ママ友グループやママ友から「いじめ」で困っているママも多いのではないでしょうか?いじめと言うのは大人がするものではありませんが多くの人が集まると発生します。

  • いじめる人の心理
  • いじめられやすい人の特徴
  • いじめがくだらない理由
  • いじめにあった時の解消法
  • いじめをすると因果応報で不幸

をメインにご紹介します。気軽な気持ちで「いじめ」を行っている人や加担している人は自分がいかにくだらない事をしているかよく考えてみてください。

被害にあっているママは読み進めて頂き少しでも解決のお役にたてればと思います。

目次

ママ友のいじめる人の心理6選

ママ友のいじめる人の心理

「いじめ」という言葉は、子どもや学生たちの間のことだけだと思っていたのに結婚してママになってから「ママ友いじめ」という世界があることに気がつきます。

子どものいじめっ子たちは親からの愛情不足など家庭環境が問題で起きることが多いのですが、ママ友たちのいじめも何かしらの「満たされない気持ち」が問題になっているのでしょうか。

ママ友同士でいじめを行うママ友の心理や特徴をご紹介したいと思います。

①ママカーストを作りあげる

いわゆる「ボスママ」と呼ばれるママは、ママ友グループの中のトップにいてボスとしての威厳を発揮して格付けを行います。

格付けされた中には、ボスの右腕になるような補佐役のママがいたり、その下で可もなく不可もなく過ごすママ友がいたりします。

ボスママかの格付けで最下位と位置づけられたママ友は

やはりボスママのターゲットとなるのです。ボスママは、ボスの座に君臨したら最下位にいる者に何をしても構わないくらいに考えているのが特徴です。

最下位とされたママ友はボスママからのいじめに合い、エスカレートするとボスママの周りのママたちも巻き込んでいじめに参加させます。メディアにも何とも取り上げられているママカースト恐るべしです。

②妬みや嫉妬が原因

年収や学歴自慢のママ友夫の年収や学歴自慢のママ友の特徴

誰かを羨む気持ちや嫉妬心というのは誰しもが持っているものです。そういう気持ちを自分自身で処理して普通に生きていくことは大人なら簡単にできるはずだと思いませんか。

でも、現実は違います。結婚して子どもが生まれてひと段落すると、周りのママ友たちの生活が段々見えてきます。

いじめる人の心理はジェラシー

「隣の芝生は青い」という言葉のように、自分にないものを持っている人が目につくようになり、それが原因でいじめに発展することは少なくありません。

ママ友が自分の家よりも裕福に暮らしていたり、子どもがお受験をするなどと聞くと、ジェラシーを感じます。自分より幸せに生きているなんて許せない!と感じて、ママ友を陥れようとするのです。

③家庭内のストレスが原因

ストレスのはけ口として、自分の身近にいるママ友をいじめの対象とするなんて許せない行為です。でも、実際には「旦那さんとの不仲」が大きなストレスとなり、たまたま近くにいた家庭円満なママ友をターゲットにしていじめを行うママ友もたくさんいます。

自分の家庭が円満ではない人が心理的にいじめる

自分は必死に家事や育児を頑張っているのに、旦那さんとはうまくいかないし育児も積極的にしてくれないとなるとストレスが溜まるというのは理解はできます。

そのストレスを何の罪もないママたちに向けるのは問題外ですよね。ひどいケースになると、円満な家庭のママ友は「影で浮気してる」などとウソのウワサを流したりするママもいます。自分と同じようなストレスを与えようという捻じ曲がった考え方が原因です。

