女性の恋愛心理とは、まるで打ち上げ花火のようなもの。燃え上がる時には、一気に感情が高まり、かと思えば、一気に激情が冷めてあっけなく恋の終わりを迎えてしまいます。

相手の男性にとってみれば、一体何が起きたのかわからないまま、女性の感情に振り回されてしまうことも少なくありません。しかし、よく気をつけて女性の様子をうかがえば、女性の気持ちが冷める瞬間がわかる場合があります。

せっかくデートの約束をしたのに

その後の言動で気持ちが冷めてしまうこともあります。「そんなことで?」と男性にとっては何気ないことでも、女性の気持ちが離れるきっかけになることも。そこで、デートの約束はしたけどすぐに冷める男性の恋愛的な特徴や行動をご紹介します。

「明日どこ行くか決めてる」と聞かれた

女性は男性からデートに誘われたら、どこに連れて行ってくれるのか、どんなことをするのかを楽しみにしています。そのため、デート直前に「明日どこ行く?」なんてメッセージが送られてきてときのショックは大きいです。

誘っておいてまさかのノープランは絶対NG!

デートの約束をして安心せず、日時と食事に行く場所や遊びに行く場所などは決めておきましょう!さらに男性から「どこでもいいよ」なんて言われた日には、デートの可能性は低くなってしまいますので要注意です。

分刻みのスケジュールが送られてくる

予定がまったく無いのもだめですが、詰め込みすぎるのもよくないです。デート前日に、分単位で行き先を決められたスケジュールが送られてくると、女性も疲れてしまいます。

女性は、美味しいご飯を食べて男性と世間話をしながら街を歩いたり、買い物をしたりするだけでも十分に楽しめます。

女性を喜ばせたい気持ちはわかりますが

あまり時間に追われると疲れてしまい、デートはやめておこうと思われてしまうことも。予定を一生懸命考えてくれるのは嬉しいので、詰め込みすぎず焦らせずにエスコートしてあげてくださいね。

連絡を催促してくる

デートの約束をしたら、嬉しくなって連絡もまめにしたくなりますが、あまりに頻繁に連絡がくると鬱陶しいです。日時などの連絡はいいですが、当日までに何度も連絡がくるとプレッシャーにもなります。

連絡が返ってこなくても、返せない事情もありますので気にしすぎないようにしましょう。あまり催促しすぎると、余裕のない男性だと思われますよ。

男性の最寄り駅で集合

これは駅で待ち合わせるときのガッカリ発言です。もちろんデートで出かける場所が、その駅周辺ならOKです。そうではないのに、男性の最寄り駅で待ち合わせてそこから一緒に移動するのは自己中というかなんというか。

目的地の途中に男性の駅があったとしても、一度その駅で降りてまた同じ路線の電車に乗るのは交通費もプラスでかかりますよね。ケチくさいとかではなく、そのへんのことも分かった上で自分の最寄り駅を待ち合わせ場所に指定しているのか疑問の発言です。