「断捨離」といったらお部屋の片付けをして、いらないモノを捨てることですよね。結婚して、主婦をしていたら一度はしたことがあるのではないでしょうか。

実は最近、一般的に使う「断捨離」という言葉を人間関係にも使うんです。人間関係を断捨離するということは、必要のない人間関係を整理し、いらない人間関係を捨てていくという作業です。

最近、ママ友との付き合いも面倒になってきたし一度リセットしたいけど、どうしたらいいか分からない・・。そんな人のために、今回はママ友との人間関係を断捨離する方法をいくつかご紹介します。

①まずは、断捨離は人ではなくモノから!

いきなり人間関係を断捨離しようとするのは、かなりハードルが高いです。ですので、まずは家の中をお掃除しながら断捨離をして「モノ」への執着を捨てる作業を行いましょう。

執着心というのは、モノでも人でも同じこと。本当は全然使わないし自分にとって役に立たないのに、何かに縛られてずっと保管してあるモノというのは、人間関係にも重なるところがあります。

一度、自分の所持品を整理してスッキリすると、自然と自分の心も整理されて気持ちが軽くなります。部屋だけでなく、人生までもシンプルに生きたいと思うようになるのです。まずは、ここからスタートです。

②自分に必要なママ友は?断捨離したいママ友は?

ママ友になりたい人を選ぶ基準素敵な人がいい!ママ友になりたい人を選ぶ基準

ママ友に対する断捨離の判断の規定概念として

  • ママ友は多い方がいい
  • ママ友グループの中にいたほうが何かと有利な立場にいられる

と考えていませんか?ママ友集団を作ると、まず自分に入ってくる情報量が違ってきますし、より豊かな人間関係を形成しているんだと錯覚してしまいます。でも、ママ友は多い方がいいという考えは間違いです。

情報とは言っても、実はほとんどは必要ない、役に立たないものがほとんどです。それに、ママ友グループの人数が多すぎると話をあまりしないけど行動は一緒にしているという人まで現れます。自分に必要なママ友、自分に合うママ友だけに絞ってください。

③断捨離したいママ友と距離を置く

価値観が合わないママ友価値観が合わないママ友あるある

ママ友グループが出来上がると、頻繁にお誘いがくることになり1週間に何度も集まることもあります。完全にママ友を断捨離する前に、特定のママ友あるいはママ友グループ自体から距離を置いてみましょう。

今まで、定期的にママ友に会っていた時間に空白ができることで、流れに任せてママ友たちとお茶したりランチしたりしていた時間は自分にとって一体どういう時間だったのかを冷静に考えることができます。