④もともと持っている性格が原因

天然のママ友天然のママ友の性格と行動にイライラする

小中学生の頃から性格が悪く、いつも誰かをいじめていた根っからの「いじめっ子」体質の人は結婚してママになってからもなかなか変わりません。

いつでも、誰かを蹴落とすことが習慣化しているママは、大人になってからも常にターゲットとなるママ友を探します。いじめる理由は、とても単純な場合がほとんどです。

いじめる人は単純な自分の心理でいじめ始める

  • なんか生意気
  • なんかムカつく

といった具合に動機は不純です。いじめっ子体質のママにとっては、適当な理由をつけていじめることが目的です。常に誰かをいじめてきた人は、そうすることで自分自身を保とうとしているのです。

本当は自分に自信がなくて、その自信のなさをカモフラージュするためにママ友をいじめているというケースもあります。

⑤足並みを揃えないことが原因

ママ友グループというのは、ほとんどの場合は似たもの同士が集まることが多いです。住んでいる地域や生活水準、子どもの育て方も自然と同じようになっていくし、あまりママ友グループの中で目立つような行動に出る人もいないのが普通です。

違う行動をするママに心理的にムカつくからいじめる

でも、その中で1人だけ他のママ友たちと違うことをしようとするママ友が現れます。例えば、子どもを1人だけ私立の幼稚園に通わせるとか、一緒に社宅にいたのに1人だけ一軒家に住もうとするとか。

そのような団体行動としての秩序を乱すと見なされたママ友には、制裁が加えられます。このようなケースだと団体で1人のママ友を攻撃するというパターンになることが多いです。

⑥子供同士のいざこざが原因

ママ友たちと付き合う上で、子ども同士の付き合いも重要になってくる要素の1つです。子ども同士がとても仲良しだと、ママ友同士の関係も穏便に進んでいくことがほとんどです。

心理的に我が子の敵と認識しいじめる

でも、もし自分の子どもとママ友の子どもが喧嘩して、とても険悪になったらどうでしょうか。やはり、自分の分身のような我が子の敵であるママ友の子に対して敵対心を抱いてしまうだろうし、それが元でママ友同士の関係もぎくしゃくします。

それが、いじめに発展するケースも珍しくありません。子どもの喧嘩は子ども同士で解決しましょうというルールを無視する行為です。

ママ友のいじめる人の心理とは

結婚して、子どもが生まれて親になっても完全な大人になりきれずにいるママたちはたくさんいます。

結婚して子どもが生まれたら、人は幸せになれると考えますが実際は精神的に病んでいるママたちもたくさんいるのです。

やりきれない気持ちを「いじめ」という形で吐き出しているママたちの心理を理解し、根本的ないじめ防止に繋げていけたらいいですね。

ママ友でいじめられやすい人の特徴

ママ友でいじめられやすい人の特徴

「わたし、小さい頃からよくいじめられてきたんです」という話はよく聞きます。そういうタイプのママ友は、やっぱり大人になってママになっても、ママ友たちからいじめられたという経験を持つ人は多いようです。

大人になって結婚もして、幸せに暮らしていけると思っていたのにママ友の世界でいじめによって、またイヤな想いをしなければならないママの存在は無視できません。

ではなぜ、いじめられるママ友が出てくるのでしょうか。そこには、ある共通点があるようです。ママ友たちの中でいじめられやすい人の特徴をご紹介します。

①オドオド、モジモジしている

結婚して女としての自信がつき、そして子どもを産んでますますパワーアップするのが一般的な女性たちの特徴です。

1人の母親として、たくましく生きていかなければという覚悟が生まれるために、多少気弱な性格だった人も積極的にママ友社会に立ち向かう人も少なくありません。

ノリが悪いと思われるといじめられやすいのが特徴

ママ友グループが出来あがると、ママ友たちは有り余ったパワーをママ友トークにぶつけます。ノリノリなトークをしている中で、1人ママ友トークの波に乗れずにモジモジ、オドオドしているママがいたら周りのママたちをイラつかせてしまうことになります。

