年賀状で男ウケを狙う女性は、決して少なくはありません。近年は、年賀状を出す人が減少傾向にあることもあり、尚更男ウケを狙いやすい方法でもあるのです。

モテる年賀状を出すには

  • どうせ年賀状を出すなら男ウケした方が良い
  • 片思いの相手に年賀状を出す時にウケる年賀状を出したい

今回は、モテる女性だけがさり気なく利用している、男ウケする年賀状の内容をご紹介!この記事を参考にして、あなたも新年早々、モテ女に変身しちゃいましょう!

男は年賀状を出さない

女性同士ですと年賀状の送り合いは普通ですが、男性はそうとは限りません。むしろ、年賀状の準備を面倒くさがるので、年賀メールだけで済ます男性も少なくありません。

ここだけに注目すると、「男の人に年賀状を送っても迷惑なだけかな…」と不安になりがちですが、心配する必要はありません。男性も寂しがり屋ですので、自分で年賀状を準備するのは面倒と思いながらも、人からの年賀状は期待していたりするものです。

特に男ウケを意識せずに年賀状を送るだけでも男性は喜ぶので、気になる男性には積極的な気持ちで年賀状を送りましょう。

男性は勘違いしやすい

男ウケする年賀状

悪い癖でもあるのですが、男性は女性に対し、ちょっとしたことですぐに勘違いする性格です。酷い場合は、1度話しかけられただけで自分に気があると勘違いする人もいるほどですが、勘違いによって積極的になり、実際に恋人関係へと発展することも珍しい話ではありません。

彼女ではない女性から年賀状が届いた場合も、男性は勘違いしがちです。特に、気がある風な匂わせメッセージも年賀状に書いておけば、より一層男ウケを狙うことができるでしょう。

上手くいけば、年明けに初めて会った際にデートなどに誘われるかもしれませんよ!

単純な言葉に弱い

男ウケを狙える匂わせメッセージを書きたくても、そのようなメッセージを考えるのは難しいですよね。女性と同じで、男性も単純な言葉にすぐ反応します。

  • 大好き
  • 面白い
  • かっこいい

とプラスな言葉を女性から伝えられると、今まで友達と思っていた女性に対しても、異性として意識してしまうようになるものです。

さすがに「大好き」と伝えてしまうのは大胆かもしれませんが、男ウケを狙う女性の中には、あえてこの言葉を使う人もいますね。

フリーであることを伝えよう

どのような男性に対しても男ウケを狙える年賀状を書いたとしても、彼氏がいる女性に対して男性はあまりキュンとしません。男女間で恋人の有無を聞くのは難しいため、実は彼氏がいると勘違いされている可能性もあるでしょう。

そこで重要なのが年賀状!しっかりと彼氏がいないことをアピールしておけば、新年から異性として見てもらえるようになる可能性がグンと上昇するでしょう。

会いたい気持ちもアピール

男ウケを狙う場合だけでなく、本気で片想いしている相手と仲良くなりたい場合も、次に会う約束をしないと次のステップに進めませんよね。男ウケを狙うのが得意な女性は、自分から積極的に男性を誘える人が多いですが、できれば男性から誘ってほしいのが女心というもの。

そのような気持ちを持つ女性は、年賀状を送る際、さり気なく会いたいオーラを伝えられれる年賀状に仕上げましょう。年明けのスケジュールを書いてみたり、冬の季節に行きたい場所なども書いておくのもいいでしょう。

2人だけの思い出を綴る

年賀状の裏に書くメッセージは、文章が多ければ多いほど、受け取った側にも喜ばれるもの。特に、去年の思い出話で裏面が埋め尽くされていると、「それほど大事に想ってくれているんだ」と思われ、男ウケを狙うことができるでしょう。

最も効率が良い文章は、なるべく2人だけの思い出だけに絞って書くことです。2人だけで出かけたときなどの思い出を振り返ったり、電話で話したこと、偶然帰り道で一緒になった時の会話などの些細なものでも問題ありません。

なるべく多くの思い出話を綴り、最後に、「今年もたくさん思い出作ろうね!」と、最高にかわいいメッセージを添えるとさらに男心を刺激できるはずです。

名前も重要

男ウケを狙って年賀状を書く際、一番重要と言えるのが相手の名前でしょう。メッセージにはなるべく相手の名前も含めるように心がけ、名字ではなく、名前を書くようにするのがポイントです。

いつもは名字で呼んでいる人の場合は、ある意味さらに男ウケを狙っていくことができます。親しみを込めて名前を書くことで、普段とは違うギャップを与えることができるからです。

いきなり名前は恥ずかしいという人も、ここは大胆な気持ちになって名前を書きましょう。

女の子らしさを見せる

基本的に男性は女性が大好きですが、女の子らしい性格の女性は、昔から男性に人気がありますね。巧みな女性は、年賀状を使って女の子らしさを見せているのです。

男性目線での女の子らしさというと、ピンク色やハートなどのかわいいマークを好む女性ですね。これらを前面に出した年賀状にすることで、送った男性をキュンとさせ、男ウケを狙うことができるのです。

年賀状本来の意味も忘れずに

本来、年賀状という存在は、昨年の感謝と新年の挨拶、そして送る人の新たな1年間の成功と健康を応援するお正月の風物詩です。もちろん、好きな人への愛情と感謝を伝える絶交の機会ですが、男ウケを狙いたい気持ちが露骨に出しすぎてしまうと、男性に嫌われてしまう恐れがあります。

今回ご紹介した内容も、全て年賀状に含んでしまうと、露骨すぎるラブレターになってしまい逆効果になるでしょう。年賀状本来の意味を忘れず、ラブレターのようになりすぎないように気を付けながら、男ウケを狙える年賀状を作りましょう。