ワインを男性と飲みに行った時、女性と飲みに行った時。どういった感じでワインを飲んでいるのか、覚えているでしょうか。

  • 好きなワインを聞けばいい!?
  • 男が頼む?注ぐのがマナー!?
  • 女性に注いでもらっても大丈夫!?

実は、やり方によってはマナー違反となってしまう注ぎ方があり、恥ずかしい思いをしてしまっている可能性もあるのです。ここでは、ワインは男が注ぐのかなど、そういった注ぎ方について紹介していきたいと思います。

①ホストが注ぐ

普段、居酒屋などでワインを楽しむ際はさほど気にすることはありませんが、基本的にワインを注ぐ立場なのは、ホストとなっています。

ホストというのは、別に夜のお店のお兄さんという意味ではなく、その会を企画した人物をさしています。例えば、男性が女性をデートに誘い、そこでワインを飲む機会があったとしましょう。

そういった機会があった時、ホストが男性ですので、結果的に男性がワインについてエスコートするのが一般的となります。

そのため、女性が気を使って男性のグラスにワインを注ぐことが日本では多いようですが、残念ながらそれは男性が注がないとマナー違反と言われてしまい、なかなか難しいことになってしまうわけです。

男性にとっても、そういったところで女性が注いでくれて気を使える女性だ、と思っているとしたらとても恥ずべきことでしょう。要するに、ホスト側がゲスト側に注ぐのが一般的なのです。

②男性が注ぎましょう

とはいえ、女性がホストとなってワインを注ぐこともあります。それが、仕事関係であったり、相手が年上で連れてこられたり、ビジネスや友達という状態であれば構いません。

しかし、女性側店を決めてくれたからといっても、デートで女性がワインを注ぐのはマナーとしては美しくない、ということで言われているので、かなり注意が必要となっていきます。

ヨーロッパなど、洋食のたしなみとしては、男性が女性側にワインを注ぐことになっており、それが逆転するのは見ていて横暴に見えてしまうことがあります。

男性が呼ばれているとしても、できるだけ男性側がワインを注ぐ方がスマートに見えますし、難しいことを考えずにガンガンやっても良いのです。あくまで、デートで飲食店を訪れた際には、男性は女性側をリードしてあげるのが一般的です。

昔の男のように、何もせずにドンと構えるというやり方では、今の女性たちなどにソッポを向かれてしまうので、男性がワインを注ぐということを心掛けるようにして、頑張って前を向いて歩いていきましょうね。

③スタッフに任せるのも良い

男が注ぐのがマナー

ちょっとしたカジュアルなバルであったり、居酒屋などでワインを楽しむのであれば別ですが、レストランでデートをしている最中というのは、勝手にワインをコントロールしてはいけません。

例えば、レストランなどに行くと必ずソムリエという存在がいるわけですが、彼らがサービスをしっかりと展開してくれるわけであり、そういったプロにしっかりと任せることが重要になってきます。

しかし、そういったことを悪いと思ってしまう男性も少なくなく、自分でグラスが空いたらどんどんワインを入れてしまう、という方もいます。それでも、悪いわけではないのですが、そういった時にはグラスが空いたところを見計らってソムリエに目線を送ってください。

そういうことをすることで、ソムリエがしっかりといるので、それを使ってあげるのがスマートというものです。ガンガン開けるのではなく、そういった時は男性女性問わず、しっかりとプロを利用してくださいね。

④相手が飲むか聞いて注ぐ

デートをしている時、ついつい男性は女性に飲ませてしまう傾向があります。あまり飲めないと、自分との時間を楽しんでくれていない、と思ってしまうからなのかもしれません。

しかし、女性側もあまりにも酔っぱらってしまい、恥ずかしい思いをしたくないということもあります。さらに、そもそもお酒にそこまで強くはない、ということもあるので注意が必要です。

男性がワインを注ぐタイミングは、相手のワインが空になった頃を見計らうところなのです。それでも、飲む際にもう少し飲みますか?ということを、しっかりと相手に確認して、相手が飲むということを理解できたところで、注いであげてください。

その時も、しっかりと注ぐのではなく、多少少なめの方が相手にとっても負担ではないでしょう。体調や話の進み具合などを確認しながら、ぜひワインを注ぐことに力を入れてみてはいかがでしょうか。

⑤ワインを決めるのは男性

ホストとなっている男性であれば、ワインを自分で決めることが求められます。男性の場合、そこで女性に決めさせておけば安心だと思われるのですが、実はホスト側が相手の体調であったり、好みなどを考慮してワインを決めることが重要になっていきます。

女性側に男性がワインを決めさせてしまうと、ホストが逆転してしまうことがありますし、あまりレストラン側にとっても良いイメージではありません。

男性がワインを注ぐということになるのであれば、そういったワインを決める時は、必ず男性側になるようにしてください。

ただし、ワインの好みが分からない時に、勝手に自分勝手にうんちくをたれながらワインを決めるのは、注意が必要です。あくまで、相手や料理にあわせたりして、男性側が選ぶようにしましょう。

また、ソムリエと一緒の楽しく決めて行くと、さらにワインに馴れている、そういったイメージを与えることができるでしょう。ぜひ、チェックしてみてください。

ワインの注ぎ方は色々ある

ここでは、ワインを男性が注ぐのか、ということについて紹介しました。ワインは、ただボトルを開けて自由に飲めばよい、というものではないことが分かったと思います。ぜひ、これからもワインをよろしくお願いいたします。