「これは恋の病?」と初めての感覚に戸惑う方も多い、恋に落ちると変わる日常の変化。

楽しい事も、切ない事も恋をすると多感になって、アップダウンの激しい毎日に自らが振り回されてしまう事も…。

症状を知って対策が取れたら、重症化しないで済みますよね。良くある症状をまとめてみました。

何も手につかない

恋をして、一番初めに悩む症状がこちら。いつも通りに動いているつもりが、失敗ばかり…。それは恋をして、気持ちがそちらにばかり傾いていて、常に「うわのそら」状態になっているからなのです。

誰もが経験したことがあり、集中力が散漫になるため、受験生やスポーツなどの大事な時期に「恋愛禁止」と言われるのは、この為です。対策方法は、「時期を待つしかない」です。

初めは舞い上がってしまって、集中力が散漫になりますが、数日~1週間と時が経つにしたがって

  • 好きだからこそ頑張ろう
  • 好きになった今だから頑張ろう

とエネルギーに変わって、集中力が高まります。そうなるまでが辛い症状ですが、いずれ落ち着くと思って、いつも以上に注意深く行動する様に心がけましょう。

彼の事しか考えられない

恋をしたら、彼の事しか考えられないのは当たり前だと思いますが、度を越えるとちょっと危険な症状です。

メールやLINEで連絡した後も四六時中、彼からの返事を待ってしまうので、なかなか返事が返って来ないと、不安になって、何度も連絡したくなってしまいます。

何してるのかな?

  • 連絡くれないかな?
  • 連絡しても迷惑じゃないかな?
  • 誰かと一緒かな?

彼からしたら、一緒に盛り上がっていたら、嬉しいと感じる人もいるかもしれませんが、大抵は男性の方が連絡下手ですし、あまりにしつこく連絡を迫られても、負担に感じるばかりです。