何度も会ううちに「あの子、いつもオドオドしてて何か気に障る!ウザイ!」なんて思われてしまい、次第にいじめられるという結果になるのです。

②人付き合いが苦手で引込み思案

付き合いづらいママ友付き合いづらいママ友の特徴

ママ友グループが出来上がると、定期的に行われるママ友の集まりには積極的に参加していくことが見えないルール化してきます。

いじめられやすいママは付き合いが悪いと思われる

  • 隣町のカフェで集まりましょう
  • 次は最近話題のレストランでランチ会
  • その次は○○さん宅でホームパーティー

といった具合に、ママ友たちの定例会は終わることがありません。普通のママたちの中にも、毎週ごとに繰り返されるママ友たちの集まりに参加することが苦痛になってきたり、時には行きたくないと思うことも当然あります。

では、性格的にもともと人付き合いが苦手なママはどうなるでしょうか。1回参加しただけでドッと疲れてしまいヘトヘトになって家に帰ることになります。

だんだん、ママ友の集まりの参加を断って家に引きこもることになると他のママたちから「付き合いが悪い」と敵意を抱かれて、いじめに繋がることになります。

③大人しくて気が弱い性格

ママ友グループたちとの会話は、トークを盛り上げる話術や時にはお笑い芸人顔負けのツッコミなどを入れるなどの巧みなコミュニケーション能力を必要とします。

ノリのいいママたちは、少しでもおかしいと思ったことに対しては素早くツッコミを入れて自分の意見を通そうとする特徴があります。

意見をハッキリと言えないといじめられやすい

Aママは、正しいことを言ったつもりで何かを発言しても、Bママの意見によってAママの発言を撤回されてしまうということもよく起こることです。

そんなときに、はっきりと自分の意見を言えない性格だと相手から馬鹿にされたり見下されてしまったりするのです。子どもの頃から、気弱な子たちはいじめられやすい立場にありましたよね。ママ友の世界でもまさに同じことが言えるのです。

④一般的なママより目立つ特徴がある

リア充アピールママ友リア充アピールママ友「うざい」行動と特徴

「出る杭は打たれる」という言葉があるように、人より何か目立つ行動をしたり、見た目として目立つ要素があったりすると周りから叩かれるという法則があります。

派手なママはいじめられやすい

ママ友の中での目立つ要素としては、まず一般のママたちよりも裕福で生活に余裕があるということ。家が大きい、外車に乗っている、ブランドバッグを常に持ち歩いているなど所持品で判断されることもあれば

  • サングラス
  • ハイヒール
  • ミニスカート
  • 派手なネイル

など派手な容姿が目を引く場合もあります。そのようなもので周りのママたちが嫉妬し妬んだ挙句に、いじめに発展するというケースもあるのです。あとは子どもが優秀すぎるということも周りのママ友からの妬みの原因になります。

⑤子どもに清潔感がない

子どもが園に行っている間にお茶したりランチしたりもありますが、たまには子どもたちを一緒に遊ばせようということになりますよね。

親子同伴で公園で集合したり、お友達のお家に集まったりして交流を持ちます。自分の子と遊ぶ相手となるママ友の子どもというのは、重要な位置づけにあります。

子どものお世話が出来ないといじめられやすい

ママ友の子どもがあまりお風呂に入れてなさそうだったり、着ている服が普通異常に汚れていたりすると自分の子どもと一緒に遊ばせたくないという気持ちになるのが親心です。

他のママ友たちも清潔感のない子どものママのことを次第に避けるようになります。いわゆる仲間はずれにされる状態に陥ります。子どもどころか親までもが不潔だと認識されて周りから人がいなくなるのです。

ママ友でいじめられやすい人の特徴とは

まず、1つ押さえておきたいことは「いじめは、いじめる側が悪い」ということです。いじめる側の人は「いじめられる人間にも理由がある」なんて可笑しな言い訳をしますが、それは違います。いじめる側の精神的な問題が、いじめに走らせるのは事実なんです。

