凄く好きだった人なのに思わず冷めてしまった経験はないでしょうか。大好きだった人だからこそ冷めてしまうと中々前みたいに好きになる事は難しいものです。

凄く好きな人を冷めた目で見てしまう日が来るなんてどんな瞬間なんだろうと疑問に思った人もいる筈です。

そんな人の為に思わず冷めてしまった中でもよく目にする瞬間を7選集めてみました。中にはあるあると共感してもらえる人もいるかも知れません。

1.人によってコロコロ態度を変える

どんなに自分に優しく接してくれていても人によってコロコロと態度を変えてしまう人に女性は気持ちが冷めてしまいます。

自分が嫌いな人だったり、自分にとって得を感じない人には冷たい態度を取っている姿は男性としても人間としてもとても良い対応とは言えません。

態度をコロコロ変えるという事はいつかは冷たくされる日が来るかもしれませんしそれが本当の正体でもあります。

もし好きになって付き合う事になっても辛い思いをしてしまうだけかもしれません。コロコロ態度を変える瞬間を目にしたらその男性の事をもう1度見直した方がいいでしょう。

2.思いやりがない

思いやりがない瞬間を目にしても女性は冷めてしまいます。特に一目惚れをしてしまい見た目から男性を好きになってしまった場合には思いやりがない男性だったということに気づくのが遅くなってしまいがちです。

凄く好きだった人だからこそ思いやりがない人と知った時のショックは大きいものです。思いやりがない男性とは例えば、人が傷ついてしまう事をズケズケと本人に言ったり、人の気持ちを優先的に考える事が出来なかったりと相手の気持ちを無視してしまう男性が当てはまります。

人と人との付き合いは相手に思いやりを持つ事はとても重要です。それが出来ないと分かった瞬間サーっと好きな気持ちも冷めてしまう事でしょう。

3.喋り方が上から目線・乱暴

どんなに見た目が素敵な男性で魅力的に見えても喋る事で残念な結果になってしまう事もあります。喋り方が対等ではなく上から目線で話をされたり、乱暴な言葉づかいをされる事によって一気に女性の大好きだった気持ちも冷めてしまうことでしょう。

上から目線で話すという事は自分の方が偉いと勘違いしているからこそ出来る喋り方ですし、乱暴な言葉を使う事は相手の事を思いやっていないからこそ出来る事です。

こんな男性をまず大好きになる女性はいないです。見た目も大事ではありますが、女性は一緒にいて楽しく喋れて優しい男性を好みます。それだけで凄く魅力的な男性に見えて恋に落ちてしまいます。

4.暴力を振るう

男性は女性に比べると力も強いですし、体も大きいです。そんな男性に暴力を振るわれたら女性はとても怖いものです。怖くてやり返す事も出来ないので心も体もボロボロになって傷ついてしまうだけです。