彼氏を好きすぎると恋愛が失敗するって、耳にすることがあります。好きだから恋愛するのですから、ちょっと変な感じに聞こえたりします。

しかしながら、「好きすぎると失敗する」ということには幾つかの意味が含まれているのです。彼氏を好きであることは自然に発生する感情ですから、むしろとても好ましいものでしょう。

ただ、好きすぎると、好きであることばかりが優先してしまい問題が発生してしまうことが多いのです。たとえば「彼のことが好き過ぎて周りが見えない!」という状況は少し危ないかもしれません。

今回は、彼のことが好き過ぎてして失敗してしまうエピソードと注意点をご紹介します。

何をしていても不安になる

彼氏のことが好きすぎて、何をしていても安心できない…。そんな女性にとって、恋愛は“生き地獄”だったりするんです。一緒にいるときはとにかく幸せ。でも、彼氏がいない時間は、彼氏のことを考えすぎて不安な気持ちばかりが勝ってしまう人もいるんです。

気付けば自分自身の「妄想」で、彼氏が違う女性と仲良くしてしまっているなんてこともあり、より「依存体質」になる女性もいます。とにかく彼氏が好きすぎて、どんなときも彼氏のことで頭がいっぱい。

彼氏からすれば「男冥利に尽きる」と言われそうですが、こうした恋愛依存はいつしか彼氏から「重い」と思われがちです。

好きな人と付き合って幸せなはずなのに何故か不安の気持ちがよぎる、なんて経験ありませんか。彼氏と幸せなのに不安になる時の解消法では彼氏といると幸せだけど不安な場合の解消法をご紹介してきます。

連絡を必要以上にとってしまう

男性は必要以上の連絡を好まない方が多いです。女性は彼氏と話せていることが嬉しくて、ついつい長くやり取りを続けてしまいますが、実はそれが大きな落とし穴。メッセージを返すことが義務化してしまえば、それはただの仕事でしかありません。

いくら彼氏彼女の関係にあるからとはいえ、お互いの負担になるようなやり取りはやめましょう。好きすぎて相手の都合を考えなくなる…なんて、本末転倒です!

ついつい嫉妬してしまう

彼氏が好きすぎるあまり、他の女性と話していたり飲み会に行ったりする姿を見て、不安な気持ちを抱えたことはありませんか?

ほんの少しの嫉妬はかわいいものですが、それが行き過ぎると「重い」という気持ちに繋がります。そんなときは

  • どこに行くの?
  • 誰と行くの?

など根掘り葉掘り聞いたりせず、彼氏を暖かく送り出してあげましょう。男性は自分が安心できる女性の元へ、帰りたいと思うものですよ。