片思い中の女性がいて、女性に嫌われたくないと思っているあなた。事前に「女性が恋愛に冷める瞬間」を知っておく必要があります。

女性は、デート中はとても楽しく感じていても、家に帰って冷静になった時、あなたの行動を思い出して将来が心配になったり、冷めてしまうことがあるのです。

そこで今回は、デートは楽しかったのに別れた後に冷める男性の恋愛的な特徴や行動をご紹介してきます。あなたが、気づかずやってしまっていないかチェックしてくださいね。

連絡をくれない

男性にどんな意図があるのかは定かではありませんが、少なくとも女性にとってろくに連絡をくれない男性は「もう冷めた!」と思ってしまう原因になります。

デート後にろくに連絡をくれないような対応をされれば

男性に冷めたと感じてしまうのも仕方ありません。最初は寂しいと思う気持ちでも、段々と連絡をくれない男性に対して″どうでもいいや″という認識になってしまうんですね。

単純にめんどくさがりやの男性もいれば、女性からの連絡を受け身で待つだけの消極的な男性の可能性も。

会えない日が続いた

男性と会えない日々が続くと、男性に対して″もう冷めた″と思ってしまいがち。連絡をくれないのももちろん嫌ですが、それ以上に会えないのは女性として我慢できません。

基本的に忙しい男性を持つと、こんな理由で男性に冷めたと思ってしまうことが多いんですね。会えないことで男性に冷めた、これも女性の心理を考えれば当たり前のこと!

これから恋愛に発展したいと思える男性なら会いたいと思うのは当然のこと。状況的に会えないのももちろんですが、男性が会えないことを不満に感じていない点も

男性に冷めたと思ってしまうポイント。

「男性は会えなくても大丈夫なんだ」と考えてしまうと、ますます男性に冷めた気持ちになってしまうんですね。会おうとしないという時点で、男性からの気持ちや思いやりを感じられず、冷めたと認識してしまうのです。

無理やり家の近くまで見送ろうとする

聞こえはいいかもしれませんが、女性からしてみたらこれは少し恐怖を抱く提案。聞くだけ聞いてみるのはいいと思いますが、断られたとしたら潔く別々に帰ることです。

ヘンな人に変なことでもされるのではないか…と気にかける気持ちもわかります。でも、あなたがその「ヘンな人」かも定かでない中、女性としてその提案はなかなか受け入れ難いものなのです。

デートをするにも、相手の気持ちを読み取るのはなかなか難しいもの。ただ、女性を不安にさせたり、怖がらせる質問はなるべく投げかけないこと。それでも聞きたいことがあるのなら、女友達に大丈夫かどうかを事前チェックしてみるのもいいかも。