お伝えしたのはママ友の中にいたら「いじめられやすい」という特徴であり、このような特徴があるからといって必ずしもママ友からいじめられるという訳ではありません。

それでも、もし自分自身にご紹介したような特徴があるとしたら、いじめられる可能性を排除するのが得策です。それ以上に「いじめる側の人間」を排除することができれば言うことはないのですが。

ママ友がするいじめがくだらない理由

ママ友がするいじめがくだらない理由

子どもの頃に、いじめに加担したことのある人でも普通は大人になったらしなくなるものです。ましてや、結婚して安定した生活があり、子どもも生まれたら親として責任ある行動をしようと考えるのが当たり前。

なのに、ママになってもまだ「いじめ」を卒業できない女性たちがたくさんいます。それに、そのいじめの理由は何ともくだらないものが多いのです。

ママ友がしている「いじめ」がくだらないと感じる理由をいご紹介します。くだらないことにエネルギーを費やしているママがいて、それに付き合わされている被害者がいるという事を忘れてはいけません。

①自分より美人で目立つから

美人ママが嫌われるなぜ?美人ママが嫌われる8つの理由

ママになっても、女であることには変わりありません。独身時代、周りの女友達や職場の女性たちと競い合っていたような人は、自分よりも綺麗で外で歩いていても人目を引くような目立ち方をしているママ友が許せません。

自分より優れている女に嫉妬が理由

わたしだって、独身の頃はイケてたし今だって身だしなみには気を配ってるのに。なのに、あのママは何?なんで、頑張ってる私よりも目立っちゃってるの?!というメラメラ燃えたぎるジェラシーがいじめに繋がるのです。

小学生のとき、クラスでちょっと目立って可愛い子がいじめに合うというのと同じ原理。精神年齢は小学生レベルです。

②地方出身の人だから

地元やもしくは近隣から引越してきて住宅街で暮らしているママ友グループの中に、ある日新入りママが現れます。旦那さんは転勤族ということもあり、かなり遠くの地方に住んでいてそこから引越してきたママさん。

自分を守る為の自分本位な考えが理由

ご近所にいるママ友グループの仲間に入っていこうと友好的な態度でママ友たちと接していても、グループのボスママからすぐに目を付けられることになります。ボスはよそ者が嫌いです。

自分の築いてきたグループの秩序が崩れることを嫌うためです。ただ地方から来たという理由だけでのけ者にしようとする行動は、自分の群れの中に入れまいとする動物の行動と同じです。

③毎日刺激のない生活で暇だから

結婚して専業主婦になり、子どもが生まれてママになると毎日が子育てと家事の連続です。まだ、赤ちゃんの頃は目が離せないし毎日があっという間に過ぎていきます。

暇つぶしでいじめるのが理由

子どもが園に通うようになると時間に余裕ができるママも出てきます。子どもを園に送ったら毎日テレビと携帯を交互に見る生活。たまに、ママ友たちとカフェやランチに出かけても何か足りない。

そんな時間を持て余した人が、ちょっとした刺激を求めていじめに走ることは少なくありません。ちょっと頭がキレて、子育てや家事だけでは自分を持て余してしまうような女性にありがちな行為です。暇つぶしでいじめなんて、くだらなすぎますよね。

④自分よりいい生活してるから

見栄の張り合い見栄の張り合いをしているママ友の特徴

生い立ちがお嬢様育ちの人だったりしたら、周りの人たちの貧富についてあまり興味を持たないでしょう。でも、お金に苦労した人だったら、結婚後に周りのママ友たちの生活ぶりが異常に気になるということもあります。

