結婚をしてから家事の分担をしている夫婦の割合は全体的にまだまだ低いと言われていますが、育児の分担はどうなのでしょうか?

大好きな人との間に産まれた愛しいわが子・・・ですが育児は可愛いだけではなく大変な事がいっぱいありますよね。

家事や育児の分担は必要

だからこそ、夫婦で育児をしていきたいのですが、仕事が忙しい等を理由に育児に参加できていない旦那さんもまだまだ多いと思います。

そこで、仕事云々は置いといて、夫婦の子育てで旦那さんと子育ての分担をした方が良い事、する事をいくつかあげてみようと思います。

1.子供のお風呂

家事育児分担

夫婦共に仕事をしていると、帰ってからやらなきゃいけない事が山積みにありますよね!!これは旦那とも家事の分担をしないと毎日出来ません。

  • 仕事帰りの買い物だったり
  • 子供のお迎えだったり
  • 夕飯の準備だったり
  • お風呂の準備だったり

まだまだしなきゃいけないことがありますよね。そんな時に子供をお風呂に入れてくれるだけでも助かりますね。お風呂に入っている間に夕飯の準備も出来ます。

洗濯物を片づけたりすることもできます。夜の貴重な時間を作り出すために、子供のお風呂については旦那さんの基本的な分担作用にしてほしいですね。

2.子供と外で遊ぶ

普段から仕事が忙しくても、休みの日くらいは子供を外に連れ出して遊んでほしいですよね。子供はどんなに動いても体力が想像以上に凄い!

日頃から密に接している母親は疲労困憊なので、平日から少しの時間しか接することができない旦那には休みの日はとことん子供の相手をして遊びに連れ出してほしいです。

遊びに連れてくのが旦那の分担で連れ出している間に母親は家のことや自分の事を少しでもすることが出来てストレスも同時に発散できたら最高ですね。

3.保育園や習い事の送迎

子供が何か習い事がしたいと言えばさせてあげたいと思うのが親心です。しかし、今までも家事に育児に忙しいのに、これ以上は無理!と、状況をみてさせてあげられないことから諦めさせることもあるかと思います。

旦那さんの分担協力があればどうでしょう

送迎も意外に時間が取られてしまうので、その時間だけでも旦那が行ってくれたら夕飯の準備もできますし、そのほかの事もできますよね。

夕方から夜の時間は特に貴重な時間になるので、その時間を無駄なく有効に使うためにも保育園迎えなどを含む送迎は旦那さん担当にしたいですね。

4.仕上げ磨き

夕飯が終わって、さぁまったりタイム♪という訳にいかないのが、生活です。夕飯を食べたら洗い物が出ますし、子供の翌日の準備等もあります。そして、子供の寝る準備に備えて、「仕上げ磨き」もありますよね。

子供1人で歯磨きさせて「今日は疲れたから仕上げ磨きはいいや」とサボってしまう時もありますが仕上げ磨きの担当を旦那さんにしてもらうのも1つの手です!

仕事から子供の寝る時間に帰ってきても大丈夫!仕上げ磨きの担当をしてもらえば、その時間が親子のコミュニケーションの時間になるのではないでしょうか?

5.子供の寝かしつけ

「仕上げ磨き」からのそのまま「寝かしつけ」タイムでもいいかもしれませんね。子供が小さい時は特に子供だけ「おやすみ」と言って寝室に向かうことは難しいので寝かしつけが必要です。

その時は、お父さんとのコミュニケーションタイムということで、今日の出来事とか話をしながら眠りにつく良い時間になるのではないでしょうか。

寝かしつけを分担してくれるとかなり楽

子供にとってもお父さんにとっても良いリラックスタイムになるので、日頃の疲れもぶっ飛んで「明日からも頑張ろう」と前向きになること間違いなしです。

父親は母親よりも、どうしても子供と接する時間が少なくなってしまいます。この一日の短時間が親子の大事な時間になるので是非、旦那さんに担当してもらいましょう。