恋愛をしていると、相手との関係が上手くいかなかったり、喧嘩をしてしまったりすることがあると思います。

喧嘩をするとイライラに任せて、思ってもいないことを言ってしまいつい謝れなかったり、相手のせいにしてしまったりして、自分の気持ちに素直になれなくなります。

彼氏が怒るのにはきっとそれなりの原因があるはずです。そして、それを上手く解決する事ができたら、喧嘩することなく上手いように過ごす事ができるでしょう。

ここでは、彼氏が怒る原因と彼氏が怒った際に彼女はどのように対処し謝ればよいかをご紹介していきます。

1.デートで遅刻して彼氏を怒らせてしまったときの対処法

デートの遅刻が許される言い訳デートの遅刻が許される言い訳は2つだけ!後は全て逆効果!

デートはカップルにとって特別なものです。二人の関係をより親しくし、お互いの気持ちを再確認する時間です。

もちろん彼女だけでなく、彼氏側もとても楽しみだと思っているはずです。そんな楽しみにしていたデートに、彼女が遅刻してきたなら、怒ってしまうでしょう。

遅刻した分、二人の楽しみにしていた時間が削られてしまうわけですから、怒るのも当たり前です。もちろんこの場合は、ちゃんと彼氏にすぐ謝る事が大切です。

遅刻してしまった理由をちゃんと話せば彼氏も許してくれることでしょう。デートの待ち合わせをする際、相手が先に待っていてくれたらとても嬉しい気持ちになりますよね。それを自分も心掛ければ彼氏も喜んでくれるはずです。

自分がしてもらって嬉しい事は、彼氏もされたら嬉しいはずです。是非心掛けましょう。一度や二度の遅刻は、まだ怒るだけで済むかもしれませんが、それが毎回、繰り返されたら、彼氏も呆れてしまうかもしれません。一度起こした間違いは繰り返さないように注意しましょう。

2.つい彼氏のことを悪く言ってしまって彼氏を怒らせてしまったときの対処法

イライラしてしまうと、つい心にも無いことを口に出してしまいます。心が不安定になっていたり、自分の不安を押しつぶしている時、気持ちは暴走してしまいます。

それを理解してくれる彼氏もいるかもしれませんが、自分のことを悪く言われたら良い気持ちにはならないはずです。つい、言ってしまったことは仕方がないですが、それをちゃんと謝れるかどうかが大切です。

本当はそんなことを言いたくなかったのだと、説明をするべきでしょう。どんなに信頼できる関係であっても、相手の悪口は言うべきではありません。

誰しも良い面と悪い面を持っていて、悪い部分も否定ばかりするのではなく肯定をするべきです。治してほしい部分や気に入らない部分があるかもしれませんが、そういったことは怒りに任せて言うものではありません。