していると「婚活疲れ」に陥ってしまいます。

そして一緒に婚活をしていた友人が見事成婚しても、そのお相手のことが「あんな人と生涯過ごすなんて理解できない…!」なんて場合もあります。

いったん婚活は休止!と思っていたつもりが、婚活をやめるととたんにイキイキと人生が楽しくなり「なーんだ、結婚なんてしなくたっていいじゃん」と、彼氏のいらない女性へと変化してしまうのです。

過去の恋愛に深いトラウマを抱えている女性

過去に忘れられない人がいる。彼以上の男性となんて、もう一生出会えない。そんな彼女にとって新しく出会う男性は、全て過去の彼との比較をしてしまいます。

過去の彼への未練が強すぎて、誰ともつきあう気になれません。「これ以上出会いを求めても、今の私には無理」と、彼氏を作ることをやめてしまいます。

また逆の意味で、過去に交際していた彼にさんざんな目に遭わされて、同じく出会う人皆が恐ろしく、恋愛恐怖症に近い状態になって彼氏ができないというケースもあります。

ここまで過去に囚われている人は、その過去を払拭するのはなかなか困難なもの。1人で生きている女性が少なくない現代。「私も一人でなんとかなる」と思ってしまいます。