プレ花嫁とは挙式前の、結婚式準備中の花嫁の、もうすぐ花嫁になる人に向けた言葉です。プレ花嫁という言葉を使う多くの方は準備に手間と時間をかけて、オリジナリウェディングをあげる傾向が強いです。

最近のプレ花嫁と言われる方達は「インスタグラム」の「ハッシュタグ機能」を利用しているようですね!インスタグラムで#プレ花嫁、#結婚式準備というハッシュタグをつけて、プレ花嫁さん同士がインスタグラム上で情報交換をすることが、増えてきているようです。

そんなプレ花嫁ですが、ネガティブな印象も与えてしまうので、要注意です。今回はうざいと思われるプレ花嫁のインスタグラム上での行動をや普段の言動についてご紹介いたします。

ハッシュタグをとにかく多くつける

うざいプレ花嫁の投稿には、たくさんのハッシュタグをつける方が多いです。結婚式に興味がない友人からすると文章が長くなり、うざく感じてしまいます。フォロワーのことも気にかけて投稿する必要があるようですね。

長期間にわたり準備の投稿

インスタグラムなどでプレ花嫁とハッシュタグをつけて結婚するまでの準備期間、ずっと準備に関する投稿をすることです。時々投稿されるのであれば問題ないと感じる人はいますが、毎日長期にわたり、準備についてアップされているとうざく感じてしまいますよね。

出会いからプロポーズの経緯を投稿

プレ花嫁になった事で出会いからプロポーズの経緯を投稿

彼との出会いからプロポーズまでの経緯をとにかく事細かく書いて投稿。はっきり言って花嫁が芸能人ではない限り、彼との馴れ初めや出会いの経緯なんて他人からしたらどうでも良いです。

  • 素敵な出会いだったから聞いてほしい!
  • サプライズプロポーズをされたの!詳しく話したい!

その気持ちはもちろん分かりますが、このような投稿は避けるべきです。どうしても話したいのなら、仲の良い友人に飲みの席で話すとか、日記に書き留めておくとか、そのくらいにしておいた方が無難です。

ドレスの試着写真を何枚も投稿

人生に一度の晴れ舞台を輝かせてくれるウェディングドレスですから、試着の段階でワクワクして写真を載せてしまう気持ちも分かります。

しかし、他人からとっては心底どうでも良い投稿です。特に「どのドレスにするか迷っています」と言いながら何枚もの花嫁姿をアップするのは最も危険。

身内以外にはただの自慢にしか見えないのです。本当にドレス選びに悩んでいるのなら、新郎や両親、親しい友人に見せて相談する程度にしておきましょう。

披露宴の内容考案の書き込みを投稿

どうせ披露宴をするなら参列者にも楽しんでもらいたいし、素敵な思い出にしたいですよね。しかし、二人で披露宴の内容を考えている様子や披露宴で使用するアイテムの写真の投稿などは他人にとってはどうでもいいこと。特に披露宴に招待していない知人が見ている可能性のあるSNSにはこのような投稿は控えましょう。