子供は無邪気で見ていてほっこりするものです。特に我が子は1番可愛くて愛おしい存在ですよね。しかし、育児は楽しい事ばかりではありません。

子供を相手にするわけですから大人と違ってきちんと理解してくれないし、まだ幼すぎて言葉が喋れない子供だと余計に参ってしまいますよね。ここでは育児で子供にイライラしてしまう事とイライラしない為にしたい事を紹介していきます。

1.言っている事を理解してくれない

先ほども話に出しましたが子供はまだ大人の言っている事を十分に理解する事が出来ません。

当たり前の事ではありますが、毎日育児をしていると言葉が通じないと楽しく話しをする事も出来ないですし、してはいけない事を注意したりしても分かってもらえなかったりしてストレスだけが溜まってしまいイライラしてしまいます。

こんな時には感情的にならない事が大切です。言葉が通じない動物にイライラする事はないですよね。子供も同じように考えて自分と対等に見る事はやめましょう。

2.自分が思う通りにならない

ワンオペ育児当たり前?既に限界!専業主婦でも共働きでもワンオペ育児を乗り切る方法

特に小さい子供を育児中のお母さんは自分の思い通りにならない為にイライラしてしまう事が多いのではないでしょうか。例えば

  • 着替えてくれない
  • オムツ替えさせてくれない
  • お昼寝してほしいのにしてくれない

など自分が思っていた事をしてくれないと計画が崩れてしまってイライラしてしまいます。イライラしていると余計に子供は反抗してしまい逆効果になってしまいます。

先ずは心を落ち着かせましょう。無理にしようとしなくても少し時間を置けば言う事を聞いてくれる子もいますし、優しく声を掛けてあげる事で素直になる子もいます。自分の子供はどんな性格なのかを理解して解決策を探し出す事です。

3.手料理を食べてくれない

せっかく我が子の為に腕をふるって手料理を作っても食べてもらえなかったという経験はあるのではないでしょうか。一生懸命作ったからこそ食べてほしいし、食べてくれない時のショックは大きいものです。

小さい子供だと投げられたり遊ばれたりして余計に腹が立ってしまいます。こんな時には頑張る必要はありません。食べたくない時期もあります。今はお惣菜やレトルトが沢山あります。手料理にこだわらずイライラしてしまうくらいならどんどん頼っていきましょう。

4.成長が遅れている

子供の成長が周りより遅れていると焦ってしまいそれがストレスになりイライラに繋がってしまいます。何か自分に問題があるのではないか、障害を持っているのだろうかと色々考えてしまう事はおかしい事ではありません。

しかし、考え込んでしまっても何も解決はしません。寧ろそれがマイナスになってしまいお母さんも子供もお互いに苦しい思いをしてしまいます。子供は時間が経てば成長していきます。

暖かく見守りましょう。全く同じ人間などいないので成長も人それぞれなのは当たり前です。もし、病気や障害で不安な事がある場合は専門の機関に行き決して1人で悩まない事です。

5.うるさい

子供の叫び声や大泣きを好むお母さんはいないのではないでしょうか。残念な事に赤の他人からすればうるさい子供の声を嫌う人は多いです。

公共の場でうるさくされると子供だから仕方ないと思いつつもうるさいなぁとイライラしてしまう人が殆どなのです。子供の甲高い声は大人をイライラさせてしまう要素があるようです。

お母さんだって一緒ですし、公共の場でうるさくされると周りの目が気になり焦ってしまい子供にイライラしてしまいます。この場合はとりあえず外に出したり人気のない場所に連れていき公共の場から離れましょう。

大声で怒鳴ってしまっては子供をヒートアップさせてしまう可能性もありますし、周りも逆に不快感を持つ人もいます。

6.自分の時間がない

育児中は子供中心の生活になり自分の時間がありません。つい最近まで子供がいなくて自分気ままに行動していたお母さんからしてみると自由を拘束されてしまう育児は凄くストレスなのです。

慣れていない事もあり上手く自分の時間を確保するタイミングも分からないのでただ子供につきっきりになってしまいます。ですが、24時間子供につきっきりだと頭がおかしくなってしまい倒れてしまいます。

何処かで休める時間を作らなければなりません。一時保育の利用やベビーシッターを利用するのも良いですし、少しぐらいトイレや個室など子供の安全を確保した上で1人の空間を作りましょう。

7.部屋がぐじゃぐじゃ

せっかく掃除をしても子供はよく動くため直ぐにホコリが出てしまうし、おもちゃはそこら辺に散らかるしでうんざりしてしまいます。綺麗に掃除した場合を散らかされるのは誰だってイライラしてしまいます。

イライラしてしまい子供にあたってしまうぐらいならば掃除は手を抜きましょう。少し汚くても死にはしません。

子供には片付けを少しずつ教えていけば片付けが出来るようになります。ずっとその環境が続くわけではありませんのでイライラしないように上手く手を抜きましょう。

まとめ

子育てをしているお母さんならば共感できる事ばかりだったと思います。言葉や文字にする事は簡単ですが、いざ実行すると上手くいかない事だらけで大変です。

人間イライラは時間が経てば落ち着きますのでその一瞬を乗り切る事が大切です。子供は1人1人顔も違えば性格も育った環境も違います。その子に合った対応をしていかなければいけません。

この記事が全てその子に合うわけではありませんがイライラして悩んでいるお母さんがいれば1度試してみてはいかがでしょうか。

本当に優しい旦那さんってどんな人?みんなが羨ましいと言う大好きな夫の特徴本当に優しい旦那

せっかく縁があって結婚するのですから、できれば離婚したくないですよね。本当に優しい旦那さんってどんな人?みんなが羨ましいと言う大好きな夫の特徴では後悔する前に本当に優しいベストな旦那になる男性の特徴をご紹介。

旦那が育児しないのに「口出し」イライラ・カッチン7つの言葉旦那が育児しないのに口出し

育児をしないくせに口出しだけは一丁前にしてくる旦那にイライラし旦那が育児しないのに「口出し」イライラ・カッチン7つの言葉では育児をしない旦那に言われたイライラする口出しをご紹介。