自分より裕福なのに嫉妬する事が理由

自分の旦那よりママ友の旦那さんの方が

  • 年収が高く
  • 大きな家に住んでいて
  • いい車に乗っていて

という事実が許せないと感じます。羨ましいという感情では納まらずに、自分の方がママ友よりも優位に立ちたいという気持ちが芽生えます。

それを実現させる手段としてママ友をいじめるのです。他人を蹴落とすことで満足感を得るなんて、精神的に幼すぎます。

⑤階級の最下位にいるから

階級というのは何のことかと言うといわるゆ「ママカースト」に存在する階級のことです。ママカーストというものを作ること自体がくだらないのですが、勝手に作り上げたカースト制度の一番下になる最下位のママに対して行う行為はもっとくだらないものが多いのです。

ママカーストのボスママの意向が理由

ママカーストの中に入っているのは何人かになるママ友グループの集団です。集団になると、トップのボスママの言うことを聞いていたら恩恵が受けられる仕組みになっています。

なので、ボスママの意向通りに動くことでママ友の集団いじめに発展していきます。日本にいながらカースト制の中に組み込まれるなんて笑ってしまいます。

⑥旅行のお土産をもらってないから

旅行に行ってきてお土産を渡さなければいけないなんてルールはありません。でも、ママ友グループの中での定番ルールなのに、新入りのママは知らなかったとしたら?

知らなかっただけのくだらない理由でいじめられる

事が本当にあるのかと思いますが、実際にある話です。このような、くだらない損得感情でママ友をいじめようとする人の心理は全く理解できません。

でも、会社で働いたことのある人なら経験あると思いますが職場での「お菓子配り」でも似たようなことが起きます。自分だけお菓子をもらえなかったということを根に持つ人って実際いるんです。心が小さすぎますね。

ママ友がするいじめがくだらない理由とは

誰かをいじめるという行為には、正当な理由などありません。子どもの頃から行われてきたいじめという行為のほとんどは、非常にくだらない理由なんです。

いじめる側の勝手な判断で、何の罪もないママ友を陥れて楽しんでいるなんて人として最低な行為です。もし、あなたの周りで、そんなくだらない事に巻き込まれているママ友がいたらいじめを全力で阻止して助けてあげてください。

当事者はなかなか気がつくことができません。くだらない行為だということは客観的に見ている人だからこそ分かることなのです。

ママ友からのいじめにあった時の対処法

ママ友からのいじめにあった時の対処法

子どもの頃に「いじめ」というものを実際に体験したり、身近で行われているのを見ていたりしたことはあるでしょう。そんな「いじめ」という世界は子ども時代に終わったと思ったら大間違い。

大人になって結婚して子どもが生まれてママになってもママ友たちの間の「いじめ」というものは変わらずに存在しています。もしかして、突然ママ友からのいじめに合ったらあなたはどうしますか??

ママ友からのいじめにあった場合の対処や解消法をお届けしたいと思います。今現在、ママ友たちのいじめの渦に巻き込まれているという方は参考にしてください。

①いじめるママ友に直々に抗議する

ママ友に悪口を言われてる私の事かな??ママ友に悪口を言われてる気がする時の対処法

とても勇気のいることではありますが、いじめる側のママ友に

  • わたしの何がいけないのか
  • 何か悪いことをしたのか

と直接尋ねてみるのも1つの方法であり、いじめを止める効果的な手段でもあります。いじめるママ友は、何も反抗してこない相手のことを少し甘く見ている部分があります。

いじめから脱却するには直接話す事も対処法

調子に乗っているといってもいいでしょう。そんなときに飼い犬に噛み付かれたかのように急に相手から反撃があったら、いじめていたママ友もひるんでしまうはずです。

いじめる側の人間は、相手から抗議されると急に大人しくなってしまう場合もよくあります。「いじめなんて、そんなつもりじゃなかったのよ」と手のひらを返したように優しくなるパターンもあります。

②ママ友としての関係はこれで終わりと割り切る

ママ友としての付き合いというのは、案外短いものです。子どもが同じ保育園や幼稚園に通うというママ友とは、小学校に上がる頃には同じ学校に通うことが決まっていてもクラスが違えば関係も解消されます。

