好きな人と付き合って幸せなはずなのに何故か不安の気持ちがよぎる、なんて経験ありませんか。

もしその気持ちを抱えたままお付き合いしてると、順調なはずの恋愛もうまく行かなくなってしまうかもしれません。

どうして不安な気持ちになるのか、一度立ち止まって考えてみましょう。今回は、彼氏といると幸せだけど不安な場合の解消法をご紹介してきます。

1.理想や期待を相手に押し付けない

相手に対して、「こうあって欲しい・こうあるべき」という理想を、具体的にしてしまわないことが大事。例えば急に彼の仕事が早く終わったとして

  • 友達より大事にするのに
  • 忙しくても時間作るのに
  • 私だったらちょっとの時間でも、真っ先に会いに行くのに
  • すぐに連絡をくれてもいいのに

なんて思ってしまいそうですが、それは自分の理想であって、ルールではありません。自分の期待が叶わなかったところで、「彼に大切にされていないのかもしれない」などと不安になるのは勝手というもの。

  • ~行きたかったのに
  • ~行けると思ったのに
  • ~だったらいいのに
  • ~して欲しかったのに

という過度な期待は、自分も相手も苦しめます。うまくいったらいいなぁ、くらいの気持ちで付き合うほうが、うんと自然体で付き合うことができますよ。期待しなければ、あとはプラスになっていくだけです。

最初から過度な期待を持たなければ、些細なことでも気持ちがプラスになっていきます。「仕事が早く終わったから会いにきたよ~」のひと言が嬉しかったり、彼のちょっとした思いやりに感動したり。

記念日だからきっと特別なデートに違いない!

と思って出向くのと、「記念日だけど、いつも通りでいい」と思って出向くのとじゃ、プレゼントをもらった時の喜びは段違い。彼だって、いつも不満そうな顔の彼女より、ちょっとしたことで喜んでくれる彼女の方が愛し甲斐があるはずです。

思わず羨ましくなるカップルは、見ているだけでも幸せのおすそ分けをしてもらえるようなパワーがあります。人から羨ましいと思われる理想のカップルになる8つの秘訣では人から羨ましいと思われる理想のカップルになる秘訣を8つご紹介します。

2.彼にとっての「全て」があなたであるとは思わない

もしあなとにとって彼が「全て」であったとしても、彼にとっての「全て」があなただとは限りません。例えば仕事は男性にとってこれから先もずっと続けていかなければならないことですし、あなたよりも付き合いの長い大事な友人もいることでしょう。