愛する人との結婚は、夢が膨らみ楽しい結婚生活に心を弾ませます。しかし、いざ結婚生活がはじまると辛いことも多いですよね。そこにはさまざまな不満と理由があるのでしょう。

そこで、辛いと感じた時、どのように対応すれば幸せになれるか考えてみました。今回は、結婚後途中から結婚生活が辛くなること、その対策を併せてご紹介します。悩んでいる方、夫婦円満への第一歩として、是非参考にしてみて下さいね。

①夫婦間の価値観が異なるのが辛い

旦那との結婚生活が辛い妻

一緒に生活をしていると生活習慣などの価値観の違いを感じ、辛く思う場合もあります。そもそも異性である夫婦の価値観は異なります。

価値観が異なるからこそ、結婚した意味があると考えてみてはいかがでしょうか。人間は、異なる性格の異性を選ぶようにプログラミングされていると言われています。

異なるDNA同士の子孫は多種多様となり、生き残る確率が高くなるからです。結婚生活では夫の価値観を「そういう考え方もあるんだ」と受け取ると、あなたの視野+夫の視野、2倍の広い視野で問題に対応できます。これこそ男女の「補完関係」の土台となるのです。

結婚生活が価値観により辛くなった時の解決策

結婚生活での価値観の違い

・夫に「してほしいこと」伝える

あなたはどのような夫婦生活にしたいですか?無粋な夫に「女心を察して」と要求するのは難しいもの。夫には具体的にしてほしいことを伝えましょう。

・夫のことを知る

夫の考え方の理由や生い立ち、仕事のこだわりを知っていますか?夫は女心がわかる男なのか無粋な男なのか、意地っ張りなのか素直なのかを分析するために、まずは情報を集めましょう。「そうなんだ」など相づちを打ちながら話を聞く、そして夫に自慢話をさせると簡単にそれが収集できます。

・あなたと夫の2人の新たな価値観を作る

価値観は年齢と経験、環境で変化します。譲れないあなたの結婚生活の価値観は、親や周囲からすり込まれた価値観かもしれません。「今は2人で作っていく価値観の情報収集の最中。価値観が平行線でもOK」と考えて、夫の話に耳を傾けましょう。

・結婚生活での夫のことを認める

他人とひとつ屋根の下で暮らすには、相反する相手の価値観や生活習慣を認めることが基本。それを知りながらも否定したいのが人間です。そんな時は、あなたの考えが夫に届きやすくなる会話術を意識してみてください。

まずは、あなたが幸せになることに集中しましょう。次に、女心を察するなど夫が難しいことは諦めます。夫が発するほとんどの言葉の裏には「自分は正しい」という心理が隠れているため、その心理を利用するのです。

認める言葉

  • 確かにそうだよね
  • 正論
  • 論理的

などを伝えることにより夫のことを認めます。その後、あなたの考えや望みを伝え

  • 安心する
  • 嬉しい
  • 助かった
  • 好きだから

という言葉で夫を喜ばせると、夫が「そうだね」と言う可能性が高まります。ひとつの価値観に囚われて「この人とは合わない」と、簡単に関係を終わらせないでください。まずは夫の意見を受け取ることからスタートしてみましょう。

②夫の態度が結婚前と違うのが辛い

夫の意識が2人の生活のために仕事などに向き、通常モードの男性の愛情の形に戻っただけです。夫の真の愛情は変わっていません。一方、あなたも結婚生活を送っている間に結婚前と変わったのではないでしょうか?

というのは、結婚するまでは彼に合わせ、結婚したらご自分好みの生活を常識と考え、夫の考えを非難する傾向が女性にあります。このような時は、以下の対策方法があります。

結婚生活で結婚前と夫の態度が違う時の解決策

結婚生活に冷める旦那

・夫の愛情を見つける

女性は甘い言葉を望みますが、責任ある男性は行動で愛を表し、責任が伴います。その愛は地味で地道で実直です。例えば生活費の大部分を負担したり、妻に配慮した運転しやすい車や住居を選んだりします。

人は安易に「普通」と言いますが、失ってはじめて「普通」の価値の重さを知る方が多いです。結婚生活を楽しみながら地道な愛に気づき「私は愛されている」と実感してください。

・妻から甘い言葉がけをする

甘い言葉には

  • おはよう
  • おいしいね
  • がんばっているね
  • ありがとう

なども含まれます。家庭でこれらの言葉を言える夫は多くありません。まずは妻からの頻繁な言葉がけをオススメします。

そのとき、そのような言葉に対して「わざとらしい」と反応する夫は甘い言葉を言う性格ではありません。夫のプラスの言動だけを事実として伝えましょう。逆に、頻繁な言葉に対して夫が違和感を抱かなければ、どんどん褒めましょう。そうすると夫からもあなたへの愛の言動が出てくるはずです。