いじめをするママ友とは関係を絶つ事が対処となる

ママ友という存在は、上手く付き合えば一生の友達にもなりえますが、大抵は一時的なとても儚い関係です。一生のお友達というわけでもなければ、この人との縁はここで終わり。

もしかしてママ友グループ全体から嫌われることになっても、いつかまた違うママ友を作ればいいと割り切ることもできます。

「ママ友=お友達」ではなく「ママ友=お知り合い」

くらいに考えておいた方が気持ちが楽です。いじめてくるママは放っておきましょう。

③信頼できるママ友に相談する

ママ友とトラブルママ友とトラブルが発生!よくある相談と対応

いじめられる方のママにとって、ママ友いじめというのはある日突然やってくるものです。気がついたら他のママ友たちから無視されるようになっていたり、陰口を言われるようになっています。

第三者のママ友の目から見てもらうのも対処の一つ

いじめられる側の本人にとっては、何故こんなことになったのかと理解に苦しむ場合も多いでしょう。もしかして、いじめを主導している人がいるママ友グループのメンバーの中に一番信頼できそうなママがいたら、一対一で会って相談に乗ってもらいましょう。

当事者には分かりにくい「いじめの構造」が、第三者であるママには見えていることも多いからです。いじめる側の人物もいじめられる側の人物もよく知っていて客観的に物事を判断できる人のアドバイスは聞く価値があります。解決策が見えてくることでしょう。

④他に相性のいいママ友を探して付き合う

今所属しているママ友グループがまるで世界の中心だと勘違いしてしまいますが、実は他にもママ友グループはたくさんあるし、どこのグループにも所属せずに単独行動をしているママさんもいるはずです。

いじめをするくだらないママ友は友達じゃない!

いじめられる側としては、どうしても今いるママ友グループにしがみ付きたいと考えてしまいがちです。突き放されると追いたくなるという心理でしょう。

新しいママ友を探すのも対処法

でも、ママ友いじめが起きたという時点で、あなたにとってはもうすでに価値のないグループなんです。そこから一旦気持ちを離してみると、一時的に孤独な時期を過ごすことにもなりますが新たな出会いもまた訪れるのです。

恋愛や結婚も同じことが言えますが、何人もの人と出会ってみて初めて真の相手が見つかるものなのです。

⑤地域の相談窓口に相談してみる

大人になってからのいじめというのは、親にも仲のいい昔からの友達にもなかなか話せないものです。相談できる相手がいないと1人で悶々と時間を過ごすことになり、精神的にもだんだん追い詰められていきます。

悪質な場合は相談窓口で相談

そうなる前に、一度きちんとしたの相談員がいる地域の相談窓口に連絡してみることをおすすめします。住んでいる地域の市役所のホームページには必ず「市民相談」という名で問い合わせ先が載っています。

