くれるプレゼントが以前と変わったということはありませんか。以前より高いものをくれるようになったというパターンだけではなく、以前より安いものしかくれなくなったというパターンもあります。

また、金額はあまり変わらないけど、プレゼントしてくれるものの種類の傾向が変わったということもあるでしょう。

彼氏はどんな気持ちで彼女にあげるプレゼントを変えるのでしょうか。今回はそんな、くれるプレゼントが変わった彼氏の心理と特徴について迫ります。

プレゼントの相場を知った

今までは周りのことを気にせずにプレゼントをしていたものの、友人に指摘された、インターネットでプレゼントに関する記事を見たなどの理由でプレゼントの相場を知ったというパターンです。

周りはこれくらいプレゼントをしているんだと知ったら、それ以上のものをプレゼントしたいと思うのが男性心理です。

前よりもオシャレなものや、高価なものをくれるようになったと感じるなら、彼氏がプレゼントについて考えが変わったのかもしれませんね。

嫌われたくない

彼女に嫌われたくないという気持ちが強くなって、高価なプレゼントを渡すようになったというパターンです。何らかの理由で別れへの不安が大きくなっているんですね。

いいものをあげれば彼女は自分のことを好きでいてくれるだろうという安易な考えをしているという厳しい見方もできます。

彼氏が無理をしているなと感じたら、無理しなくてもいいんだよと優しく言ってあげるといいでしょう。

自分好みの彼女にしたい

最初は遠慮していたものの、慣れてきた今なら大丈夫だろうと判断して、自分が好きなものをプレゼントしています。自分の好きなものの影響を与えて、彼女を自分好みにしようとしているわけですね。

自分が紅茶が好きだから紅茶をプレゼントする、野球が好きだから観戦チケットやシャツなどのグッズをプレゼントするなどです。彼女を喜ばせたいというよりは自分の好きなものをわかって欲しいと思っている状態です。

気にならないなら問題ありませんが、正直いらないなと思う場合は、遠まわしにそういうのはもう充分かなということを伝えるといいでしょう。

好きな気持ちが薄れている

以前に比べていいものをプレゼントされなくなったという場合は、以前に比べて好きな気持ちが薄れている可能性があります。

彼女のことが好きで好きでたまらない!という場合は、いいものをプレゼントして気を引きたいし喜んで欲しいと男性は考えます。