いずれにしても、夫の愛情は行動に隠れています。まずは愛情探しよりも「私は愛されている」と信じること。そして、あなたから甘い言葉がけをして夫婦恋愛を仕かけましょう

③義母やご近所の人間関係が辛い

誰でも義母には気を使いますよね。でも結婚は、夫の実家やご近所との付き合いとセットです。人付き合いが怖い、苦手と感じる方は、何かしらのワケがあるはず。

  • たとえば人が怖い⇒
  • パワハラで否定された⇒
  • 義母に否定されることが怖い⇒
  • 本当は『よい嫁』と認めてほしい

という心理。この場合「私はよい嫁と認めてほしいから、否定が怖いのだ」と理由がわかるだけで、心の整理ができます。下記の対策もご参考にして下さい。

結婚生活で義母やご近所の人間関係が辛い時の解決策

結婚生活で義母を好きになれない

・夫との信頼関係作り

夫への信頼が強くなれば、ほかの付き合いをシンプルに考えられます。

そこで「2人の生活を大事にしたいから、無理なく付き合えることだけでいい?」と夫に援護を頼むのもいいでしょう。夫の実家や近所の人などと無理なく付き合えること、努力すれば付き合えること、付き合えないことを書き出します。

それを基に今のあなたの気持ちを伝えるのです。このとき、夫の実家や近所の人の悪口は厳禁、わがままで結婚に向かない女性だと誤解されてしまいます。「夫婦2人の生活を楽しみたい」などの理由がベストです。

・第三者に相談する

それでもダメな場合は、インターネットの相談サイトに相談する手があります。きっとあなたの気持ちを代弁する多くの回答がくるはずです。それを第三者の意見として夫に読んでもらいましょう。

一番やってはいけないことが、自分の実家へ入り浸ること。親離れしていないと思われるだけでなく、ご両親が夫婦の生活に介入しコトが大きくなります。

夫婦関係の絆を強めてから、徐々に夫の両親に「愛する夫を育ててくれた感謝と尊敬」を持って接すれば、よい関係ができるはず。ただし、地域文化が合わないときは距離を置いたほうが無難です。

④家庭と仕事の両立が辛い

共働き夫婦が多い現代では、家事などが一方的に女性側の負担となり、辛いと感じてしまうことがよくありますよね。結論は、妻が潰れると家庭が崩壊するので、仕事も家事もよい加減で行いましょう。

結婚生活の家庭と仕事の両立が辛い時の解決策

・家事に慣れる

結婚前に実家で暮らしていた人は、まずは家事に慣れましょう。また、結婚生活ではスーパーのお惣菜や冷凍食品、お弁当の活用、ロボット掃除機や家事の外注、夫との家事分担、親の援助など対策を夫婦で練るのも解決策のひとつです。

・仕事のスキルアップ

結婚後に仕事をはじめたという場合は、仕事力を上げることを優先しましょう。住む場所を工夫して通勤時間の短縮を図るのも良いでしょう。仕事量を減らしたい場合は、社内の配置換えや転職という選択もあります。

まとめ

結婚生活で旦那が大好きすぎる

結婚生活は夫婦2人の協同作業。妻がひとりでがんばっていると、辛いと感じることが多くなります。だからこそ、夫の理解が必須です。夫に不満をぶつけるだけでは事態は悪化します。

夫に「察してほしい」ではなく、主体的にご自身の考えや希望を具体的にわかりやすく伝えることから2人の人生がスタートするのです。

結婚楽しくない?楽しい?理想と現実、結婚生活7つの違い結婚生活の理想と現実

結婚後に、あれ?わたしが想像していた生活と全然違う・・と感じた方いますよね。結婚楽しくない?楽しい?理想と現実、結婚生活7つの違いでは結婚したら、こんな生活が待ってるんだと思った奥さんたちは、どんなことに理想と現実の違いを感じるのでしょうか。違いを紹介していきたいと思います。

毎日うんざり!結婚生活がつまらない時の解決法8つ!結婚生活がつまらない

「大好きな人と結婚したはずなのに、最近なぜだか結婚生活がつまらない・・」毎日顔をあわせる夫とうまくいっていないと逃げ場がなくて、なかなかしんどいですよね。毎日うんざり!結婚生活がつまらない時の解決法8つではどうすればもっと夫婦生活を楽しくすることができるのでしょうか?その解決法を紹介します。

男が結婚生活を疲れたと思う理由8つ男が結婚生活を疲れたと思う瞬間

いつも旦那が不満そうな顔をしていると感じた時。もしかすると、あなたの旦那様は結婚生活に疲れているのかもしれません。男が結婚生活を疲れたと思う理由8つでは何故男性は疲れたと感じてしまうのでしょうか?またどのような時にそう思ってしまうのでしょうか?男が結婚生活を疲れたと感じる理由を紹介します。