夫とは離婚したが、相手と離れて暮らすうちに、自分や子供にとって大事な存在であると気がついて、できれば、もう一度復縁してやり直したい・・・と思っている方もいると思います。

昔と比べ、今は離婚が珍しくない時代となり、年間多くの夫婦が別れていますので、この様な考えを持つ方も一定数おられるでしょう。

復縁したいと思ってもなかなか踏み出せない

こともありますよね。うまくいかなかったらどうしようと色々と考え始めるとなかなか動き出せないものです。そこで、今回は復縁したい理由と、元夫寄りを戻す5つの方法を紹介します。元夫との復縁を考えている方、必見です!

離婚した後に復縁したい理由

家事や育児をしながらの仕事が厳しい

家事や育児との両立が厳しいことです。子供がいて、自分が親権を持った場合、離婚後は家事も育児も、そして収入を得るための仕事も全部1人でやらなければいけません。

シングルマザーになってみると、家事も育児も仕事も全部1人でやらなくてはいけない現実を突きつけられると、あまりの厳しさに離婚を後悔します。

あまり家事や育児に協力的な夫ではなかったとしても

しっかり稼いでくれていると、それだけでありがたいですし、夕食の準備の時に「ちょっと子供の面倒を見ていて」のように言える相手がいるだけでも助かりますよね。

でも、離婚後はそういうわけにもいかず、全部あなた1人に負担がかかるようになるため、離婚を後悔することが多いのです。

経済的な負担が大きい

離婚後は経済的な負担がかなり大きくなります。結婚している時から、正社員としてバリバリ働いていた人なら、離婚をしても経済的に困ることはありませんが、専業主婦だった人、パートしかしていなかった人は離婚をすることで、一気に経済的に困ることになります。

看護師などの資格を持っている人ならともかく、特にスキルを持たない女性が正社員になるのは難しい時代ですから、経済的に困ってしまうことが多いでしょう。

そうすると、「離婚していなかったら、今でも専業主婦をしていられたのに」、「こんな貧乏な思いをしなくて済んだのに」と思って離婚を後悔します。

子供が父親を恋しがる

離婚をすると、子供から父親を奪うことになります。今までは父親と一緒に暮らすのが当たり前だったのに、突然父親がいなくなってしまったら、子供は「パパは?」と父親を恋しがるようになります。

パパがいないことで泣いたりすることもありますよね。このように子供がパパを恋しがると、離婚しないほうが良かったのかな?と離婚を後悔することがありますね。