この人って本当に話が通じないなと思う時はありませんか?話しをしていても噛み合わない、別の話を永遠と初めてしまうような人です。

話が通じない人は男性にも女性にも、それぞれ特徴がありますが、上手に付き合う為には対処法や特徴をチェックして今後の人間関係に役立てましょう!

今回は話が通じない人を男女別

  • 話が通じない男性
  • 話が通じない女性

それぞれの特徴と対処法などをご紹介します。周りに話が通じない人がいる場合は是非、読み進めてください。イライラしているだけでは疲れてしまいます。

話が通じない男性の特徴と対処法とは

話が通じない男性

誰とも意思疎通ができれば楽なのですが、人間同士のコミュニケーションは決して簡単ではありません。特に、話が通じない男性との会話は、普通に話しているときよりストレスを感じてしまいがちです。

まずは男性の話が通じない人をご紹介致します。職場や学校などで稀に出会う、話が通じない男性の特徴と対処法をご紹介します。

自分に自信満々!

いつも元気なだけでなく、自信に満ち溢れている男性は、客観的に見ても頼もしく見えるものでしょう。しかし、話が通じない男性もこのタイプの人が多く、他人のアドバイスやダメ出しなどに全く耳を貸しません。

仕事に関しても、自分のせいでミスが多発している状況であったとしても、それを自覚することもできず、他人のせいにばかりしてきます。このタイプの人がひとり職場にいるだけでも、職場の空気が険悪なものになってしまうでしょう。

自分の意見を押し付ける

人よりも優れていると自信満々のため、基本的に上から目線な男性も目立ちます。色々なアドバイスをしてくれるものの、他人からのアドバイスには一切耳を貸すこともありません。

人間関係を円滑に進めるためには、連帯感が最も重要です。時には人の意見にも耳を貸し、それに従う必要もあるでしょう。しかし、話が通じない男性はそれができず、自分の意見ばかり押し付けようとしてきます。

職場の先輩にいると最も厄介なタイプで、その先輩が原因で連帯感が生まれない結果、仕事で重大なミスが発生する可能性もありえます。

迷惑をかけても謝らない

何事もミスをしないで生きていきたいものですが、人間である以上、必ずミスをしてしまうもの。もし自分のミスが原因で誰かに迷惑をかけてしまったら、必ず謝罪しなければいけませんよね。

人から注意されて自分のミスに気づくこともあるでしょう。そんな時は少々悔しい気持ちが芽生えてしまうものの、自分のミスである以上、それを受け止めることで成長していくのです。

話が通じない男性は、自分のせいで誰かに迷惑をかけても謝らず、言い訳ばかりを繰り返します。謝ったとしても、本当に悪いと思っているのか疑ってしまうような気の抜けた謝り方しかしないため、余計に話が通じないと思われても仕方がありません。

空気が読めない

小さい子供のうちは、人の気持ちが理解できないのもある程度仕方がありません。成長するうえで「人にされたら嫌なことは絶対にしない」という、当たり前のことを学んでいくものなのです。

場の空気を読むことも、年齢と共に学んでいけるものなのですが、話が通じない男性は、自分中心の考え方ゆえに、大人になっても空気が読めないままです。

上司の前でポケットに手を突っ込んでいたり、繁忙期も自分だけ定時で帰宅するなど、常識がないと思われるほどの無神経ぶりを発揮します。

年上の部下や後輩にもタメ口は当たり前。この辺は社会に出ると仕方ないですが、「空気読んで敬語つかえよ!」と、意外と周囲には思われているものです。

一度だけでは理解できない

話が通じない男性は、性格面で問題がある人が目立つのですが、単に理解力に乏しいだけというケースもありえます。一度聞いただけでは理解できず、酷い人は、3回ほど説明してようやく理解できるという人もいるでしょう。