直接行って面談して相談することもできますし、電話相談も可能です。ママ友との問題について市役所の相談員が解決の手がかりや方法をアドバイスしてくれるはずです。

更に悪質な場合は訴える事も対処法

特に悪質ないじめに合った場合は相談窓口や無料の弁護士を訪ねて行くと、法的な解決法をまで助言してくれます。悪質ないじめに関しては法的に戦うことも可能なのです。

ママ友からいじめに合ったときの対処法とは

子どものいじめの場合は、なかなか先生や親にも相談できずいじめが長期化することもありますが、ママ友いじめは加害者も被害者もお互いに立派な大人です。

ある意味、くだらない事に時間と労力を費やすのも馬鹿らしい話です。長期化する前にママ友いじめを解消するための対処を打つべきなのです。

あなたが当事者でなかったとしても、周りのママ友の中にいじめに悩んでいる人がいたら解決に近づくためのアドバイスを是非してあげてくださいね。

いじめの存在を知っていて何もしないで無視することだけは止めましょう。ママ友いじめに苦しんでいる人はきっと身近にいるはずです。

ママ友がいじめをすると因果応報で不幸になる7つの理由

ママ友がいじめをすると因果応報で不幸になる

因果応報という言葉の意味をご存じでしょうか。もともと仏教用語で

  • 因果応報は善い行いをしたら自分に善いことが返ってきて
  • 因果応報は悪い行いをしたら自分に悪いことが返ってくる

という意味で使われている言葉です。主に、悪いことをした人が報いを受けて苦しい状況に置かれたときに「因果応報だ」と使われるのが一般的です。

ママ友いじめの場合にも、結果的に加害者のママが不幸になるケースが多いことから「因果応報」があると考えている人が多いようです。実際、本当にママ友いじめで因果応報が起きるのでしょうか。

ママ友いじめをすると因果応報で不幸になる理由をいくつかご紹介します。因果応報の法則、侮れませんよ。

誰かをいじめることが徐々に反感を呼ぶ

ママ友いじめをするママを、周りのママ友たちはただ見守るばかりです。いじめを間近で見ていても、行動を起こすことができないのです。

因果応報で居場所がなくなる

いじめをしているママに対して、何か意見を言うことは自分の身の危険に繋がるからです。しかし、ママ友いじめがエスカレートしていくに連れて周りのママたちの反応が次第に変わっていきます。

あまりにも酷いことをしている、それはやりすぎだという声が聞こえだして、逆にいじめていたママの居場所がなくなっていきます。

②いじめられたママに同情の声が集まる

誘いを断ると仲間外れ誘いを断ると仲間外れにされそうなタイプのママ友の特徴

いじめている側のママにとって、いじめを行うことにはその人なりの理由があるのです。たとえ「何か知らないけどムカつく」といったような単純な理由であってもです。

因果応報でいじめた側のママが1人外される

でも、その気持ちを理解できるママ友は少なく「何故、そんなにいじめる必要があるのか」といじめられた側のママの方に同情の声が集まります。

そこまで悪い人じゃないのに、そこまでして追い詰める必要はないのではないかと周りのママたちが団結したら、いじめた側のママが1人外される結果になるのです。

③いじめていたママはやがて孤立する

ママ友いじめをしていた事実が広まるにつれて、いじめを行っていたママの周りからだんだん人が離れていきます。そこまでする必要はないと思われるような酷いいじめをしていたママは、本当に非情でひどい人だということがウワサで広がります。

因果応報で友達が居なくなる

そのうち、そのママに人が寄ってこなくなり最終的には誰一人いじめママの周りから友達がいなくなります。いじめをして、相手を孤立させようとした結果、自分が孤立してしまうことになるのですから、これは因果応報と言えるでしょう。

④いじめっ子ママは、その後は誰かにいじめられる

ママ友いじめをしていたママは次第に居場所がなくなり、やがて孤立してしまう結果に終わります。孤立したママは、すっかり勢いを失いママ友たちの中でも存在が薄くなってきます。

因果応報でいじめる側からいじめられる側へ

いじめっ子ママが弱気になったところを狙うかのように、いじめられていたママや、いじめられていたママの味方をしていたママたちが立場を逆転させます。

今までされてきた酷い行いの痛みを思い知れと言わんばかりに「抱腹行動」に出るのです。まさに、いじめっ子ママがいじめを受ける番がやってくるのです。

⑤いじめっ子ママは他の人たちからも信頼を得られない

噂を広めるママ友噂話がすぐに広まる原因の広めるママ友の特徴

すっかり「いじめっ子ママ」のレッテルを貼られたママ友。女の人たちのウワサ話というのは怖いもので、数日経てばかなり広い範囲にまで話が広がります。

因果応報で信用がされなくなる

幼稚園や小学校のPTAのような保護者が集まる場所にまでウワサが広がり、そこから園や学校の先生にまで話が伝わることもあります。

そうなると、保護者たちからの信頼も得られず保護者が関わるような仕事もできなくなります。社会的な地位も失うことになるのです。

⑥旦那や子どもなど家族にも知られる

ママ友いじめをしているママは、常に気持ちは家庭の中ではなく外に向いています。いじめをするエネルギーを家庭内で使えばいいものを、家族そっちのけでいじめに時間と労力を注ぐことになります。

