ずっと働いているのに正社員にしてくれないとこの会社には相応しくないのかな自分はどう思われているのかななどと正社員にしてくれない理由をあれこれ考えてしまいますよね。

今回は何故、正社員にしてくれないのかその基本的な理由をご紹介していきたいと思います。これを読んで自分に当てはまる項目があるかも知れません。最後までしっかり読んで参考にしてみて下さい。

1.やる気を感じない

正社員にするからにはしっかり会社に貢献して働いてもらわなければいけません。どんな人を正社員にしたいかといえば先ずはやる気がある人を候補に入れます。

やらないといけない事をこなしていてもやる気を全く感じなければ正社員にしたいとは思いません。会社の為に一生懸命頑張っている姿を見せる事でやる気を感じさせる事が出来ます。どんどんあなたのやる気をアピールしていきましょう。

2.質問をしてこない

分からないことがあればどんどん質問していく事も大切です。質問ばかりしてきて鬱陶しいと感じる上司はいません。寧ろ分からない事を質問して理解しようとしている姿を見てこの人は正社員になる為に頑張っていると良い評価や好印象を与える事が出来ます。

逆に質問をしてこないで1人で淡々と仕事をしているとこの人は仕事に興味ないのかな正社員にはなりたくないのかなと思ってしまいます。正社員になりたいのならば沢山質問をして上司に好印象を与えていきましょう。

3.メモをとらない

特に最近の若者に多いと言われているのがメモをとらない事です。人に教えてもらったりした場合忘れないようにメモを書いて覚える努力をするべきなのですが、現代では携帯やパソコンなどを使う機会が多いので何かを書く事やメモを取るという習慣があまりありません。

メモを取る事で熱心さが伝わりますし、仕事で失敗する事も少なくなります。正社員になりたいならばメモを取らずに耳で聞いているだけではなくしっかりメモを取って頭に入れていきましょう。メモをしっかりとる姿は周りから見ても好印象を受ける事でしょう。

4.遅刻が多い

会社で働くにあたって1番してはいけない事は遅刻です。どんなに仕事が出来て一生懸命努力していても遅刻が多いと全て台無しになってしまいます。特に上の人達は過程より結果を見て評価しがちです。

努力してきた過程より遅刻が多いという悪い結果だけを見てしまうので正社員には向いてない人材になってしまうのです。ちょっと早めに目覚ましをセットしたり余裕を持って早めに家を出たりして遅刻しないように心がけておきましょう。

5.社交的じゃない

正社員になりたいけどしてくれない

仕事は1人ではする事は出来ません。何かしら人と関わったり、チームとして協力し合って仕事をしていくものです。正社員で働くのならば社交的でいる事も大切です。

淡々と仕事をこなしているだけではチームとして成り立たないですし、何を今しているのか何を考えているのかも分からないので仕事もしにくいです。周りからもとっつきにくい人と思われてしまいます。正社員になりたいのなら社交的になる努力をしましょう。

6.仕事ができない

仕事ができないで失敗ばかりする人を正社員にする訳にはいけません。それなりに仕事ができて、もし失敗したとしても同じ失敗を繰り返さないそんな人を正社員にしたいと会社側は思うでしょう。

その会社で絶対に正社員になりたいと強く希望しているのであれば、同じ失敗をしない事と仕事内容を把握してやりこなすスキルを身につけていきましょう。上司などは見ていないようでしっかりあなたの働きぶりを見ています。

7.性格に問題がある

どんなに仕事ができても性格に問題がある人とは一緒に仕事したくないですよね。人に何かをお願いしたり、お昼休憩をとったり、一緒に作業をしたりと会社の人と関わる事は沢山あります。

その中で人の嫌な事を平気で言ったり、上から目線で見ていたり、口調がきつかったりと性格が悪いと会社の雰囲気も険悪になってしまいます。会社もわざわざそんな人を正社員に採用することはないでしょう。謙虚な気持ちや思いやりの気持ちを持って仕事をしていきましょう。

8.見た目が悪い

見た目が悪いといっても顔がかっこいい可愛い、スタイルがいい人を正社員にする訳ではありません。ですが、見た目はとても大事です。例えば

  • 清潔感はあるか
  • 髪型や髪色や服装は会社と合ってるか
  • 化粧は濃くないか
  • 香水の匂いはきつくないか

などそういった所を見ています。顔にコンプレックスがあったり、太っているからなどそんな事は関係ありません。誰にでも出来る当たり前の事をしっかり心がけておけば問題ありません。

9.上司から嫌われている

上司も人ですから好きな人や苦手な人はいるものです。どんな人でも平等に対応するのが大人ですが実際にそれが出来ている上司は少ないでしょう。

その中で上司に嫌われてしまうと正社員にしてくれない場合があります。逆に上司から慕われていて好意を持たれていると正社員になれる事があります。本当はこんな差別はあってはいけない事ですが、全くないとは言い切れません。上司には出来るだけ嫌われないように心がけましょう。

正社員にしてくれないと思ったら自分磨きが大事

正社員にしてくれない基本的な理由を紹介していきましたが、自分に当てはまりそうなものはあったでしょうか?言われてみれば出来ていないと感じるものもあったと思います。

今それに気づく事ができたのなら今からでも遅くはありません。しっかり改善していき自分を変えていきましょう。周りはあなたを見ています。そしてその変化に気づいてくれる人がいる筈です。1つ1つでいいので改善していき正社員になれるように頑張っていきましょうね。