最近周囲を見回して目立つのが、離婚したバツイチ女性の再婚です。バツイチ女性の再婚のお相手は、意外にも初婚男性が多かったりするのですが、最近の男性はあまり女性にバツイチがある事を気にしない傾向にあるようです。

それだけ世の中において、バツイチが増えて珍しくなくなったせいでしょう。今回は、相手がバツイチ女性でも気にしない派男性の特徴を挙げてみました。

自分もバツイチだから気にしない男性

相手がバツイチ女性でも気にしない派男性の特徴としては、自分もバツイチだから、という男性が多いです。

それもそのはず、今や結婚した夫婦の三割前後が離婚してしまう時代。三割とはかなりの数だと思いませんか。それだけの夫婦が破局しているわけですから、当然バツイチ男性の数だって多いのです。

同じ苦労をしているから

そんなバツイチ男性の意見は、自分もバツイチだから相手女性もバツイチでも構わないとの意見。

むしろ初婚女性よりもバツイチ女性との方が、同じ苦労を経験している分話が合いやすいので、バツイチ女性の方が良いとの意見もあります。

リードしてくれる女性が好きな男性

現代日本においては、草食男子という言葉が流行るくらい、男性はシャイで内気で、恋愛においても自分からはなかなか動けない男性が多くなりました。

そんな受け身の男性陣が求めるのは、恋愛をリードしてくれる女性です。リードしてくれる女性となると、やはり結婚の経験があるバツイチ女性が当てはまるのです。

逆にバツイチがいい

初婚の女性は気難しかったり消極的だったり理想が高かったりして、恋愛を引っ張っていく力が弱い傾向にあります。

その点バツイチ女性なら問題ありません。男性と暮らして男性を引っ張ってきたぶん、バツイチ女性は男性をリードする能力に長けていると言えます。

苦労している女性を保護してやりたい男性

世の日本人男性は、苦労をしてきた女性に惹かれる一面があります。シングルマザーで苦労して育児をしている女性や、離婚を乗り切って一人頑張っている女性を見ると、俺が守ってやらなきゃという気分になるのです。

元々男性には、弱い者を守ろうとする保護本能が存在します。バツイチ女性がバリバリ必死に困難を切り抜けているさまを目にすると、その保護本能が働きやすいのです。

バツイチ女性は全般的に見て