因果応報で家庭崩壊する

やがて家族のことを放ったらかしにしてきた罰がいじめっ子ママに訪れます。ママ友いじめをしていた事実が風のウワサで家族の耳にも入ることになるのです。

陰湿ないじめの場合は、旦那さんからも白い目で見られます。最悪、不仲になり離婚に至るケースもあるのです。家庭崩壊にまで陥ることを考えると十分すぎるくらいの因果応報でしょう。

⑦因果応報が自分の子どもに及ぶ・・

ママ友いじめが家族にバレてしまうことで、周りの子どもたちにも知られてしまうことになります。親が毛嫌いしているママの子どもは、やはりいじめの対象となってしまうのです。

因果応報で自分ではなく子供に帰ってくる

いじめっ子ママが起こした行動が、因果応報の法則で返ってきて自分の子どもにまで悪影響が及ぶとしたら、いじめっ子ママにとっても自分のしたことを後悔する結果です。

親ならば、自分がどうなってもいいから子どもだけは守りたいと思うでしょう。でも因果応報の法則は、それを止められません。

ママ友がいじめをすると因果応報で不幸になる理由

因果応報とか天罰という言葉は結果論で、実際には悪いことをしても因果応報が起きない人もたくさんいるでしょう。ママ友いじめの場合は因果応報でいじめっ子ママが不幸になったり逆にいじめられたりするケースはとても多いと言えます。

1人の親として生きていく中で、してはいけない事を無視しておくことができない人が多いからです。因果応報という言葉を信じている人が多い理由は、実際に因果応報の報いを受けている人が多いからでしょう。

どうせ信じるなら、悪いことではなく善いことをして因果応報の法則にあやかりたいものです。

最後にママ友からいじめられて仕返しを考えている方へ

ママ友からいじめられて仕返し

ママ友グループなどのママ達からいじめを受けて辛い、苦しい思いをして仕返しを考えてしまう事は普通に当たり前と思います。しかし復讐をする為にいじめ返すなどは行わないようにしましょう。

因果応変であなたにも帰ってきます。いじめが解消が出来ない場合は

  • 距離を置く
  • 友人達に相談
  • 旦那さんに相談

をしましょう。相談する人がいない場合はネットの掲示板などでも良いので自分が感じている事を複数の方から意見を貰うのも「いじめ」解決に繋がります。

いじめ返す事も因果応報となりますし後で自分も苦しむ事となります。ご紹介したように自分に落ち度が無くとく些細な事でいじめは、発生します。

自分一人で抱え込まないで、いじめる相手のママを恐れる必要はありません。自分の人生を楽しく過ごせるように問題を解消し楽しく過ごしましょう。

ママ友は浅く広くの付き合いが一番ママ友は浅く広く

ママ友ってどれくらいの数いたほうがいいの?ママ友は浅く広くの付き合いが一番ではママ友は浅く広くの付き合いが一番な理由をご紹介。

本音で話せるママ友は必要か?どこまで話す?旦那と子供の事は?本音で話せるママ友

ママ友とプライベートな話をどこまでするか悩みませんか?本音で話せるママ友は必要か?どこまで話す?旦那と子供の事は?では、どこまで話すのが適当か、また話す時の注意点をご紹介します。

誘われない…避けられてる??ママ友グループから仲間はずれ対処法仲間はずれ対処法

仲間はずれにされる側を経験すると精神的にダメージがあり辛いですよね。誘われない…避けられてる??ママ友グループから仲間はずれ対処法では仲間はずれになる原因や状況、それに対処法もご紹介したいと思います。