カップルでワインを頼んで、楽しくワイワイ飲みたい。こういった思いを持っている方たちは多いでしょう。確かに、カップルでワインを楽しむことは悪いことではありませんし、盛り上がることは間違いありません。

さて、そんなカップルで楽しみたいワインなのですが、レストランで頼む際には注意しなければいけないことも少なからず存在しています。

  • レストランでワインのマナーってある!?
  • クリスマスや記念日にはスマートに頼みたい!

ここでは、カップルがレストランでワインを頼む際に注意したいいくつかのことを紹介していきたいと思います。ぜひ、参考にしてチェックしてみてくださいね。

①男性がリードする

レストランなどでワインを頼む際、ホストがゲストに対しておもてなしをする、というのがマナーとして定められています。

例えば、Aさんが全てを仕切っているとしたら、その日はAさんを称えるのではなく、全てAさんがホストのものを選んであげるということになります。つまり、ワインを選ぶのも、ワインを注ぐのも全てがホスト側の仕事という判断になるのです。

しかし、ここで注意しなければいけないことがあります。それが、ホスト側が女性であっても、しっかりとサービスをしてあげるのは男性側である、ということです。

欧米諸国では、男性が女性をおもてなしするのがスマートなやり方であり、特殊な例を除いてデートであれば、基本的に男性が女性に対してサービスを行います。

逆に、女性が男性にサービスを行ったり、勝手にワインを決めたりするのは良くないので注意しておきたいところです。

もちろん、カジュアルなレストランで、店主たちも気にしないようなところであれば良いですが、ある程度のレベルのレストランとなる場合は男性側が女性を気遣ってあげる、というのが一般的となるので必ず注意しておく必要があるのではないでしょうか。

②飲み過ぎないこと

カップルでワインを飲む時の注意点

レストランでワインを頼む時に注意したいのが、居酒屋ではないのでドンドン頼んで、泥酔しないことです。もちろん、酔ってしまうのはアルコール飲料ですので仕方が無いのですが、あくまで食事とのマリアージュを楽しむためのシチュエーションですので、泥酔してテーブルの上で踊りだすことが目的ではありません。

さらに、注文をする時には「すまませ?ん!」といったような居酒屋でビールをおかわりするようなテンションではいけません。

しっかりとソムリエや給仕係と目を合わせて合図を送るか、軽く手をあげて呼ぶのか、どちらかにしてみてください。あまりにも大きな声でソムリエを呼ぶ等、恥ずかしすぎるのでパートナーに大恥をかかせてしまいます。

金を支払っているのはコチラだ、という意見もあるでしょうが、そこは大人としてのマナーを守っておかないと良い客とは見なされないのです。

③テイスティングの仕方に注意

レストランでワインを頼むと、必ずホストテイスティングを行わされます。これは、多くのマナー本で注意されていることですが、やはり美味しそうとか、好みの香りとか、その時の言葉を求められているものではありません。

要するに、これはブショネというコルクカビが発生しているか、これをチェックする作業となります。また、飲み頃のピークを明らかに過ぎてしまっているとか、そいった部分をチェックするためのことであり、自分の好みとは違うとかそういったことを言うのは、大恥どころか出禁レベルの話です。

ここは、注がれたワインを一嗅ぎして、おかしい香りがしなければ、軽く会釈してそのまま宴を続けるようにしてください。

④注ぐのは基本的にはソムリエ

居酒屋などでワインを注文した際、盛り上がってついつい相手にどんどんボトルからワインを注いでしまう、そんな経験をしている方も少なくはないでしょう。しかし、ここで注意しなければいけないことがあります。

それは、レストランの場合、自分のタイミングで勝手にボトルからグラスに注いではいけない、ということです。要するに、レストランでは全てのサービスをソムリエが行ってくれるため、プロはプロに任せて自分たちはその時間を楽しむというのが大人なのです。

例えば、レストランで自分たちが勝手にドレッシングなどをかけることはできません。そのお店の料理は、そのお店のシェフに任せてその味わいを楽しむという流れが一般的でしょう。

仮に、注文すればそういった自分好みの味付けにしてくれることがあるでしょうが、それでもそれを勝手に厨房に入ってドレッシングを持ち出してかけることはあり得ません。

レストランでは、全てのスタッフがプロとして働いており、その店のサービスを最大限楽しむ、という食事の仕方が正しい食事方法となるのです。ぜひ、そのあたりをチェックしてみると良いのではないでしょうか。

⑤こぼしてもソムリエを呼ぶ

ワインを楽しんでいる際、何かの拍子でワインをこぼしてしまう、ということがあるかもしれません。そういった際、注意しなければいけないことがあります。それが、マナー違反とはならないのですが、それを焦って自分の力でふいたり対処してしまうのはマナー違反となります。

仮に、ワインがこぼれてしまったら、ソムリエと目を合わせて、会釈することで相手が気付いてくれ、対処してくれます。ワインを頼む際も、そういった部分を考慮しながら、メニューに目をやって指をさしたり、そういったことで選ぶことが求められます。

あくまで、ソムリエにいろいろと任し、静かに冷静に全てを対処することが求められるのが、レストランでのワインのマナーとなっています。

カップルでワインを頼む時はマナーが大事

ここでは、カップルでレストンを利用した際、ワインを頼む時に注意したい点をいくつか紹介しました。ワインは、ちょっと難しいと思われるかもしれませんが、それでもマナーをしっかりと把握しておけば、レストランでもスマートに食事可能です。ぜひ、チェックしてみてください。