もうすぐ結婚式。嬉しくて、楽しみで幸せの絶頂!・・・のはずなのに、なぜか気分が浮かばない。色々と気になる事や考え事で落ち込んだりもする…

もしかして私、「マリッジブルー」かも?

今回は、結婚前に女性がなるマリッジブルーの心理と解消法をいくつかご紹介します。不安になったら読んでみてくださいね。

1.本当にこの人でいいの?

花嫁の中には「年齢的なこともあり、相手選びに妥協をしたのではないか?」と悩む人もいるようです。けれど、結婚にはある程度の譲渡も必要。すべてが理想的な相手などいないからです。

あなたは彼のひととなりに行為を感じて交際したはず。自分の選択に自信を持ってください。逆に年齢が若く

この結婚は早すぎるのでは

と悩む場合は「外にはきっと白馬に乗った王子様が列をなして並んでいる」なんて思わないこと。マイナスに自問自答せず「いいときにいい人に出会えてよかった」とプラスに考えるようにしましょう。

これが世間でよく聞く『マリッジブルー』。結婚が現実になってきたことで急に逃げ出したくなってしまうのです。マリッジブルーの原因と婚約破棄しないための乗り越え方コチラでは婚約破棄しないための乗り越え方を紹介します。

2.彼は本当に結婚する気があるのかな・・・・

打ち合わせにふたりで行った際、準備に熱心でない彼に不安になったのではありませんか?結婚式の準備は想像以上に大変なもの!資金の話や、両親の意見の調整、ゲストをどこまで呼ぶか…なんてこともストレスになる場合があります。

一番の味方であるはずの彼と意見が合わなかったり

何も手伝ってくれない…などの状況から大げんかに発展することも。ストレスがたまりすぎると「本当に結婚していいのかな?」 など結婚自体が不安になってしまうケースも。結婚式に関しては男女間には温度差があるもの。そう思えば不安も解消されるはずです。

大好きな彼氏がいるけど、なかなか結婚に踏み切れない…そんな悩みをかかえている女性はたくさんいるのではないでしょうか。大好きな彼氏との結婚に踏み切れない女性の悩み解消法では結婚に踏み切れない良くある悩みと、その解決方法を紹介します。

3.彼の収入が不安

サラリーマンだから安泰とはいえませんが、自営業の場合は毎月定額のお給与が入るわけではないため、先が見えないと不安になってしまうのかもしれません。なかでも不安なのは、専業主婦になろうと夢見た花嫁でしょう。

けれど、そんな彼と結婚するのなら、花嫁も経済的に自分の足でも立てるように意識をもってほしいものです。不測の事態に陥っても

  • 今は私が頑張るわ
  • 旦那さんがダメな時は私が

とバトンタッチして、二人で補い合っていく。そんなふうに二人三脚で相手にもたれかからずに生きていける夫婦が理想です。

旦那さんになる人の給料を良く調べずに結婚してしまった。要注意!旦那さんになる人の給料を知らない!?結婚前に調べておくべき6つの事では結婚前に絶対に確認しておくべき事、知っておいた方がよい事をまとめてみました。

4.両家の親同士がしっくりこない

挙式準備では両家が意見の折り合いをつけなければならないことが多く、お互いの感覚の違いが目立つかもしれません。ただ、意外なようですが新郎新婦・両家の親同市というのは、結婚後それほど親密な付き合いをするものではありません。

だんだんと疎遠になっていって、いつしか儀礼的な関係になりやすいもの。ですからお互いの親同士が友達や親戚のような和気あいあいとした関係を望む必要はありません。

何よりも険悪なムードを避けるため、おふたりで率先して「大人な対応」を心掛けましょう。言ってプラスにならないことは言わない。親が神経を尖らせるようなことは自分が盾となって伝えないという態度に徹するように努力しましょう。

5.義母とうまくやっていく自信がない

お義母さんとは年の離れた友人のように付き合えたらベストです。なにげないアドバイスも、年上の友人にいわれたら「そういう考え方もある」と素直に受け止められるのではないでしょうか。

もし素直になれないとしてら、それは自分の母親とお義母さんを知らないうちに比較しているのでは?自分の考えで線引きするのではなく、許容量を広げていったほうが気持ちは楽になります。過敏に反応せずに心を開いてお互いに良い関係を築きましょう。

義母とギクシャク。昔から必ず起こりがちな、嫁姑問題。旦那は好きだけど…嫌いな義母との関係では義母とうまくやっていく秘訣と、大好きな旦那様に協力を得る方法を一緒に考えていきましょう。

6.出産のタイミングに悩む

女性に関しては「妊娠出産適齢期」というのがあります。卵巣の機能や身体の新陳代謝などを考慮すると25歳から35歳のあいだに初産を迎えるのが理想的だと言われています。

まだまだ仕事を続けていきたいから私は35歳で産む

と計画していても、いざチャレンジしてみたらなかなかできなくて、不妊外来に駆け込んだというカップルが多いのも事実です。「子供をつくる、つくらない」ではなく、「授かったときが産み時」なんだと考えてみませんか?頭で考えたとおりに進まないから人生は楽しいのです。

