幼稚園ママと保育園ママ、お互いになんとなく距離を感じていませんか?

  • 何か大きな事件があったり
  • 原因があったり

したわけではないのに、避けてしまうこともあるかもしれません。保育園ママに避けられている気がする幼稚園ママへ、原因を考察してみます。

小学校入学で、初めて関わる

幼稚園ママと保育園ママとでは、時間の使い方がまったく違います。昼間は子どもを預けて仕事に行き、帰ってきたらお迎えや家事など、他のママと関わることが少ない保育園ママにとって、ママ友と深くかかわりを持つこと自体初めてな人も多いのです。

幼稚園は終わりの時間が早く、お迎えの時間が決まっている場合も多いので、他のママとの関りを持ちやすいですよね。

ですが保育園は、お迎え時間はママやパパの仕事によって違いが出ますし、夕方以降の時間になるので、帰りにママ同士で話すことも幼稚園に比べたら少ないでしょう。同じ保育園ママとも関りが希薄な中、幼稚園ママとはもっとどう付き合ってよいかわからないのかもしれません。

時間に追われ、話す時間が持てない

専業主婦のママ友がウザイ専業主婦のママ友がウザイ6つの特徴と対策

フルタイムで仕事をしているママにとって、学校行事に合わせて休みを取ることが難しいことも多いでしょう。兄弟がいるとなおさら、複数日休まなければいけないのは困難です。行事に行く回数も限られてしまう場合もあるでしょう。

行事に参加できないと、他のママとの関りが少なくなってしまい、話すタイミングをどんどん失っていってしまいます。話せないまま時間が経つと、どう接してよいかわからなくなってしまいますよね。無視しているわけではなく、話しかけられないだけかもしれませんよ。

幼稚園ママグループは怖いと思われているのかも

ママ友グループLINEから抜けたいママ友グループLINEから抜けたい14の方法

同じ幼稚園で小学校も同じだと、知り合いであることに安心し、つい固まってしまいませんか?そんなに話したことがない幼稚園ママでも、共通点があると話は弾みます。そうなると、他のママが話しかけにくい空気になっているのかもしれません。

特に保育園ママから見ると、幼稚園ママは怖いイメージがあるようです。幼稚園ママは関わりが多く持てることからグループに発展しやすいです。ママ友いじめなどのネガティブイメージも幼稚園ママに多いようです。

降園帰りによく一緒に遊んでいるイメージもあり、知り合ったばかりで話しかけるにはかなりの勇気が必要です。がんばって仲良くなろうとしなくても、ママ友がいなくてもなんとかなることも多いので、それで無視されていると感じてしまうのかもしれません。

あえてママ友を作らないようにしている

ママ友は浅く広くママ友は浅く広くの付き合いが一番

保育園ママは仕事を持っているので、ママ友と遊ぶ時間も限られます。がんばらなければならないママ友関係を、あえて最初から作らないようにしているのかもしれません。

平日ランチはほとんど行けませんし、休日は子どもや家族との時間に充てるとなると、ママ友との時間は持てません。

たまに時間が取れても、昔から仲の良い友達と会ったほうが、気を使わなくて済む場合もあるのではないでしょうか。「ママ友」ではなく、「子ども同士が友達のママ」と割り切ったお付き合いにしようとしているのかもしれませんね。

まとめ

保育園ママには無視される

保育園ママは子どもが1歳前後から仕事に復帰するケースが多いので、ママ友ができても中々時間が持てません。同じ保育園同士でのママ友はいるでしょうが、深くかかわる時間は、幼稚園ママより少ないですよね。

幼稚園ママが思っているママ友関係と、保育園ママが思っているママ友関係には隔たりがあるでしょう。同じと考えると、避けられている・無視されていると感じてしまうのかもしれません。その固定観念を取り払ってお付き合いできるのが理想だと思います。

幼稚園と保育園では違う??保育園ママの特徴保育園ママの特徴

保育園は、両親が仕事などの理由で日中の保育が難しいため入園することがほとんどです。幼稚園と保育園では違う??保育園ママの特徴では子どもの成長とともにママが悩む問題です。では幼稚園と保育園ではどんな違いがあるのでしょう?

仲良くなりたい保育園ママの特徴仲良くなりたい保育園ママ

保育園ママはフルタイムで仕事をしていることがほとんどです。仲良くなりたい保育園ママの特徴ではそんな保育園ママでも、好印象なママはいませんか?関りが少なくても仲良くなりたい!と思えるママの特徴を調べました。

幼稚園のママ友との付き合い方を考える3つのポイント幼稚園のママ友との付き合い方

幼稚園のママ友との付き合い方について考えていくお話です。幼稚園のママ友との付き合い方を考える3つのポイントでは幼稚園のママ友との付き合い方のポイントを3つに分けて考えていきましょう。