子供がいるお母さんで必ずと言っていい程苦戦してしまう事の1つが歯磨きです。初めて歯磨きを教える時にも凄く苦労しますね。

歯磨きを教えても子供自身がやる気がなくて全くしてくれないなど悩みは様々ですがお母さんの願いは歯磨きをしてほしい!という気持ちです。

そこで歯磨きをしてくれない事で煮詰まって困っているお母さんの為に歯磨きをしてくれない時に試してもらいたい事を紹介していきます。是非最後まで読んで今後の参考にしてみて下さいね。

1.歯ブラシをキャラクターものにする

もしかしたら既にしているお母さんもいるかも知れませんが、まだ試していないお母さんには是非試してもらいたい方法です。子供はアニメのキャラクターが大好きです。

大好きなキャラクターが歯ブラシについている事で歯磨きに興味を持たせる事が出来ます。無地で大人が磨いている様な普通の歯ブラシでは中々子供の心を掴む事は出来ません。

キャラクターを使って歯磨きをさせる事に抵抗があるお母さんもいるかも知れませんが先ずは歯磨きに興味を持ってもらわないと意味がありません。

試してみる価値はあります。子供が好きなキャラクターのぬいぐるみがある場合はそのぬいぐるみにと共に歯磨きを楽しむのもいいかも知れませんね。

2.歯磨き粉を利用する

今は色々な歯磨き粉が出ていて味も様々なものがあります。子供用の歯磨き粉に多いのが甘いフルーツの味がするものです。歯磨き粉と思えないほどしっかりとフルーツの味がするので子供も嫌がる事なく歯磨きをする事が出来ます。

味はぶどうやメロンやいちごなど子供が好きな歯磨き粉を選んであげましょう。中には歯磨き粉を使わずに歯磨きをさせたいお母さんもいるかも知れません。

甘い歯磨き粉を使う事に抵抗があるお母さんもいますよね。そんなお母さんにはキシリトール入りだったりフッ素が入っているしっかりとした歯磨き粉を見つけてあげるとお母さんも安心です。

ポイントなのが歯磨き粉をお父さんやお母さんが羨ましいと言う態度を子供に伝える事です。子供は自分だけが特別だと思うと使いたくなるものです。

3.歯磨きしないとどうなるかを教える

歯磨きをしなさい!と言われても子供は歯磨きしようとは思いません。寧ろ無理矢理やらされている感じがして歯磨きを嫌いになってしまう子供もいます。

なので歯磨きをしてくれない子供には歯磨きをしないとどうなるのかを教える必要があります。当然歯磨きをしないと虫歯になり歯がボロボロになってしまいますよね。

それを教える為に虫歯の画像を見せてみたり、動画を見せたり絵本や紙芝居などで伝えてみたりすると効果的です。こうする事で歯磨きは大切な事なんだと子供自身も実感する事が出来ます。

4.歯磨きを楽しい時間に変える

子供が歯磨きをしてくれない

歯磨きをしない子供は面倒くさい、退屈、楽しくないからといった理由でしない子が沢山います。そんな歯磨きの時間を楽しい時間に変えてみてはどうでしょうか。例えば

  • 歯磨き表を作って歯磨きをしたらよく出来ましたシールを貼って楽しんでみたり<
  • 歯磨きの歌を歌ったりしながら楽しんだり

と歯磨きは楽しいものなんだと思ってもらえる事から始めてみましょう。子供は自分が興味がある事や楽しいと思う事は自ら進んでしてくれるので是非試してみましょう。

5.家族皆んなで歯磨きをする

家族皆んなで歯磨きをする時間を設けて皆んなで歯磨きをするのもいい事です。皆んなで歯磨きをする事で自分1人だけがするのではなく皆んなと共有出来るので歯磨きをしようという気持ちが湧いてきますし、家族皆んなでする事でコミュニケーションをとる事も出来ます。

仕事で普段あまり子供と接する機会がないお父さんにとっても家族皆んなで歯磨きをする時間を作る事はコミュニケーションを取れるいいチャンスでもあります。皆んなで楽しく歯磨きの時間を楽しみましょう。

6.子供を沢山褒める

子供にとってお母さんに褒められる事はとても嬉しい事です。お母さんに褒められたい為にお手伝いを頑張ったりお片づけを頑張ったりする子もいますよね。

それと一緒で歯磨きをしっかりした時には子供を沢山褒めてあげましょう。少し大げさでも構いません。褒めてあげる事で誇らしい気持ちになりこれからも歯磨きを頑張ろうという意欲に繋がります。

毎日これを続ける事で子供も歯磨きをする習慣を持てるようになります。歯磨きをしないからといって子供を頭ごなしに怒るより、褒めて伸ばしてあげる事も大切です。

7.歯磨きをするメリットを教える

歯磨きをしないとどうなるかを教えると共に歯磨きをするとどんないい事があるのかもしっかりと教えてあげましょう。歯磨きをするといい事があると分かれば子供も進んで歯磨きをしてくれることでしょう。

歯磨きをすれば虫歯にならない、白い綺麗な歯になれる、歯が痛んだり飲み物がしみたりしないなど子供に伝わりやすいようにメリットを教えてあげましょう。特に子供の殆どが歯医者を嫌がるので歯磨きをすると歯医者で辛く痛い思いをしなくていい事を教えると凄く効果的です。

歯磨きをしてくれない子供には色々試そう

子供が歯磨きをしてくれない時に試してもらいたい事を紹介していきました。どれも直ぐに試せる事ばかりなので磨いてくれなくて困っているお母さんは是非試してみましょう。

子供によって歯磨きにやる気を出してくれるスイッチは違うと思うので1つ1つ自分の子供に合った方法を見つけていきましょう。

そして今は磨いてくれなくてお母さん自身も辛いですが子供が毎回嫌がらず楽しく歯磨きをしてくれるように頑張りましょうね。辛いのは今だけだと踏ん張って子供の歯磨き嫌いを乗り越えていきましょう。