このタイプの男性は、日ごろから頭を使う機会がなく、勉強が苦手な人に該当します。新聞や小説など文章を読むこともないので、理解力を磨く企画もないのです。

本人には全く悪気がないのですが、何度も同じ話をさせられる側としてはストレスが溜まってしまうでしょう。

焦りやすい性格

丁寧に話をされても通じない男性の中にも、根は真面目な人も存在します。迷惑をかけないようにと努力はするものの、焦りが祟り、やることが空回りしてしまうでしょう。

焦りやすい性格の人ほど、冷静さを失い、仕事でもミスを連発してしまうものです。話が通じなくて相手をイライラさせてしまったら、それがプレッシャーとなり更なるミスに繋がってしまう可能性もあります。

意外とこのタイプの男性は多いので、もし真面目な性格なのに話が通じないと思ったら、その男性のペースに合わせ、相手をイライラさせないような話し方で接してみてください。

経験に差がありすぎる

人間はさまざまなことを経験して成長していきますが、その成長を自分自身で実感できる人はあまり多くはないでしょう。新人の気持ちで長年仕事に取り組んでいるうちに、いつの間にかベテラン扱いされていたという男性も多いはずです。

それでも自分の成長を実感できない人は、自分が理解できることは誰にでも理解できると勘違いしてしまい、少々きつく言ってしまうこともあるでしょう。

話が通じない男性が後輩や同僚にいたとしても、その人たちの性格に問題があるのではなく、自分と相手の経験に差がありすぎて、難しい話に聞こえているだけなのかもしれません。

まずは自分が思う以上に分かりやすく話してみよう

自分の成長しずぎによって話が通じないケースもありますが、それでも性格面で難がある人の方が多いでしょう。職場にこのタイプの人がいると、それがストレスになってしまい、毎日を地獄のように感じると悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ここでオススメの方法は、とにかく自分が思っている以上に分かりやすい話し方で、話が通じない男性と向き合ってみましょう。逆ギレされないように落ち着いて話し、ゆっくりと時間をかけると相手とも意思疎通ができるようになるかもしれません。

難しくてイライラしてしまう恐れもありますが、そこは上手にストレスを解消して乗り越えていきましょう。

話が通じない女性の特徴と対処法とは

話が通じない女性

言葉がある限り、人間同士は意思疎通を行い、分かり合うことができるものですが、意外とうまくいきませんよね。特に意思疎通が困難なのは、何を言っても話が通じない人。職場にひとりは必ずいるタイプですね。

周りからは嫌われる話が通じない人ですが、女性の話が通じないタイプとはどのようなタイプでしょうか??話が通じない女性についての特徴と対処法をご紹介します。

話を聞いていない

日頃から何も考えずにぼーっとしているタイプの女性は、人と会話をしている時でも話を聞かない癖があります。話している本人が大事な話をしている時でも、その重要さも理解できないため、ほとんど流し聞きしているなのです。

それでも、本人は話を聞いたつもりでいるので、「話聞いてた!?」ときつく迫ってしまうと、不機嫌になってしまったり、少し泣きそうな顔になってしまうかもしれません。

他人に興味がない

何となく話を聞いてくれているように見えるものの、実は全く話を聞いていないのがこのタイプ。他人に興味がない女性は、何を話しても話が通じにくく、意思疎通が極めて難しいです。

一見聞き手になってくれていると勘違いする分、話が通じない女性と分かった地点でちょっぴり残念になってしまうタイプですね。

単に話が通じないというより、人に興味がないため、聞いた話を次の日になるとすっかり忘れるのもこのタイプの特徴です。特に酷いと名前すら覚えられないほどですので、社会人にこのような女性がいると、教育するだけで重労働になる恐れがあるでしょう。

自己中心的

話が通じない女性全員に当てはまる特徴ではありませんが、日頃から自分のことしか考えない、自己中心的な性格の女性も少なくはありません。いつも自分を優先したものの考え方のため、他人の話を耳に入れることができないのです。

このタイプの女性は空気も読めないので、自分の好きなことばかり話し、人の話を聞いているときも、急に自分の話に持っていこうとします。自分が感じたことや考えていることしか話せないので、なおさら話が通じない女性と思われてしまうのです。

