「ママ友」という言葉を聞いて、どんなイメージが浮かびますか??若い新米ママたち?小さい子がいる平和な主婦たち?それとも、ママになってもランチやお茶するお友達??

色々なイメージが浮かぶと思いますが、ママ友と言っても要は女たちの集まり。読んでくださっているのが女性なら、お分かりかとは思いますがやはり「女の集まり」にはあらゆる危険がつきものなんです。

女同士が集まっても大抵「仲良し」では終わりませんよね。

それは、幼い頃から大人になるまで続きます。昔から、いじめっ子やトラブルメーカーがいたように、やはり「ママ友」という平和な言葉に呼び方が変われど、そういう人たちは存在します。

ママ友たちのよくあるトラブルについて、いくつかお話します。そして、トラブルが起きたとき「誰に相談したらいいの?」とお困りの方も是非読んでください。

①子ども同士のけんかが派生

ママ同士は、仲良くやっているのに何故か子供たち同士はそりが合わないみたい・・。よくありますよね。子供たち同士がすぐケンカになったりすると、普通の親は「こら、だめでしょ」とまず自分の子を叱ります。

相手のママ友にも「ほんと、ごめんねぇ」と言いながらケンカの仲裁に入るわけですが、これが会う度にとなると状況は段々変わってきます。

どちらが悪いにしろ、自分の子に叱っていたママも「うちの子は悪くないのに、すぐ○○くんが・・」という風にだんだん相手のママ友の子が悪いと思い込むようになるんです。

謝罪でトラブル回避

そうなると、相手の子が憎たらしいという気持ちが起こり、結果的にその子の親であるママ友まで憎い存在になっていきます。私は、自分の子に注意するのに○○ちゃんのママはいつも知らんぷり。もう少し、自分の子を見て叱りなさいよというような不満が出てきたりします。

ケンカがひどくなって、どちらかが怪我をしてしまったという場合もやっぱり気まずいですよね。そこで、しっかり謝罪しておかないと、あとでトラブルの原因になります。

②口が軽くて、あっちこっちでペラペラしゃべる

ママ友との集まりは、かなりの割合で「ここだけの話」が多いんです。よくありがちな、この集まりに参加していないママ友やクラスメイトのママの悪口に始まり、個人的な打ち明け話なんてものもあるでしょう。

でも、やっぱり女性というものは「おしゃべり」なものです。全ての人が口が軽いとは言いませんが「ここだけの話なんだけど・・」が連鎖していくパターン、たくさん見ました。

その「ここだけの話」を話すとき一番重要なのは相手を選ぶということ。

この人には話しても絶対に漏れないというくらいの信頼のあるママ友がいる人は若干セーフ。若干とあえていうのは漏れない可能性は0%ではないということ。

口が軽いのを直してトラブル回避

相手を選ばず、あちこちでおしゃべりしまくるママ友です。こうして、広められてしまった話は回収することもできず、それを話した本人はやはり広めたママ友の検討をつけて「どうして話たの?」と詰め寄りますが「私、話してないよ」と言われるのがオチです。