保育園は、両親が仕事などの理由で日中の保育が難しいため入園することがほとんどです。最近よく話題になる待機児童問題は、共働き家庭と核家族化が進んでいるため起こっているのです。

昔に比べて働くママが増えているということですね。幼稚園・保育園どちらを選ぶか、子どもの成長とともにママが悩む問題です。では幼稚園と保育園ではどんな違いがあるのでしょう?

幼稚園と保育園の違い

幼稚園は3歳になった春から小学校入学前まで。管轄は文部科学省で、主に子どもの教育を行うところ。

ほとんどの場合、希望した幼稚園に入園できるが、人気がある幼稚園は抽選もあり入園できないこともあるが、幼稚園に入園できないことはほぼない。

保育園は0歳から(園により違いあり)小学校入学前まで。管轄は厚生労働省で、子どもの養育を行うところ。

市区町村により違いがあるが、養育者の点数によって入園できるかが決まる。現在進行形で働いていると点数が高いが、産休・育休中だと点数が低くなる。

そのため、希望した園どころか他の園にも絶対入園できるわけでなく、待機児童となり、職場復帰が遅くなるケースも多数。

専業主婦家庭は幼稚園、共働き家庭は保育園、というイメージでほとんど間違いありません。幼稚園によっては、早朝保育・延長保育を実施しているところもあり、幼稚園に通わせ仕事復帰しているママもいます。

幼稚園と保育園のいいとこどり?認定こども園

近年増えてきている「認定こども園」は、幼稚園長所である「教育」と保育園の「養育」どちらも行ってくれます。保育園と預ける時間は同じで、子どもにとっての園で過ごす時間か充実するというイメージです。

また、親の都合で保育園をやめざるを得なくなった場合でも、幼稚園を探さなくて済み、子どもも園で過ごす時間が短くなるだけで環境が変わらないメリットがあるのです!

保育園より行事が多いので、子どもにいろいろな経験をさせてあげたいママにとっては嬉しいですよね。しかしこれはデメリットにもなりえます。役員制度があったり、行事が多いと参加することも多いので、仕事が忙しい場合大変です。

また園によっては制服があることもあり、保育園より出費が多い場合もあります。第一希望でこども園を希望していなかったけれど、ここにしか入れなかったというママもいます。

保育園ママの特徴って?

保育園に通わせているママはほとんどが働いています。他にも病気や親の介護などの理由で保育園に通わせる場合もありますが、日中保育難しい場合ですね。

なのでママはいつも時間に追われています。朝も戦争のように子どもを保育園に送り出し、日中は仕事などで忙しく、子どもと一緒に帰宅してから家事。時間がいくらあっても足らないのです。