婚活をしている人なら、相手の男性の条件として知りたいことのトップにくるのが「年収」です。めでたくゴールインしたら結婚後に待っている「生活」という現実。

生活をしていく上でどうしても外せないお金に関わる男性の「年収」は、多ければ多いほど、結婚相手として考える要素になっていくでしょう。

年収は気にならない

でも、世の中にはそのような一般的な考えを持たない女性もいます。某有名歌手などはインタビューで、1番気にならないのは「年収」と答えています。

その他、歌手や女優にも年収を気にせず結婚する人が多いですね。芸能人たちは、ちょっと極端ですが、一般女性たちの気持ちにも通じるところもあります。今回は、年収を気にしない女性たちの恋愛的な特徴についてお話したいと思います。

1.自分に稼げる能力がある

先ほどお話した大物芸能人がいい例なんですが、自分に稼げる能力があり「年収」という意味でも十分にある場合には、男性に対して年収という条件を求めないことがよくあります。

芸能人は特別ですが、例えば金融関係に勤めている女性は年収どころか貯金額もすごくて、数年で1千万くらい貯めちゃっている人もいます。

金銭的な余裕は、心の余裕にも繋がります。なのでお金に余裕がある女性は、相手の男性に対してはお金以外の魅力に惹かれる場合が多いんです。自分にない物を求めるということですね。

2.お金より人間性

過去にお金の面だけは満たされたけれど辛い恋を経験したことがあったり、両親がお金はあっても幸せな結婚生活を送っていなかったりなど、自分の経験から価値観が「お金」が第一優先ではなくなった女性は意外と多いものです。

お金より・・というと「愛」という言葉もありますが、基本的に愛情があるものとして考えた場合、男性の条件を年収よりも、その人の人間性にフォーカスする女性たち。

そんな女性たちは「お金は全くいらない!」と考えているわけではないですが、それよりも一緒にいて居心地がいいとか楽しいという気持ちを優先する傾向があります。

3.お金の苦労がなかった

幼いころから、お金に困ったことがなく育ったお嬢様タイプの女性は、お金に無頓着な部分があります。お金に関する苦労がなかった分、お金にガツガツしておらず「男性は絶対お金持ちじゃなきゃイヤ!」という気持ちもありません。

本物のお嬢様なら実際に両親からの援助があるので、独身でも結婚してもお金には困らないと考えている場合もあります。

お金はどこかから降って沸いてくる、金は天下の回り物、といった妄想をしていそうな彼女たちは、お金に痛い目に合わない限りはずっと男性に年収という条件を求めることはないでしょう。

4.男性に依存したくない

自立精神が強い女性は、男性の年収にこだわらない特徴があります。精神的に頼りになる男性は魅力的ですが、金銭面まで男性におんぶに抱っこはイヤだと思う女性もたくさんいます。

RECOMMEND PR