義母とギクシャク。昔から必ず起こりがちな、嫁姑問題。「私だって、仲良くしようと努力しているのに!」。次から次から嫌味を言われたり、余計なおせっかいをされたり

もー、私は彼と結婚したんだからいちいち首を突っ込まないでッ!

  • 義理母に孫を預けたくない・・・
  • 義理母が孫の事ででしゃばり・・・
  • 義理母のおせっかい子離れしてほしい・・・
  • 義理母は本当にありがた迷惑
  • 義理母が孫の世話をしたがる

色々あり思わずキレそうになる関係。いったいどうすればいいのでしょう?義母とうまくやっていく秘訣と、大好きな旦那様に協力を得る方法を一緒に考えていきましょう。

いい嫁はやめてみる

おせっかい義母との関係

「○○さんは、本当によく気が付いて優しいお嫁さんね」。そんな言葉を期待しない女性はいません。できれば義母と本物の親子のように、うまくやっていきたい!と思っているはず。でもその希望、いったん捨ててみませんか?

1.全てを受け流す!覚悟

子どものしつけから、教育法、あなたの服装や髪形までいちいち口を出してくる、おせっかいな義母。いちいち腹を立てていては切りがありません。そして

お義母さん!これはうちの方針なんです!

と言いたいことをそのまま言ってバトルになってしまうなんて、ちっとも事態は改善しません。一番よいのは全てを受け流すことなのです。

2.受け流すって具体的にはどういうこと?

趣味でない置物をいただいたら「わぁ、ありがとうございます!」とお礼を言って、燃えないゴミの日にポイッ。子どものしつけでお説教されたら

すみません、気にかけていただいてありがとうございます

と言って、あとはスルー。これじゃ、反抗しているのと一緒じゃないの?と思うかもしれませんが、きちんとお礼を言って受け取ったというところまでで十分。

後から「あの置物はどうしたの?」と聞かれたら「すみません、あんな立派な置物、うちでは置き場所がなくて、会社に持って行ったら、皆さんに羨ましがられちゃいました!センスのいいお姑さんねって!」。…嘘も方便ですよ!

3.言いたいことは…言わないでおく

そんなのストレスたまりそう!ついカッとなったら言っちゃう!という方。ここは辛抱あるのみです。向こうは言いたいことをズケズケ言ってきます。ですが、最初にお話したとおり、すべて受け流してスルーしましょう。

この「スルーできる体質」は、嫁姑問題だけに限らず、必要な場面はたくさんあります。あなたが言いたいことを言えばいうほど、倍になって返ってくるのです。そのストレスよりずっとマシであると思うことが賢いやり方です。

4.「嫌われたっていい」と開き直る

あなたが、何を言っても響かない、反省もしなければ反抗もしてこない嫁だとわかれば、のれんに袖押し。義母もしつこく言ってこなくなるかもしれません。

義母に好かれるに越したことはないですが、別に嫌われたっていいのです。いい嫁になる努力なんて、今すぐやめて「私は私」と開き直りましょう。

5.それでも思いやりは忘れない

母の日にはカーネーションを贈る。家族旅行に誘ってあげる。誕生日は家族揃ってお祝いに伺う。など、義母への思いやりは、忘れないことも重要。冷静に考えれば、これらのことは年に数回の行事です。

この節目節目の思いやりを順守しておくことで、「けっこう気が利く嫁じゃない」と、義母も最低限の納得はしてくれるはず。どんなに嫌いでも、これだけは実行しておきましょう。

大好きな旦那に「感じ悪い嫁」と思われないために

男性はやはりいくつになっても自分の母親が好き。妻ともうまくやってほしいというのが本音。ですが、義母があなたの悪口を息子に存分に吹き込んでいる可能性も十分あり得ます。時には

おい、もうちょっと母さんへの態度改めろよ

と注意を受けるかもしれません。そのときのあなたのとるべき態度はたった1つ。あなたは、義母の悪口を決して旦那には言わないこと。板挟みになってしまうのは彼が可哀そう。

そして最悪の場合、義母と旦那が共謀して、あなたに攻撃してくる可能性も。そんなバトルに参戦するのは絶対に避けましょう。あなたが義母の悪口を一切言わない妻でいれば、旦那様も、一方的な母親の発言を不快に感じてくれます。

旦那様の前で、あなたは聡明な嫁でいられるのです。どうしてもストレスがたまったときは、友人たちとの間で、思い切りどうぞ!そこでなら罪悪感なく、発散できますよ。