あなたの会社では、上司・部下・同僚に誕生日プレゼントを贈る文化はありますか?もしあるならば素敵なことですね。しかし、何をプレゼントしようかを迷ったことはありませんか?

相手の好みがわからなかったり、他の人や前回プレゼントしたものと似てしまっては相手の気を悪くしかねません。そんな時、どういうプレゼントをすればいいのかをご紹介します。

同僚の年代によって変わってくる

男性ならプレゼントはだいたい似ているだろうと思っているとしたら、ちょっと待ってください。それは投げやりであるのとあまり変わりません。

相手の年齢によってあげて喜ぶものとイマイチなものが変わってきます。普段の相手の話す内容や持ち物などを観察してどんなものが好きで何を欲しているのかをじっくりと観察しましょう。

プレゼントの予算

どんなプレゼントしようかと考える前に、予算をある程度決めましょう。あまり安すぎても相手の反応が気になりますし、高すぎてもこちらの負担が大きいことと相手が貰うことに気をつかうことも考えられます。

同僚に贈りたい誕生日プレゼントは高額にならないように

  • 高くても10,000円をオーバーするのは避ける
  • 2,000から5,000円くらいがベストな相場

この値段の幅でどんなプレゼントが良いかを決めましょう。

個人かそれとも皆で出し合うか

男性同僚に贈りたい誕生日プレゼント

個人でプレゼントを用意するのも良いことです。しかし、会社の同僚の誕生日ということなので個人よりも同僚全員でお金を出し合って一つのプレゼントを用意する方が相手も受け取った時の喜びが大きく変わってきます。

例えば、あなたの家族でお祝いをしてもらったときに一人ひとりからプレゼントを受け取るのは人数分だけプレゼントをもらって数の多さでは嬉しいものです。

しかし、それは子どもの時に感じる喜びです。ある程度の年齢まで来ると、一つのプレゼントを複数の人の気持ちが詰まっているものの方が嬉しいのです。

まずはプレゼント相手の情報収集

予算を決めた後は、いよいよどんなプレゼントにしようかを考えます。とはいっても、プレゼントなら何でも良いというわけではありません。まずはしっかりと情報収集からしましょう。

同僚の女性から聞く

プレゼント系の話ならまず女性に聞いてみるのもアリです。女性ならば、だいたいの男性が喜ぶような偏りすぎない意見が期待できます。どちらかというと、実用的なプレゼントの意見をもらえることが期待できます。

上司に相談してみる

意外と思われるかもしれませんが、こういう時上司に相談をしてみるのも効果があります。同僚どうしだと見えない部分が上司には見えていたりします。

意外と、上司の方が同僚にどんなプレゼントをすればいいかというヒントを持っているかもしれません。一度、相談してみる価値は大いにあります。

おすすめプレゼント

ある程度の情報を収集してプレゼントを買う時、得たヒントをそのまま買うのも良いですがもうひとひねりあっても良いでしょう。そんな時、どんなものが良いかをご紹介します。

コンセプトは癒し

プレゼントのコンセプトは「癒し」にすると選びやすくなります。それは、日頃頑張りをねぎらうという意味も込めて贈ることができるからです。

いい例として、お手軽本格コーヒーセットが良いでしょう。もし、コーヒーが飲めない人ならば少し凝ったソフトドリンクも良いでしょう。さらには、たまには羽をのばしてもらうという意味で近くの温泉が入るための招待券なども良いでしょう。

他にもユニークなプレゼント

その他にも、同僚の好きなアーティストのライブやスポーツ観戦チケットや同僚がやってみたいと思っていることの体験ツアーなどといったユニークなプレゼント喜ばれるでしょう。

いろんなプレゼントがありますが、相手を心からお祝いしているという気持ちが表れるものを探すということを忘れないようにしましょう。