女の幸せって何だろう?そんなふうにふと考えてしまうことはありませんか?結婚?出産?仕事?玉の輿?女の幸せ9選ではいろんな種類の女の幸せを紹介していきます。

7.共働きで家事の負担がかかりそう

共働きの夫婦の場合は「毎日のゴミ捨ては僕が」とか、「掃除は手が空いているほう」などど結婚前に役割分担を約束しているカップルも多いようです。「いつまで続くのかな」と軽い気持ちで、彼に家事分担をお願いしてみましょう。

仕事をしながら家庭を持っていると時間のヤリクリが上手になってくるので、彼が手出しする間もないかもしれません。暮らしてみなければわからないことはたくさんあります。始まってもいないことで悩むのは無駄、と気楽に考えてみましょう。

8.落ち込みの原因を冷静に分解してみる

今、自分は不安なのか、迷っているのか、それとも戸惑っているだけなのか。モヤモヤを大きく漠然と捉えずに小さく分解して、取り扱いやすいサイズにしましょう。具体的な悩みが分かると対処法もわかってくるはずです。

9.ふたりの将来を想像する

想像でも、絵に描いたりしても構いません。ふたりが結婚をして、仲良く過ごしているという未来を考えてみてください。それだけで何か温かい気持ちになれることも。想像ではありますが、前向きなオーラを纏うことができるでしょう。

10.急激な変化を避ける

結婚が決まると、指輪を選ぶ、式場を選ぶ、親に挨拶をする…と急激な生活の変化が訪れます。元々マイペースなタイプにはこの変化は中々辛いもの。無理をせず、後回しできるスケジュールは後回しに。ゆっくりと自分のペースで進め、急激な環境の変化を避けましょう 。

11.時間が解決するのを待つ

辛いことがあった時「時間が解決してくれた」という経験を持つ人は多いはず。マリッジブルーも考えすぎずに、毎日を大切に生きていればいつの間にか不安感が消えていた!なんてことも。焦りすぎなくても大丈夫です。

12.不安事について考え過ぎない

不安要素にばかりずーっと考えてしまうのは、心身ともに良くありません。基本的にマリッジブルーは時間が経つとともに解消されるものなので「彼と結婚したい」という気持ちが揺るぎなければ「杞憂」と流してしまうのも一つの方法です。

また結婚や結婚準備と全く関係ない、好きなことをするのも良いですね。今の独身という立場だからこそできる「結婚したらできなくなりそうなこと」に挑戦してみるのもアリです。

別のこと集中することで、結婚について考えることを止められたら、ちょっと気分が楽になります。結婚や挙式日が近付くにつれて、何でも「結婚一色」になってしまうので「結婚準備と何も結び付かないデートをする」「『結婚』や結婚に関するキーワードを一切出さずに会話をする」という過ごし方も効果的です。

13.親や友人に話を聞いてもらう

マリッジブルーになると、人と話すことも億劫になってしまうのですが、何でも自分で溜め込んでしまわず、親や友人に愚痴ったり、相談したりしてみると、気分がすっと楽になるものです。

すでに結婚している人が身近にいれば、結婚前後の時の話をしてもらうのも、参考になると思います。「今は忙しい時期だろうから」と連絡を控えてしまうものなので、自分から連絡を取ってみましょう。その際に重要なのが同性の友人に話を聞いてもらうこと。

「マリッジブルーで気分が落ち込んでいる時に、優しく話を聞いてもらった男友達と浮気をしてしまった」というのは、意外にもある話らしいので、そのような過ちを犯さないためにも、相談する相手は良くよく選びましょう。

14.好きな気持ちを思い出す

彼に対して不安感を頂いている時は、自分が結婚を決意した時のことを今一度思い出して みましょう。なぜこの人と結婚しようと思ったのか。自分は彼の何が好きなのか。プロポーズされた時どんな気持ちだったのか…。忘れかけていた、純粋な「好き」の気持ちを思い出すと、気分が変わるかもしれません。

彼の事が大好きすぎる事で不安だったり幸せだったり色々な気持ちがあります。彼氏が大好きすぎる彼女のの記事まとめでは彼氏が大好きすぎる彼女の為に人気の記事をまとめました。

15.相手ときちんと向き合い、話し合う

一番のマリッジブルー解消法は相手に「今、自分が思っている不安なこと」を正直に伝えること。話し合い、互いの考えや気持ちを確認し合うことで、安心感が生まれれば、マリッジブルーの原因の根本である「不安感」に打ち勝つことができます。

まとめ

初めての結婚は何かと戸惑うことが多く、不安になることは仕方ありません。夫婦になれば、今後、さらに色々な難題や困難を乗り越えなければいけないので、マリッジブルーは「結婚することによって、二人が出会う初めの困難」として二人で向かっていってみてください。


たしが想像していた生活と全然違う・・結婚楽しくない?楽しい?理想と現実、結婚生活7つの違いではどんなことに理想と現実の違いを感じるのでしょうか。7つの違いを紹介していきたいと思います。

結婚前は、ちょっと心配もしたけど想像してたより結婚生活がすっごく楽しい!!結婚生活が思ってたより楽しすぎる6選では一体どんな楽しすぎることがあるのでしょうか。うれしい!たのしい!大好き!なラブラブハッピー生活を見てみましょう!