付き合っている彼から指輪をもらって嬉しくない女性はいません。しかし嬉しい=常に肌身離さず身につけている、というわけではないのです。

彼女が指輪をしてくれなくて落ち込んだり悲しんだりしている彼氏に、彼女がどうして指輪をしないのかリサーチしたので参考にしてみてくださいね。

デザインが好みではなかった

指輪をもらったことはとても嬉しいけれど、好みのデザインでなかった場合日常的につけるは難しいかもしれません。彼女のいつもの服装などのファッションの好みを想像してみてください。

普段から華やかなイメージの彼女に控えめなデザインの指輪を贈ると、ファッションの統一性が出なくなりしづらいもの。逆に控えめな彼女にデザイン性の高い指輪は好まれないでしょう。

彼氏の趣味全開の指輪にも要注意、彼氏に染まりたい彼女ならしてくれるかもしれませんが、そうでない彼女は引いてしまうかもしれません。社会人彼女だと派手な指輪はできませんし、アクセサリー禁止の飲食のバイトをしているとつけない癖ができているのかもしれません。

こんな意見もあります。友達が彼氏からもらった指輪のランクが高すぎて、自分が彼氏からもらった指輪を見せることが恥ずかしい。こればかりは事前にわかることでもないので、回避は難しいですよね。

指輪はおしゃれのツール。気分で変えている

その日の洋服に合わせてアクセサリーも変化します。彼からもらった指輪が浮いてしまうファッションだと、日によってはつけないでしょう。

指輪もファッションの一部と考え、彼氏からのプレゼントとはいっても常につけていないのもありえます。あまり気にし過ぎないのがよいかもしれません。

もしまだプレゼント前でしたら、シンプルで飽きの来ないデザインだと、浮きにくいのでよいのではないでしょうか。

指輪を邪魔と感じる人が増えている?

彼女が指輪をしてくれない

日常生活では案外に邪魔なることが多い指輪、意外に感じる人も多いかもしれません。

  • お風呂で髪を洗うとき
  • 料理をするとき
  • 手を洗うとき
  • 手を使うスポーツをするとき
  • パソコンを打つとき

小さな場面ですがプチストレスを感じますし、飾りがついている指輪は洋服に引っかかり邪魔になるケースも多いです。邪魔になるときだけ外すのも一つの方法ですが、いちいち外すのもまたプチストレスですし、外し忘れて邪魔と感じるのも嫌な気持ちになります。

外したままうっかりつけ忘れ行方不明になってしまう危険もありますよね。特に自宅ではなく外だと危険度も上がります。煩わしさを感じるため、普段はつけないという彼女かもしれませんよ。

大切にしたい指輪、傷つけたくない

日々手を使って生活するので、指輪をしていると色々なところにぶつけます。しかしこれは不可抗力、避けることはできませんよね。しかし彼女は、せっかくプレゼントしてもらった大事な指輪、傷つけるとわかっているのにつけられないと考えているのかもしれません。

彼としては、プレゼントしたのだからつけて欲しいと思うでしょうが、身につけていたいけれど傷も付けたくない複雑な彼女の気持ちを理解してあげてください。

金属アレルギーの彼女かも

もしかしたら、彼女は金属アレルギーだったのではないでしょうか?食べ物のアレルギーと異なり、金属のアレルギーは機会がなければ伝えないこともあるでしょうし、本人にとっては日常化していて伝えることをすっかり忘れている場合もあるのではないでしょうか。

それならばあげたときに言ってくれればと思うかもしれませんが、彼氏がせっかくプレゼントしてくれた指輪だからと言い出せないでいるのかもしれません。まれなケースではありますが、心に留めておいてください。

サイズが合っていなかった?

指輪をプレゼントすると決めたとき、ちゃんと彼女の指のサイズをリサーチしましたか?彼女の見た目や体型、別の友人と同じくらいだからこれくらいかな、なんて予想で指輪を購入してしまってはいませんか?

指輪をサプライズでプレゼントしたい気持ちはわかりますが、サイズはぴったりのものを渡せるようリサーチには手間をかけましょう。また痩せてしまったり太ってしまったりすると、指輪のサイズが変わってしまうことがあります。

痩せてしまい指輪が緩くなり指から抜けてしまうこともありますし、太って指を圧迫されると痛いですし抜けなくなって指輪を切らなければならないこともあるんです。サイズの変更は比較的簡単にできる店舗もありますので検討してみましょう。

時代のせい?指輪をしない女性が増えています。

左手薬指にする指輪には、結婚やパートナーがいることを示しますよね。そのこと疑問を感じている人が増えてきているようです。

結婚したら、または特定の彼氏彼女がいるなら、指輪をして当然なのでしょうか?社会からのプレッシャーやパートナーからのプレッシャーを強く感じてしまうこともあるのです。

指輪をすることは誰に対してのアピールなのか?中には「彼女は彼氏持ち」を牽制する目的でプレゼントする彼氏もいますが、彼女にとってはプレッシャーかもしれません。また左手薬指の指輪をとても大切に考えていて、結婚するまで取っておきたいと考えている人もいますよ。

大切なのはものではなく気持ち

指輪をする・しないに関わらず、彼女に気持ちを感じているなら指輪をしていなくても関係ないのではでしょうか。指輪をしないから彼氏が好きじゃない、指輪をしているから彼氏が大好き、ではないですよね。大切なのは指輪ではなく気持ちです。

指輪をしてくれない彼女へは指輪を一緒に選んでプレゼントするのが一番の解決策となります。指輪が不要であればネックレスなど違うアクセサリーを欲しがります。無理やりサプライズで指輪をプレゼントでは付けてくれない可能性が高くなります。