「さしすせそ」といえば、料理の「さしすせそ」を思い浮かべますよね?でも最近では、人付き合いに悩んでいる人たちが多くなってきたことから「さしすせそ」を人付き合いに活用するようになってきたんです。

人付き合いの「さしすせそ」ご存じでしたか??今回は、人付き合いに使える「さしすせそ」をお教えします!対処法やアドバイスなども参考にしてください!

1.さ:さすがですね!

人付き合いに困ったとき、行き詰ったときには、まず「相手を褒めろ!」と言われています。人は誰でも「周りからどう思われてるか」を気にしているものです。

例えば、同じ職場の上司や同僚たちも、自分の仕事ぶりや人間性に対して常に不安を抱いていて周りからの評価を気にしているんです。

さすがですね!

という言葉を言われたら気分の悪くなる人はいませんし、もし男性が女性からそんな言葉を聞いたら、一気にテンションアップ間違いなし。

「さすが」という言葉の意味は「以前から思っていたけれど、やっぱりね!」という意味合いがあります。日ごろからあなたの活躍を見ていましたが、予想通りに今回もすごいですねというタイミングで使いましょう。

言い方としては、お世辞に聞こえないように感情を込めて言うことは勿論ですが、目力も重要なポイントです。

驚くような「さすが!」だったら目を丸くさせて話したり、つくづく関心するというような「さすが~」だったら目を輝かせて話したりするのがいいでしょう。目は口ほどにものを言うという言葉もありますから。

2.し:知りませんでした!

インターネットが普及してから、クリック1つで誰でも簡単に情報を得られる時代になりました。そんな情報が溢れるような世界で、相手よりも自分の方が情報を持っているということが一種のステータスになることもあります。

そんな中で自分が持っている最新情報や、マニアックな情報を周りに話したくで仕方がない人がたくさんいるんです。普段の会話で、情報通だな感じる人に対しては

へぇ~!知りませんでした!

はかなり相手の気持ちを満たしてあげられる言葉なのです。誰かにものを教えることが大好きな「先生タイプ」の人に「知りませんでした!」を話せば、相手の教えたい願望が更に掻き立てられて、より会話が弾むでしょう。

もう一歩踏み出せるなら「知りませんでした!」のあとに「その話、もっと詳しく教えてください!」と相手に対して興味があることをアピールできたら、一気に相手との距離も縮まりますよ!

3.す:すごいですね!

女性たちの間で、かなり多用されているのが「すごい」ですよね。「へぇ~!すごーい!」というように、日常的に使われている言葉ですね。