口臭は誰でも気になりますよね。口臭がひどいとキスも満足にすることができません。臭いはデリケートな話題のため、なかなか触れにくいという特徴もあります。

自分の彼氏の口臭が変わったら、どう思うでしょうか。口臭がひどい彼氏の口臭がなくなったら歓迎でしょうし、逆に口臭がひどくなったら、どうにかして欲しいと思うでしょう。

口臭が変化した彼氏には、一体どのような特徴があるのでしょうか。今回は4つのパターンに分けてご紹介します。それでは早速1つずつ見ていきましょう。

エチケットを気にするようになった

彼氏の口臭がしなくなったという場合、彼氏の意識が高まった可能性があります。自分の見た目に無頓着な人っていますよね。同じように臭いについて鈍感な男性は一定数います。

ところが、周りから指摘されたり、彼女から苦い顔をされたりするという経験をして、エチケットを気にするようになるということがあります。

これは嬉しい変化ですね。彼氏の口臭がしなくなっても、特別触れずに心の中で、臭いしなくなったなーっと思うようにしておきましょう。

臭いを気にせずキスをしたい

自分の口臭が気になる場面といえば、トークをするときとキスをするときです。特にキスの場合は口と口で触れ合うわけですから、口臭は一番気になりますよね。

口臭があると、相手に臭いと思われるのではないかと思って、安心してキスすることができません。たとえ彼女が臭いを気にしない人であったとしても、男性自身が気にしてしまい、キスを遠慮してしまいます。

口臭を気にせず思う存分キスしたいと思っているので、口臭対策をしたと考えられます。彼氏はとてもキスをしたいと思っているので、彼氏がキスを求めてきたら、その気持ちに応えてあげるといいでしょう。

食生活が偏っている

逆に以前に比べて口臭がひどくなったという場合は、食生活が変化した可能性があります。偏食は口臭の元です。歯を磨いていれば口臭がしなくなるというわけではありません。体の中から悪い臭いが出てしまうのです。

彼氏の口臭が以前に比べてひどくなった場合は、彼氏の食生活に偏りがないかチェックするといいでしょう。彼氏が傷つかないように配慮しつつ、口臭や偏食を治すように言葉がけしてあげることをおすすめします。

疲れがたまっている

彼氏の口臭がひどくなったら、口や腸などのことばかり注目してしまいますよね。実は、疲れやストレスが口臭の原因になることがあるんです。

彼氏がストレスがたまっていそうで口臭がひどくなっていたら、ストレス原因の口臭の可能性があります。

彼氏のストレスが軽減するように、協力してあげることをおすすめします。話を聞いてあげたり、遊んであげたりして、気分転換の手伝いをしてあげてください。スポーツやウォーキングなど、軽い運動を一緒にしてみるのもいいでしょう。何かしらの工夫をして関わる必要があります。