好きな男性にさりげなく好きアピールをしたい女性や「もしかして好かれているの?!」と感じている男性のために…。好意があるのをさりげなく普段からアピールする方法をまとめてみました。

目が合うといつも笑顔

好きな男性にさりげなくアピールする方法の一つが、こちらです。同じ職場であれば、すれ違った時や、仕事の合間で目があったら、常に満面の笑みで挨拶やアイコンタクトが出来る様にしましょう。

ふとした瞬間に女性の存在を印象付けて行く効果があります。話せる仲になっていたら、会う度に話をして、前回話した内容を「そう言えばこの前の○○はどうなったの?」と、相手に「覚えてくれてたんだ」と驚かせる様にインパクトが強められたらより良いアピールになります。

落ち込む時はさりげなくフォロー

好きとさりげなくアピールする方法

誰でも落ち込んでいたり、モチベーションが下がってしまった時に、手を差し伸べられたり、声を掛けられて励まして貰えたりしたら、とても嬉しいものです。好きな男性が、仕事や何かあった時に落ち込んでしまっていたら、さりげなくフォローをしてあげましょう。

詳しい状況が分からなくても、「元気なくない?大丈夫?」と声掛けをするだけで、「私はいつも貴方を気にかけていますよ」と言う気持ちを表す事が出来るのです。男性から具体的に

  • 相談されたり
  • 話をされるようになったり

したならば、かなり心を許してリラックス出来る間柄になっているのだと言えるでしょう。

ささいなプレゼントを贈る

男性にさりげなく好きアピールをしたい時に、ほんのささいなプレゼントを贈る事も効果的です。例えば

  • クリスマス
  • バレンタイン
  • 誕生日
  • 何かのイベント
  • 旅行などのお土産

それに併せてでも良いですし、自分がどこかへ遠出した際のお土産でも、理由は何でも良いのです。その代わり、男性に気遣いをさせない様に決して高価な物ではなく、食べ物や男性の好きそうな小物など、喜ばれそうな物を選んで渡す事が大切です。

会話に出てきた本やCD等もより自然なアピールが出来るため最適なアイテムとしてお勧めします。旅行のお土産等も、他の人とは違った物を男性のために選んで来た雰囲気が伝わるものを選んで渡せるとより強く印象付けられるアピールになるでしょう。

職場でアピールは

特に職場などの男性にプレゼントをする時には他の男性社員などとはプレゼントやお土産に差を付けて、その差に気が付いた男性が特別感を持てるように常にアピールを繰り返し行いましょう!

  • 最後の一つなので特別ですよー
  • 好きと聞いてたので買ってきました!皆には内緒ですよ!
  • 特別に二つあげちゃいますね!

などの男性に対して、小さい事でも特別感を常に出し好感度を上げていきましょう。好感度を上げる事で好意が伝わり、デートや食事に誘ってくれる可能性や逆に特別にプレゼントなどを貰える率が上がります。

小さな気遣いを重ねる

さりげなく好きアピールをするためには、男性に対して細やかな気遣いをすることが欠かせません。例えば、連絡を取り合える仲になっていたならば

仕事が終わったら「お疲れ様」とメッセージしてあげたり

寒くなってきたら「風邪を引かない様に温かくして休んでね」と心暖まるメッセージを繰り返し送ったり

やり取りを重ねる様にしていきましょう。男性にとって、常に連絡があるとホッとする様な印象付けが出来るとベストな状況です。毎日やり取りすることが自然な状態になったら、かなり進展していけるチャンスが作れる事でしょう。

恋愛相談をしてみる

男性にさりげなく好きアピールをしたい時に、話が出来る間柄になっていたならば、この方法をお勧めします。自分の事でも良いですし、友達が悩んでいて…。と仮定した話でも良いのです。

男性に、「この話ってもしかして自分の事なのかも?」と何となく勘づかせる様な、「ちょっと似たタイプの男性だから意見が聞きたくて」と言ったニュアンスで相談してみると良いでしょう。

男性の恋愛観を聞き出す事が出来ますし、「好きと思われている?!」と感じさせる事が少しでも出来たら、より効果的です。

途中でしどろもどろになって、嘘がバレバレになってしまうと、グタグタな展開になってしまう恐れもあるので、そうならない様に、しっかりとストーリーを練ってから、相談する事をお勧めします。

さりげなく好きをアピールするには

さりげないアピールを行う場合は男性が気が付くか、気が付かない微妙なアピールを繰り返し行いましょう。気が付いた男性は好きなのかな??と好意に気が付く事でしょう。

男性にさりげなく好きアピールをしたい時の方法がご理解頂けましたか?男性との距離感を見ながら、ぜひ試せると思う方法があったら、実践してみて下さいね。恋が成就して想いが実ることを願っています。