気になる男性がいたり、素敵な男性と出会った時、できることであれば、相手をドキドキさせてコチラの存在を意識させたい、と思う女性は多いはずです。

しかし、あまりにもあざとく、そういった行動を取ってしまうと、男性に引かれてしまうので、マイナスイメージとなってしまいます。

どうすれば、上手に男心をドキドキさせることができるのでしょうか。今回、ここでは男心をドキドキさせるテクニックを6つ紹介していこうと思っています。

1.親密距離に入る

男性が女性と一緒にいて、ドキドキしてしまうのは、決して露出度が高い服装をしていればいい、というものではありません。男性も女性も、ある程度の距離感が相手を興奮させるためには必要なポイントとなっていきます。

例えば、3メートル以上離れている場合、公衆距離といって、全く知らない人と公共の場などでの距離感を差す範囲を示しています。

そして、徐々に社会距離など、その距離を縮めて行くのですが、親密距離といって数十センチの距離まで身体を縮められたとしたら、男性は基本的にドキドキしてしまいます。

特に、男性の多くは、女性に嫌われないためにも、下手に近づかないとしているので、相手からある程度の距離まで近づかれると、興奮してしまうのは仕方ないのです。

「俺のことを、認めてくれているのか?」と、思ってしまうため、ある程度積極的な誘いにも、判断が鈍ってしまい、成功する可能性が高まると考えられます。もちろん、相手に嫌われている場合は、この距離感が強烈に不快に感じてしまうので注意しておくべきでしょう。

あなたには、付き合いたいと思っている男性がいますか?女性から出す脈あり好意の付き合いたいサイン15選では女性が男性から告白される為に上手に男性に出すべきサインをご紹介します。

2.目を見つめる

男性は、女性に見つめられると緊張してしまうものです。大体、付き合っているわけでもない異性と目を見つめ合う時間、というのは数秒程度のはずです。

そういった中で、話をしながらずっと男性の目を見て話しているとなると、男性も急にドキドキして来てしまいます。

もちろん、ここでポイントになってくるのは、あまりジッと見つめ続けるのではなく、時にそらし、でもちゃんと相手が話している時は、目を見つめる、というテクニックを使ってみてください。

なかなか、男性の目を見て話し続ける、ということが苦手な女性もいるでしょう。そんな時は、目と目の間をジッと見つめると、目線が合わないけれども相手を見つめているような印象を与えられるため、おすすめです。本当に好きな人だったら、そのくらいの努力は必要になってきます。

3.髪の毛や手のひらにボディタッチ

男性をドキドキさせる定番のアプローチと言えば、間違いなくボディタッチです。しかし、一般的な女性のボディタッチのように、背中をたたいたり、肩をたたいたりでは、あまり男性側も「友達として」という印象しか与えられず、さほど興奮させることはできません。