短気で謝らない性格

話を聞いているようで全く聞いていないうえ、自分のことしか考えない女性に限って、短期ですぐに起こる性格の女性も多いです。

全く話が通じないとこちらが不満を言う前に不機嫌になってしまったり、逆に話が通じない女性側から「あの人は子供だから話が通じない」と思われているかもしれません。

もし話が通じないことが理由でトラブルに発展した際、相手に論破されそうになったとしても、非を認めることはまずありません。徹底して自分を擁護し、最後まで話が通じることはないでしょう。

引きこもり気質の女性

休日は誰かと遊びに行くことよりも、自宅から出ずに趣味にばかり費やす引きこもり気質の人も、話が通じない女性が多い傾向があります。

自分ひとりだけで過ごす時間が多いと、考え方も偏ってしまい、他人の意見を中々受け付けられなくなります。もし誰かに意見されたとしても、それを素直に受け取ることができないので、話し相手からも話が通じないと思われてしまうのです。

被害妄想が激しくネガティブ女性

基本的に考え方がネガティブな女性は、日常的に被害妄想に苦しみ、人の話も冷静に聞くことが困難です。仕事を教えてもらっているときも「絶対に失敗してはいけない!」と心臓をドキドキさせながら聞いてしまうため、空回りして話が通じないと思われるケースもあるでしょう。

また、心の病を自称して周囲にそれをアピールする女性も、話が通じない傾向があります。「自分は心の病だから仕方がない」と甘えた気持ちがるだけでなく、「心が病んでるから許してね!」と周囲にも理解を求めます。

「心の病」という難しい病をダシにしているため、人間性を疑ってしまうほどたちが悪いタイプですね。

話し方の相性

人間の個性は、ルックスや性格だけでなく、話し方にも表れるものです。例えば、女の子らしいおっとりした性格なら話し方も相応のものになったり、強気でハッキリと発言で着る女性なら早口な人が多かったり。話し方で性格が分かるとも言えるうえ、話し方にも相性があるのです。

例に挙げたタイプが最も分かりやすく、おっとりした性格の女性に早口で話しても、話のペースに追いつけないため話が通じないでしょう。逆に強気な女性も、自分とは正反対なおっとり系女子が話すことを否定的に捉えてしまうものかもしれません。

人見知りな性格

少し大人しいうえ、人見知りな性格の女性は、昔から仲がいい友達とばかり話す癖があるため、少々口下手なところがあります。

他人とのコミュニケーション能力も低いため、あまり仲良くない人と話すとき、男女問わず緊張してしまうものです。そのため、話をされても会話よりも緊張感でいっぱいになってしまうため、会話に集中することができないのです。

しかし、それは知り合って間もなければの話。もし知り合ってそれなりに時間が経過していたり、特に相手が人見知りでなければ、単に性格の悪さが原因かもしれませんね。

まずは丁寧に話してみる

ご紹介したように、どんなことでも話が通じない女性は、性格面でも気難しい人も目立ちます。しかし、状況次第では、話が通じないのではなく、その女性がその場に溶け込めていないだけかもしれません。

例えば、職場で別の部署から異動してきた女性に限って話が通じないと思ったら、実はほとんど新人社員で、職場の専門用語なども知らない状態で異動になったということもあり得ます。新人に対し、知識がある前提の話をしてしまっても、話が通じないのは当たり前です。

もしこう思える人だとしたら、話が通じないからとイライラせず、優しい気持ちでイチから説明してあげましょう。

話が通じない人達の対処法とは

話が通じない人達

話が通じない人は色々なタイプがいます。その為にイライラをしているだけや一方的に話が通じないからと見切ってしまう事は得策ではありません。どのタイプの話が通じない人でもじっくりと話して対処を行いましょう!

イライラやムカつく等と思う必要がない話が通じない人も中にはいます。特徴などから、どのタイプの話が通じない人かを見極めて人間関係を円滑に運びましょう!