年下の彼女が年上の彼氏に敬語を使うということはよくあることです。そんな中でも全部がかわいいというわけではなく、特に男性からモテる敬語の使い方の5選を紹介します。

1.尊敬語や謙譲語ではなく軽い丁寧語である

年下の彼女が敬語を使うということは年下であるので当たり前のことでしょう。しかし、彼女であるというのも間違いないことです。

年下とはいえ彼女である女性が敬語を使いすぎると、男性は彼女との間に距離感を感じてしまい、少し物足りなさを感じてしまうものです。

例えば「明日の出張はどこに行かれるのですか」

と尊敬語で聞いてしまうと、他人行儀な感じが出てしまい、彼女という感じではなくなってしまいます。

そこを「明日の出張はどこに行くんですか

と丁寧語で甘えるような感じで言うとかわいく思えてしまうものです。彼女の方が年下であるとはいえ、彼女なのです。

そのため、敬語もライトな使い方をすることが近い存在であるように思われ、男性からも好まれるものになります。「です・ます」くらいの丁寧語くらいでとどめておくことが重要でしょう。

2.コトバを言いきらず、語尾に『よ』などをつける

モテる女性は敬語を使っても、ドライな感じにはならず、敬語を柔らかく使っています。

例えば、「今日の昼は暑かった?」と聞かれ、「すごく暑かったです」と答えると親近感があまりありませんが「今日の昼は暑かった?」と聞かれた時に、「すごく暑かったですよ~」と答えると、敬語を使っている中でも近しい感じが出てきて親近感を持てるようになるものです。

男性は女性から特別な存在だと思ってもらいたいものです。そのため、敬語は使うけれどフランクに接することにより、特別に親しく接しているというような感じになり、特別近い存在ということを感じます。

文末に『よ』をつけるなど少しのことで距離感は変わってきます。モテる女の子はこういった少しの言葉の使い方が上手であることが多いです。

3.敬語を使って男性を褒める

男性は女性から褒められたいし、年下の女性が好きな男性というのは、彼女から尊敬されたり認められたいものです。そのため、「○○さんって、すごいんですね~」などと言われると嬉しいものです。

年上の男性を年下彼女が褒める際も、先ほども書いたように、軽い感じの丁寧語で言うということが大事です。

男性を上手に褒めるだけでも男性からモテるようになるものです。そのうえで、軽く敬語を使うことで男性にとってはより気分がよくなるものです。

RECOMMEND PR