ママ友付き合いが始まると、どんな形で主婦をしているかで派閥のようなものができたりします。大きく分けると、仕事を一切していない「専業主婦」、パートやフルタイムで働きながら家事をこなしている「兼業主婦」の2つです。

後者の「兼業主婦」から見ると「専業主婦」のママ友の話していることが、たまに癇に障ったりイライラすることがあるんです。

今回は、専業主婦のママ友がウザイ6つの特徴をご紹介します。専業主婦のママ友がウザイと思ったときの対策も一緒にお伝えしますね。

①専業主婦がウザい点は園に預けることを否定される

「子どもは、少なくても3歳くらいまでは一緒にいてあげた方がいい」という昔ながらの古い考え方を持っているのは、年上のママ友の特徴でもあります。

そのママ友が持っているポリシーを、何の事情も考えずに押し付けてくるのです。「こんなに小さいうちから園に預けるなんて、ちょっと子どもが可愛そうなんじゃないの?」なんて心から心配してるみたいな顔をして言われたらウンザリしてしまいます。

②専業主婦がウザい点は経済的に余裕があることを自慢する

ウザい専業主婦のママ友は経済的に余裕

兼業主婦は、子どもが夏休みだといっても働きに行かなければなりません。そんな中、「今度の夏休みは、またハワイに行って来ようと思ってるの」なんて専業主婦のママ友から自慢とも取られかねない発言をされたら、兼業主婦のママ友ならカチンと来ます。

こっちは、パートで地道に稼いだお金で頑張っても東南アジアの安いパッケージ旅行くらいがやっとなのに・・。旅行や、ホテルのビュッフェでランチなどの写真をSNSでアップしてくるママ友。本当にウザイです。

③専業主婦がウザい点はカフェやレストランで長話

専業主婦は時間にも余裕がたっぷりあります。昼間のカフェやレストランには、必ず主婦たちの集まりを見かけますね。勿論、全ての人が専業主婦とは限りませんが・・。

専業主婦たちの話の内容を聞くと、子どもや旦那、それに姑の愚痴。参加していないママ友のうわさ話や悪口といった、あまり生産的とは思えない会話をすることが多いんです。

働いている人と比べて、見る世界が狭いので会話の内容も偏りがちになります。兼業主婦から見たら、くだらない話ばかりに聞こえてしまいます。

④専業主婦がウザい点はリア充アピール

働いてるママ友に比べたら圧倒的に時間に余裕があるはずの専業主婦のママ友。でも「暇人」と思われたくないという気持ちもあり「リア充」をアピールしてくるママ友がいます。

月曜日はフラワーアレンジメントの教室があって、火曜日は料理教室、水曜日は・・などと、私にもこんなに予定が詰まってるんだと自慢げに話す専業主婦のママ友。働いているママ友から見たら、それのどこが忙しいんですかとツッコミたい気持ちになります。

⑤専業主婦がウザい点は家庭の自慢話をする

専業主婦は、子どものケアもしっかりできるので